神経質な人はちょっとしたことでも気にしてしまったり引きずってしまったりするタイプが多いので、なんとなく重たいイメージがあるかもしれませんが、実は、良い面もたくさんあります。

まず、神経質な人のなかには責任感が強い人が多いので、職場では原動力となって活躍していますし、悩み事があったときにも信頼して頼れます。

ですので、神経質な人だからといって悪いわけではありません。

そこで、今回は神経質な人にはどのような特徴があるのかについて徹底検証していきます。

また、神経質な人への接し方や対処法についても挙げていますので、どのように接したらよいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

神経質な人の特徴

神経質な人と呼ばれる方達の特徴は以下のような傾向があります。

・責任感が強い
・正義感が強い
・完璧主義
・他人の評価を気にする
・心配性
・傷つきやすい
・几帳面
・真面目
・プライドが高い
・きれい好き

神経質な人の特徴:責任感が強い

神経質な人は、責任感が強いという特徴があります。

と言いますのも、神経質な人はうまくいかないことがありますと、自分のせいではないかと考えすぎてしまうところがあります。

たとえば、仕事で予定通りにスケジュールが進まない場合などは、自分がミスをしたのかもしれないというように責任を感じてしまいます。

そして、それがたとえ自分のミスのせいではなかったとしても、『自分がこのように対応していたら良かったかもしれない』というように、自分にも責任があるというようにとらえてしまいがちです。

このように、自分が悪くない場合でも責任を感じてしまうことが多い責任感が強い人は、神経質な性格であるケースが非常に多いです。

神経質な人の特徴:正義感が強い

正義感がある人は神経質な性格である傾向が強いです。

なぜならば、神経質な人は自分が考える正しい行いは自分も周囲もしっかりと守らなくてはならないという完璧主義な面があるからです。

ですので、自分の考える正しい行いから外れるような行為をする人に対しては強い正義感を見せることもあります。

たとえば、学校の中でいじめをしている人がいますと、いじめという行為を良しとしない正義感が強い人は、すぐにいじめを止めるように声をかけます。

そして、しっかりといじめの原因を聞いた上で、お互いが和解をして解決をするまでは食い下がらない頑固さを持っています。

神経質な人の特徴:完璧主義

神経質な性格の人は、生活の中ですべてのことに完璧を求める場合が多いです。

このように完璧主義な性格の人は、自分の行為はもちろんですが周囲の人にも、その完璧さを求めてしまう可能性も高いです。

ですので、時には周囲の人に対して完璧主義な人のマイルールを押し付けてしまい、面倒だと思われてしまうことも少なくありません。

また、自分の行為に対しても完璧を求める神経質な人は、その場の状況などで完璧に物事をこなせなかった際には、強いストレスを感じてしまうこともよくあります。

すると、より一層の完璧を自分にも周囲にも求めてしまうようになってきてしまい、周囲からは潔癖とか極度の神経質だと思われてしまいがちです。

神経質な人の特徴:他人の評価を気にする

神経質な人は、他人からの評価を気にする傾向があります。

と言いますのも、神経質な人は前述のとおり『完璧主義』や『正義感が強い』という特徴があります。

ですが、このような特徴は自分自身ではあまり実感することができませんので、周囲から『正義感がある行為をしている』とか、『完璧にこなせている』という評価をしてもらって初めて、自分のことを肯定してあげることができます。

ですので、自分の行いが正しいことなのかどうかということを、周囲に評価をしてもらうことは、神経質な人にとっては非常に大切なことになります。

そして、その周囲からの評価も自分が考える完璧な人間像であることを求めることも、神経質な人の特徴です。

神経質な人の特徴:心配性

神経質な人は、自分が考える完璧を求めていますので、自分の仕事やスケジュールに抜かりはないかということをいつも心配しています。

しかし、自分が思う完璧に近づけることはなかなか難しく、思い通りにことが進まないことに悩みを抱えてしまうケースも少なくありません。

たとえば、取引先に持っていく箱菓子を用意するためにも嫌いな食べ物はないかとか、この箱菓子で数は足りるのかというように深く悩んでしまいます。

また、箱菓子を買った後でも本当にこのお土産で喜んでもらえるのからというような心配をします。

さらに、お土産を渡した後の反応を見て喜んでもらえたのか、あまり芳しくない反応をされたのかなどを非常に心配してしまいます。

神経質な人の特徴:傷つきやすい

神経質な人は、完璧主義な性格からも少しのミスや出来事でも、うまくいかないことで傷ついてしまう傾向が強いです。

たとえば、上司に提出した報告書の漢字一つを間違えていただけでも、その指摘をされてしまいますと心から傷ついてしまい、『自分はまともに報告書も書けないのだ』とひどく落ち込んでしまいます。

また、完璧を求めて何度も繰り返し確認をしたからこそ、このような単純なミスに気づかなかった自分のことに嫌気がさしてしまうと考えられます。

ですので、このような神経質な人は心が繊細ですので小さいミスや簡単なことほど、怒られたり指摘されたりしてしまいますと、より一層ひどく傷ついてしまう傾向があります。

神経質な人の特徴:几帳面

神経質な人の多くは、几帳面な性格である場合が多いです。

と言いますのも、神経質な人は整理整頓や完璧な物品の管理をいつも心がけています。

たとえば、リモコンやスマホはいつも自分が決めた同じところに置いていなくては気が済まないなどのように、こだわりが強くでる場面が非常に多いです。

また、収納をする際にもしっかりと用途ごとに箱で分けなくてはならないですし、その箱も統一性のある同じ箱を使うことを心がけるようにします。

さらに、中には仕事でもらう資料やファイルのサイズがひとつだけ違うことに、ひどくストレスを感じるような人もいます。

このように、几帳面な性格は神経質な人には強く見られる代表的な特徴と言えるでしょう。

神経質な人の特徴:真面目

実直で真面目な性格は、神経質な人の特徴のひとつです。

なぜならば、神経質な人は自分の正しいと考える行為や思考を非常に大切にする傾向がありますので、その考えに対して真面目に取り組むように心がけているからです。

また、責任感が強いという特徴がある神経質な人は、常に真面目で実直にしていなくては、責任を果たせないと考えている場合もあります。

たとえば、学校の先生たちは自分が仕事をこなすだけではなく、生徒の大切な命を預かり将来に必要な知識や常識を教えなくてはならないという責任があります。

ですので、この責任をしっかりと果たすためには、常に真面目に生徒に対して向き合わなくてはなりませんので、性格も実直になるのでしょう。

神経質な人の特徴:プライドが高い

神経質な人は、高いプライドを持っている可能性が高いです。

と言いますのも、プライドが高い人は自分のプライドを守るために全てのことを完璧にきっちりとこなしたいと考えていることが多いです。

ですので、プライドが高い人は仕事でもプライベートでも非常に神経質で少しのミスや間違いも起こらないように、いつも気を張っています。

そして、自分の高いプライドを守るためでしたら、ミスや間違いをしないように他人にもその完璧さを求めて押し付けてしまう場合も少なくありません。

このように、プライドが高い人は日頃から自分のプライドを守ることを重視していますので、時には周囲からの敬遠されてしまうことも少なくありません。

神経質な人の特徴:きれい好き

神経質な人は、非常にきれい好きで整理整頓などもきっちりとしているケースが多いです。

また、過度のきれい好きな人の場合は周囲から潔癖症だと思われてしまうほどの場合もあります。

このように神経質なタイプのきれい好きな人は、自分のテリトリーの中ではゴミが落ちていたり汚れが付いていたりすることをひどく嫌います。

また、潔癖症と思われるほどのきれい好きになりますと、公共の場でも他人が触った場所や掃除がされていないような場所は絶対に触りたがりません。

たとえば、ドアノブや手すりなどは不特定多数の人が触っていることが予想されますので、そのまま触ることはせずに一度拭いてから触ったり、ハンカチ越しに触ったりという対処を行います。

神経質な人への対処法

神経質な人への対処法は以下の方法が考えられます。

・否定せずに話を聞いてみる
・理解する

神経質な人への対処法:否定せずに話を聞いてみる

神経質な人は、自分のことを守るための自己防衛として、過剰の心配性な性格や綺麗好きな性格になっている可能性が高いです。

また、常に自分が信じる正しい行いをする人でありたいという理由から、正義感が強くて完璧主義な一面も持っていると考えられます。

ですので、このように理由があって神経質になってしまっている人に対しては、頭から否定をすることはせずに、話を聞いてあげることが大切です。

また、これらの理由で神経質になっている人は、少し反応が過剰になってしまっているだけで、周囲に大きく迷惑をかけている人はそこまで多くはないでしょう。

ですので、このような人には否定せずに多少、話を合わせてあげると良いでしょう。

神経質な人への対処法:理解する

神経質な人の特徴の中には、長所である部分も多くあります。

たとえば、きれい好きな性格や正義感が強い性格は、その特徴が過度でない場合には、むしろ褒められるべき長所であると考えられます。

ですので、このように周囲のことを助けるような行為に対しては、しっかりと褒めてその性格を伸ばしてあげると良いでしょう。

さらに、心配性な性格などは特に周囲に迷惑をかけることはないと考えられますので、神経質な人の個性として捉えてあげることも大切です。

このように、神経質な人は周囲から敬遠されてしまいがちですが、その性格に歩み寄って理解を示してあげることで、時には自分がその正義感に助けられることもあるかもしれません。