あなたの周りに、めんどくさいと感じる人はいますか?

めんどくさい人とは、できることならあまり関わりたくないと思いますよね?

特に、上司や先輩がめんどくさい性格をしている場合は無視することもできませんので、なかなか扱いには困ってしまうものです。

ここでは、めんどくさい人の特徴と対処法を徹底的に分析していきます。

詳しく読み進めていくことで、めんどくさい人との上手な付き合い方を学ぶことができるでしょう。

それでは早速、本題に入っていきたいと思います。

めんどくさい人の特徴

めんどくさい人の特徴は以下の通りです。

・自己中心的・自分が常に一番でないと気が済まない
・自分の考え以外は受け入れない・自分の価値観を押し付ける
・いつまでも根に持つ
・かまってちゃん
・素直じゃない・素直になれない人
・陰口・噂話をするのが好き
・基本的に人の話は聞いていない
・全てにおいて理解力不足
・ルールを守らない人・ルールをすぐ破る人
・理屈っぽくてプライドが高い人
・何かと否定的・ネガティブ
・決断力がない
・頑固な人
・ナルシスト

めんどくさい人の特徴:自己中心的・自分が常に一番でないと気が済まない

周りの人からめんどくさいと思われてしまいやすい人は、自己中心的な性格をしている人が多いです。

なぜならば、自己中心的な性格の人は、いつも自分が一番でなくては気が済まないと考えているからです。

そのため、自分が一番になるためなら見え透いた嘘をついたり相手に因縁をつけて執拗につきまとったりすることも厭わないような行為を平気でしてしまいます。

また、自己中心的な人は自分が周りの人からどう思われていようと、みんなの輪の中心に入りたがる傾向があります。

このように、自己中心的な人は自分の都合ばかりを考えた行動や発言をしますので、周りの人からは対応や反応に困るめんどくさい人だと思われてしまうことが多くなります。

めんどくさい人の特徴:自分の考え以外は受け入れない・自分の価値観を押し付ける

周りの人からめんどくさい人だと思われやすい人は、自分の考え以外を受け入れることができない性格をしている傾向があります。

なぜならば、自分の考え以外を受け入れられない人は、周りの人の意見よりも自分の意見が何より正しくて常識だと考えているからです。

そのため、他人の意見を聞き入れないだけではなく、逆に自分の価値観を他人に押し付けてしまうことも少なくありません。

そして、めんどくさいと思われてしまう人は、自分の意見に反論したり自分とは違う考え方をしたりする人のことを受け入れられなくて、相手のことを非常識な人だと思ってしまうこともあります。

そのため、周りの人からは注意も意見も聞き入れてくれないような、非常に扱いづらい面倒な人だと思われてしまいやすいです。

めんどくさい人の特徴:いつまでも根に持つ

周囲の人からめんどくさいと思われてしまいやすい人は、些細なことでもいつまでも根に持ってしまうことが多いです。

そのため、その場では許したように見えても後々話を蒸し返してきたり、自分が都合が悪くなった時に過去の話を引き合いに出したりして自分が優位に立とうとすることも少なくありません。

たとえば、めんどくさい人は後輩のミスのせいで自分まで残業することになり、恋人とのデートに行けなくなると、その場では気にしないようなフリをしていながら、それ以降、恋人と喧嘩をするたびに後輩がミスをしたせいだと言って責め立てようとします。

そして、もしも恋人と別れるようなことになると、後輩がミスをしたことが原因だと言ったり、今後自分が結婚をできなかったとしたら後輩のせいだと言ったりというように、いつまでも一つのことを根に持って相手を責め続けようとします。

このように、物事を根に持ちやすい人は自分が悪いことでも他人のせいにしようとするため、周りの人からは非常に迷惑で面倒な人だと思われてしまいやすいです。

めんどくさい人の特徴:かまってちゃん

めんどくさい性格をしている人の中には、周りの人に注目をしてほしいと考えている、かまってちゃんもいます。

なぜかというと、かまってちゃんは普通に生活をしているだけでは周りの人から相手にしてもらえないからです。

そのため、周りの人からめんどくさいと思われてしまうようなことでも、注目を集めることができることだとしたら平気でしてしまう傾向があります。

たとえば、かまってちゃんは相手からめんどくさいと思われてもしつこく付きまとったり誘われてもいないのに勝手に付いてきたりすることも多いです。

また、周りの人からはかまってもらうために、周囲から注目を集められるような嘘をついたり話を盛ったりすることも多く、このような行為も周囲の人からはめんどくさいと思われてしまう原因になります。

しかし、かまってちゃんは周囲からめんどくさいと思われていることを分かっていたとしても、普通に生活をして相手にしてもらえないことよりもめんどくさい行為をすることで、かまってもらえることの方が嬉しいと感じてしまいます。

めんどくさい人の特徴:素直じゃない・素直になれない人

相手からめんどくさいと思われてしまいやすい人は、相手に対して素直になれない性格をしています。

そのため、相手からは『何を考えているかわからない』とか『本心が読めない』というように思われてしまい、付き合うのが面倒だと思われてしまうことも少なくないでしょう。

たとえば、素直じゃない人は恋人からサプライズでプレゼントをもらったり『好きだよ』というように愛情を表現するような言葉を言われたりしたとしても、素直に喜んだり自分も好きだということを伝えることができません。

このように、素直になれない人は恥ずかしがり屋で照れ隠しをしていることが多いのですが、相手からすると嬉しいのか嬉しくないのかが分からなくて、相手にいらない不安を与えてしまうことも多いでしょう。

そして、普段から素直ではない人と一緒にいると、段々と彼氏も本心を探ったり考えたりすることがめんどくさいと感じるようになってきてしまうでしょう。

めんどくさい人の特徴:陰口・噂話をするのが好き

周りの人からめんどくさいと思われてしまいやすい人は、他人の陰口や噂話をするのが好きな性格をしています。

なぜならば、他人の陰口や噂話をすることで周りの人と交流を持とうとする人は、他人のことをバカにしたり、下に見たりすることで自分の存在価値を見出そうとするからです。

そのため、口を開くとすぐに誰かの陰口や噂話を言う人は、前向きな話や楽しい話をすることが出来ず、中身が空っぽな性格をしている人がほとんどです。

このように、周りの人に他人の陰口や噂話を言うことで周囲の輪に入っているような人は、いずれは自分が誰かから悪口を言われる対象となり、みんなの輪から孤立してしまうようになるでしょう。

そして、周りの人は陰口や噂話をしつこく言っていた頃からめんどくさい人だと思っていたため、いざ、めんどくさい人が孤立してしまったとしても誰も助けてくれなくなってしまうでしょう。

めんどくさい人の特徴:基本的に人の話は聞いていない

周りの人からはめんどくさい人だと思われてしまう人は、基本的に人の話を聞いていない人が多いです。

なぜならば、人の話を聞かない人は自分勝手な行動ばかりをして、ミスや間違いを繰り返してしまうからです。

また、このように人の話を聞かない人に対しては、仕事などでは同じことを何度も言わなくてはならないことも少なくないでしょう。

そのため、話を聞かない人の上司や一緒に働く同僚は、話を聞かない人に話をすること自体が無駄で手間がかかると感じてしまうでしょう。

このように、他人の話を聞かないで何度も同じ話をさせてしまう人は、周りの人に迷惑をかけていることが多く、相手からもめんどくさいと思われていると考えられます。

めんどくさい人の特徴:全てにおいて理解力不足

職場でめんどくさいと思われてしまいやすい人は、全てにおいて理解力が不足している傾向があります。

たとえば、理解力がない人は上司からの指示も1から10まで全て言われなくては行動に移すことが出来ないため、非常に時間と手間がかかります。

また、全てを説明されたとしても、しっかりと仕事をこなせるとは限らず、普通に仕事をしていたらしないようなミスも連発してしまうため、一緒に仕事をしている同僚や先輩が尻拭いをさせられることも少なくありません。

このように、相手から支持されたことや自分がやるべき仕事を説明されたとしても、理解力に欠ける人は一回の説明では理解することができません。

さらに、些細なミスを繰り返してしまうため仕事が全く進まなくて周りの人に迷惑ばかりかけてしまう、めんどくさい人だと思われてしまうことが多くなります。

めんどくさい人の特徴:ルールを守らない人・ルールをすぐ破る人

一緒にいる人からめんどくさい人だと思われてしまう人は、決められたルールを守れなくて平気でルールを破ってしまう傾向があります。

たとえば、ルールを守らない人は会社の出社時間も平気で無視して遅刻してきたり、髪を染めてはいけないという規則がある会社にもかかわらず髪の毛を金髪に染めたりしてしまいます。

そして、上司たちから注意を受けたとしても『髪型や髪色は個人の自由だ』とか『遅刻した分、残業をしているからいいだろう』というような自分勝手な言い分で、自分の行為を正当化しようとすることも少なくありません。

このように、会社や社会の中でのルールをしっかりと守ることが出来ない人は、自分自身が決めた常識やマイルールはしっかりと押し通そうとする傾向があるため、仕事仲間や友人たちからはめんどくさい人だと思われてしまうのでしょう。

めんどくさい人の特徴:理屈っぽくてプライドが高い人

一緒にいる人たちからめんどくさいと思われてしまう人は、言うことが理屈っぽくてプライドが高い傾向があります。

そのため、物事を言う時にはいつも上から目線で自分の方が立場が上だと言わんばかりの態度をとることも少なくありません。

たとえば、理屈っぽくてプライドが高い人は同期入社で立場が同じような人に対しても、常に自分の考えが正しいと言うようなことを理屈っぽく話してきます。

さらに、同じ立場にある同僚がプライドが高い人に対して意見したり反論したりすると、プライドが高い人は自分のプライドを守るために自分を正当化するような自分勝手な意見を同僚が折れるまで言い続けてきます。

そのため、理屈っぽくてプライドが高い人と関わると、めんどくさいと思う人も多く、周りの人は極力話しかけないように避けながら仕事をするため、職場の中では浮いた存在になってしまうことも少なくありません。

めんどくさい人の特徴:何かと否定的・ネガティブ

めんどくさい人は、相手の発言や意見に対して何かと否定する傾向があります。

なぜならば、めんどくさい人はいつもネガティブで後ろ向きな考え方をしているからです。

そのため、何かに挑戦しようとするときでも、やる前から『自分は無理だ』とか『頑張っても意味がない』というように、自分を否定するような形で諦めようとします。

さらに、ネガティブな人はたとえ周りの人からは褒められたとしても『社交辞令だ』というように思ったり、『こんなことで褒められるなんて逆にバカにされているのだ』というように、相手の気持ちを素直に受け入れることができなかったりする性格をしています。

このように、何に対しても後ろ向きで否定的な考え方をしている人は、何を言っても何をしてあげても喜んでくれないため、一緒にいても楽しくないし関わるのが面倒だと思われてしまうことが多いでしょう。

めんどくさい人の特徴:決断力がない

周りの人からめんどくさいと思われてしまいやすい人は、物事を決める決断力がない場合が多いです。

なぜかというと、決断力がない人は些細なことでも優柔不断になってしまい、周りの人のペースに合わせて行動することができないからです。

そして、自分自身で決断できないようなことを他人に決断を迫るようなことをすることも少なくなく一緒にいる人からすると、どうでもいいことを決断させられることに、めんどくささを感じてしまうこともあります。

また、決断力がない人は大切な場面で自分が決断することができないため、チャンスを逃してしまうばかりか、決断を他人に託した上にその決断が間違っていると文句を言ってくることもあります。

このように、決断力がない人は何でも他人に決断と責任を押し付けてしまうため、周りの人からは一緒にいたくない面倒な人だと思われてしまうのだと考えられます。

めんどくさい人の特徴:頑固な人

話をしていて面倒だと思われてしまいやすい人の中には、頑固な性格をしている人もいます。

特に、大したこだわりも根拠もないにも関わらず他人の意見に同調するのが嫌なだけで、自分の考えを頑なに変えようとしない人は、一緒にいても厄介ですし周囲の人に迷惑をかけることも多いでしょう。

たとえば、高校を卒業してから定年近くまで同じ会社で働き続けた人は、自分のやり方や考え方が社内の常識だと考えてしまっています。

そのため、新入社員の新しい考え方や若い社員の斬新な意見には耳を貸すことなく、頑な地自分のやり方を曲げようとしません。

このように、何年も同じ会社で働き続けた人や同じことを毎日繰り返してきた人たちは、自分のやり方を簡単には変えることができなくなってしまい、意見を曲げることができない頑固な性格になってしまいます。

そして、このような周りに合わせられない性格が、同僚や上司からはめんどくさいと思われてしまう原因となってしまいます。

めんどくさい人の特徴:ナルシスト

一緒にいてめんどくさいと感じる人の中には、自分が一番素晴らしいと考えているナルシストもいます。

なぜならば、ナルシストは常に自分が一番目立っていて持ち上げられていなくては気が済まないからです。

そのため、他人と張り合うために時には嘘をついたり虚勢を張ったりすることも少なくないです。

たとえば、ナルシストはスタイルが良くてカッコいい友人と一緒に歩いていて注目を集めていると、自分が周りの人から見られているという錯覚に陥ります。

そして、カッコつけて歩いたり自分から周りの人に声をかけるようなことをしたりして、自分は人気者であるというように勘違いをしながら歩いてしまいます。

また、友人が持っているブランド物のバッグを周りの人に褒められているのを目撃すると、ナルシストは『自分はもっと上のランクのブランドのバッグを持っている』というように虚勢を張って、あくまでも自分の方が上だというアピールをします。

このように、ナルシストは常に自分が一番でなくては気が済まないため、ご機嫌とりに褒めたり持ち上げたりしている周囲の人からすると非常にめんどくさいと感じることでしょう。

めんどくさい人の対処法・付き合い方

めんどくさい人の対処法と付き合い方は以下の通りです。

・善い人でいようと思わない
・極力、関わらないようにする
・聞き流す・スルーする
・こちらの情報を与えない・自分の話はしない

めんどくさい人の対処法・付き合い方:善い人でいようと思わない

関わるとめんどくさいと感じる人と付き合うためには、善い人でいようと思わないことが大切です。

なぜかというと、めんどくさい性格の人に善い顔をしようとすると、必要以上に気を遣うことになったり相手からいいように使われてしまったりする可能性があるからです。

ですので、めんどくさい人と一緒に仕事をしなくてはならない場面があったり、一緒に行動する場面があったりした時には、嫌なことは嫌だとはっきりと言ってしまうと良いでしょう。

そうすることで、自分がストレスや疲労を抱えることもありませんし、意思表示をしっかりとすることで相手からめんどくさい行為をされることを防ぐことができます。

めんどくさい人の対処法・付き合い方:極力、関わらないようにする

性格がめんどくさい人だと思う相手とは極力、関わらないようにすることが一番です。

なぜならば、自分でもめんどくさい人だと思っている人と関わると、イライラしてストレスが溜まったり、話を合わせることに疲れてしまったりするからです。

また、めんどくさい人にあまり善い顔をして優しく接していると、 他の人から邪険にされるたびに自分の方に寄ってきてしまう可能性も高くなります。

ですので、めんどくさい人と深くかかわる必要がないような場合には、無理に話しかけたり話を長引かせたりしないようにしましょう。

たとえば、職場で違う部署の人だったり学校でクラスが別の同級生だったりする人がめんどくさい人の場合は、話さなくてもあまり支障はありませんので、必要最低限の会話にとどめると良いです。

そうすることで、めんどくさい人も避けられていることに気づいて、あまり自分からは寄ってこなくなるでしょう。

めんどくさい人の対処法・付き合い方:聞き流す・スルーする

めんどくさい性格の人と上手に付き合っていくためには、相手の話を聞き流したりめんどくさい行動をスルーしたりすると良いです。

なぜならば、めんどくさい性格の人の発言や行動をいちいち真に受けていると、こちらが疲れてしまいますしストレスも溜まってしまうからです。

そのため、めんどくさい人の話は軽く聞き流して、ある程度のところで話を変えたりフェードアウトしてしまったりすると良いです。

たとえば、職場で仕事の合間に休憩室で同僚の悪口を言って楽しんでいるような人の話は、まともに聞いていても得をすることはありませんし、周りの人からの自分に対する印象まで悪くしてしまう可能性があります。

ですので、めんどくさい人がいらない話や無駄話を始めようとした時には、すぐに『仕事に戻るから』と言ってその場を去ってしまうと良いです。

そうすることで、必要以上に自分の評価を下げることもなくなりますし、めんどくさい人と関わる機会を減らすこともできます。

めんどくさい人の対処法・付き合い方:こちらの情報を与えない・自分の話はしない

こちらのことをいちいち干渉してくるようなめんどくさい人に対しては、こちらの情報は一切与えてはいけません。

なぜならば、めんどくさい人は話のネタになりそうな事柄をいつも集めているからです。

そのため、内緒話や悩みなどを聞くと親身に相談に乗っているフリをしてネタを集め、すぐに陰で他の人たちに『絶対内緒の話』や『誰にも聞かれたくない話』というのを平気で話してしまいます。

このように、めんどくさい人は自分が注目を集めてみんなの輪の中心にいるためなら、他人の秘密も平気で話してしまう口が軽い一面があります。

さらに、めんどくさい人は少しでもきになるネタがあると、話を盛ったりネタを元に作り話を作って周りの人に話そうとしたりする傾向もあります。

ですので、めんどくさい人に対しては自分の話は一切しないようにすることが大切です。

そうすることで、自分の知られたくない話や内緒にしておきたい話を、周囲の人にバラされることを防ぐことができます。