飽きっぽい性格と言われると、あまり良い印象を持たない人も多いのではないでしょうか。

たしかに、飽きっぽい性格は物事が長続きしない人を表します。

ですが、裏を返すと好奇心旺盛で行動力がある人と言うこともできます。

つまり、飽きっぽい性格の人に備わっている好奇心をうまく活用することで思わぬ才能を発揮するようになるかもしれません。

そのためにも、まずは飽きっぽい性格だけは何とかして改善するようにしましょう。

ここでは、飽きっぽい性格の人の特徴と心理を学ぶことができます。

まずは、自分が普通の人に比べて飽きっぽいかどうかを判断しましょう。

そして、その上で自分に合った改善方法を学び試してみることで、今後の人生が大きく変わるかもしれません。

それでは早速、飽きっぽい性格の人について真相に迫っていきたいと思います。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴

飽きっぽい性格の人の心理や特徴は以下の通りです。

・常に刺激を求めている
・一つの事を極めることが苦手
・発達障害
・フットワークが軽い
・チャレンジ精神が旺盛
・習得したことが何もない
・器用貧乏
・責任感が低い
・目標が高い
・好奇心旺盛
・切り替えが早い
・すぐに結果を知りたい
・現状に満足していない
・流行のものに変えたがる
・本能

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:常に刺激を求めている

飽きっぽい性格をしている人は、常に刺激を求めていると考えられます。

そのため、新しいことを始めてもある程度、慣れを感じてしまうと刺激を感じられなくなってしまうので、すぐに物事に飽きてしまうのだと考えられます。

このように、常に刺激を求めている人は一つのことを長続きさせることができなくて、物事に慣れるとすぐに他のことに興味を示してしまう飽きっぽい性格になってしまいます。

そして、このようなことを繰り返しているため、何事も中途半端な器用貧乏になってしまい、プロフェッショナルと言えるものは何一つないことも、飽きっぽい性格をしている人の特徴の一つです。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:一つの事を極めることが苦手

飽きっぽい性格をしている人は、一つの事を極めることが苦手な傾向があります。

なぜならば、飽きっぽい性格の人は何かを極める前に、飽きて他の物事に興味や関心が向いてしまうからです。

そして、一度でも飽きたと思ってしまうと、もうそのことに対して集中することができなくなってしまい、投げ出してしまうことも少なくありません。

このように、飽きっぽい性格の人は一つの事を極めることができないため、せっかく才能を持っていたとしても飽きっぽい性格のせいで才能を発揮させることができなくなってしまいます。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:発達障害

飽きっぽい性格の人は、発達障害である可能性もあります。

たとえば、ADHDと呼ばれる注意欠陥や多動性障害を患っている人は、落ち着きがなくて一つのことに対する集中力を持つことができない人が多いです。

そのため、学校の授業の1時間ですら黙って椅子に座っていることができなくて、立ち歩いたり教室から出て行ったりしてしまうことも少なくありません。

このように、発達障害による飽きっぽい性格をしている人は、病院で適切な治療を受けることで改善させる可能性があります。

また、自分があまりにも一つのことに集中できなかったり、周りに集中力がなさすぎる人がいたりする場合には、精神科や心療内科などを受診した上で周りの協力を得ながら治療を進めていく事をおすすめします。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:フットワークが軽い

飽きっぽい性格をしている人は、フットワークが非常に軽い傾向があります。

なぜならば、飽きっぽい性格をしている人は趣味や興味がたくさんあり知りたいことや、やってみたいことは山ほどあるからです。

そのため、人から誘われた時には迷うことなく誘いに乗って行事に参加しますが、すぐに飽きてしまうので途中退席したり、次の誘いには乗らなかったりすることも多いです。

たとえば、大学のサークル仲間で今からドライブに行くとなると、フットワークが軽い人は当日に誘われたとしてもすぐに準備を整えて、ドライブに参加します。

しかし、いざ行ってみると車に乗っている時間の方が長くて飽きてしまい、自分だけ途中で降りて電車で帰ってきたり、単独行動で食事をとったりして仲間に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。

このように、飽きっぽい人は興味を示すのが早いためフットワークは軽いですが、飽きてしまうのも早いので最後まで同行する人たちと一緒にいることはできない場合が多いです。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:チャレンジ精神が旺盛

飽きっぽい性格をしている人は、チャレンジ精神が旺盛である傾向があります。

なぜならば、チャレンジ精神が旺盛だからこそ、いろいろなことに興味を持ちすぎて目移りしてしまい、一つの事を長く続けることができないのだと考えられるからです。

そのため、興味を持ってチャレンジするのも早いけれど、飽きてやめてしまうのも早い人が多いです。

このように、飽きっぽい性格をしている人はチャレンジ精神が旺盛なため、思い立ったらすぐに動くことができる行動力がありますが、その反面、せっかくチャレンジしたことでもすぐに飽きたり諦めたりしてやめてしまうことも少なくありません。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:習得したことが何もない

飽きっぽい性格をしている人は、いろいろとチャレンジはしますが習得したことが何もないということも少なくありません。

なぜかというと、飽きっぽい性格の人は一つの事を長く続けることができないため、成果をあげる前に飽きてやめてしまうからです。

そのため、経験はたくさんありますが成果や結果のようなものを習得することができなくて、せっかくチャレンジをしてもチャレンジしていない素人と同じようなレベルのまま終わってしまうことも多いです。

このように、飽きっぽい性格をしている人は一つの事を極めるまで続けることができないため、知識も技術も中途半端なまま終わってしまいがちになってしまいます。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:器用貧乏

飽きっぽい性格をしている人は、器用貧乏になってしまう傾向があります。

なぜならば、飽きっぽい性格の人はいろいろなことに興味を持ってチャレンジする気持ちが大きいため、たくさんのことを経験していますが、プロフェッショナルになるまで一つの事を極めることはできないからです。

そのため、いろいろな事を人並み以上にこなすことはできますが、誰にも負けないほどプロフェッショナルになることもできない器用貧乏になってしまいやすくなります。

たとえば、飽きっぽい性格の人は幼少期から野球やサッカーのような習い事をたくさん経験してきていますが、どれもすぐに飽きてしまい基本を学ぶ程度でやめてしまっていることが多いです。

ですので、学校の授業で体育をする際にはどの競技でもみんなから褒められることが多いですが、部活となるとレギュラーにはなれなくて、いつも補欠の選手になってしまいます。

このように、飽きっぽい性格の人は器用貧乏であることが多く、一つの事を完璧になるまでこなすことができないため、せっかくの才能を発揮させないまま諦めてしまうことも少なくありません。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:責任感が低い

飽きっぽい性格をしている人は、責任感が低い傾向があります。

なぜならば、最初は物事に対して責任感を感じていたとしても、飽きっぽい人は自分が飽きてしまうと、やらなくてはならないことも投げ出してしまう傾向があるからです。

たとえば、職場の飲み会で幹事を任せられると、最初は意気込んで飲み屋を探したり参加者を募ったりしますが、急に面倒だとか飽きたというように思ってしまうと、最後まで幹事業を成し遂げることができません。

そのため、いざ飲み会の日になると参加者の中で混乱が生じてしまうことも多く、時には後輩に幹事の仕事を押し付けて自分は飲み会を楽しむ側にまわってしまうことも少なくありません。

このように、飽きっぽい性格の人は自分が飽きたとなると責任感を持って仕事をすることができないため、何もかもが中途半端になり周りの人に迷惑をかけてしまうことが多くなってしまいます。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:目標が高い

飽きっぽい性格になってしまう原因の一つに、目標が高すぎることが考えられます。

なぜならば、飽きっぽい性格の人は自分の行動に対して、すぐに成果を得る事を求めているからです。

そのため、目標が高すぎてなかなか成果や結果が目に見えて表れないと、達成感も充実感も感じることができなくなり、だんだんと飽きが来てしまいます。

このように、飽きっぽい性格をしている人は自分の集中力が長く続かない事を自覚した上で、結果がすぐに出るような目標を作り、その目標を積み重ねていくことで大きな目標に挑むように考え方を変えると良いでしょう。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:好奇心旺盛

飽きっぽい性格をしている人は、好奇心旺盛な人である傾向があります。

そして、その好奇心を抑えきれなくて行動に移した結果、いろいろなことに目移りをしてしまい一つのことに集中できなくなってしまうのだと考えられます。

そのため、飽きっぽい性格の人は好奇心は旺盛ですが、行動をしたことで何かしらの結果や成果をあげることは、ほとんどできない場合が多いです。

このように、飽きっぽい性格の人の好奇心は長続きすることがありませんので、興味を示したことにはすぐに飛びつきますが、数日もすると飽きてしまって他のことに興味を示すようになってしまいます。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:切り替えが早い

飽きっぽい性格の人は、物事を切り替えるのが非常に早い傾向があります。

たとえば、飽きっぽい人は恋人から急にフラれたとしても、あまり引きずることなくすぐに気持ちを切り替えて次の恋愛に進むことができます。

なぜならば、飽きっぽい性格の人はフラれる前から自分も相手に飽きを感じていた可能性があるからです。

また、もしも付き合っている当時は相手に強い好意を抱いていたとしても、別れ話を持ちかけられた時点で相手の意思を尊重した上で、自分も新しい刺激を求めて行動をしようという考え方に変わります。

そのため、飽きっぽい性格の人は別れた恋人に対して異常な執着心を見せることもなく、相手も驚くほどサッパリとした態度で別れに応じることも少なくありません。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:すぐに結果を知りたい

飽きっぽい性格の人は、自分の行動に対してすぐに結果を知りたがる傾向があります。

なぜならば、飽きっぽい性格の人は自分の努力はすぐに認められたいと考えているからです。

そのため、結果が出るのを待つことができなくて、できることならその場で相手からの返事や評価をしてもらう事を期待しています。

たとえば、資格を取るための試験を受験したとすると、飽きっぽい性格の人はその場で採点をしてもらい、その場で合否を決めて欲しいと考えています。

しかし、その場で結果を聞くことはほとんど不可能ですので、合否の通知が来るまで待つことができなくて自分から連絡してしまうことも少なくありません。

このように、飽きっぽい人は待つことが苦手な人が多いですので、仕事で残業をした分の給与はその日のうちにもらいたいという考え方をする人も多いです。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:現状に満足していない

飽きっぽい性格の人は、現状に満足をしていない可能性があります。

なぜかというと、現状に満足をしていて今のままで良いと考えている人は、逆に現状が変わる事を嫌がるからです。

そのため、飽きっぽい性格の人がすぐに他のことに目移りして、いろいろなことにチャレンジをするのは、現状をどうにか変えようと模索している最中であると考えられます。

このように、飽きっぽい性格の人は今の仕事や家庭環境に満足をしていないため、転職を繰り返したり離婚と結婚を繰り返したりしてしまうのでしょう。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:流行のものに変えたがる

飽きっぽい性格の人は、すぐに自分の持ち物や容姿を流行のものに変えたがる傾向があります。

なぜならば、流行は常に変化しているため流行についていこうとすると、一つのものを長く使い続けたり着続けたりすることができないからです。

たとえば、流行の最先端のファッションをしようとする人は当然、最先端のファッションに目移りしてしまいますので、その間買ったばかりのコートやスカートなどは流行遅れだと考えてすぐに飽きてしまいます。

そして、流行に遅れていると思われるものはすべて捨てたりタンスの奥にしまってしまったりするため、非常にもったいなく無駄になってしまうことも多いです。

このように、すぐに流行のものに変えたがる性格をしている人は、ファッションだけではなく髪型や香水なども変えたがる傾向がありますので、見るたびに見た目が変わって誰かわからなくなってしまうようなことも少なくありません。

飽きっぽい性格の人の心理や特徴:本能

飽きっぽい性格をしている人は、本能で動いている可能性があります。

なぜならば、人間は社会の中で生きていくためには少なからず我慢をして、社会の常識やルールに添いながら生活をしているからです。

しかし、その反面、本能のままに動いている人は周りと協調するために自分の欲求を我慢したり、他人に合わせるために自分の行動を制御したりすることがありません。

そのため、何かを成し遂げなくてはならないというような責任感も義務感もありませんので、飽きたらすぐに投げ出してしまうことも少なくありません。

このように、本能で動くことが多い人は、やりたいことはやり、やりたくないことはやめるという考え方をしていますので、一つの事を長く続けることはあまりできない人が多いでしょう。

飽きっぽい人の改善方法

飽きっぽい人の改善方法は以下の通りです。

・まずは理解をする
・日記をつける
・新しいことを始める前によく考える
・敢えて満たさない
・リスクを背負う
・ペナルティー戦略
・趣味を極める
・変化を持たせる
・飽きずに続けられるものを探す
・習慣化する
・相手と適度な距離を保つ
・相手に完璧を求めない
・目標は小さく持つ

飽きっぽい人の改善方法:まずは理解をする

飽きっぽい性格を改善するためには、まずは自分の飽きっぽい性格を理解するように心がけましょう。

そして、自分の性格を理解した上で、自分に合った飽きっぽい性格の改善方法を考えたり気持ち入れ替えたりしなくては、いくらやり方を変えたとしても自分の性格を直すことはできないでしょう。

そのため、自分が飽きっぽい性格であることを自覚するためには、周りの同僚や友人のように第三者からの意見を聞いてみると良いです。

そうすることで、自分自身では自覚していなかった部分を見つけることができますし、飽きっぽい性格を自覚していたとしても自分が思っている以上に、他人からは飽き性だというように見られていたということが発覚する可能性もあります。

飽きっぽい人の改善方法:日記をつける

飽きっぽい性格を改善させるためには、毎日欠かさずに日記をつけるように心がけてみましょう。

なぜならば、自分のその日の出来事を書き綴るということは、比較的簡単な継続作業だからです。

ですので、最初は一文だけだったり一言だけだったりするような日記でも良いので、とにかく何かを毎日忘れないで続ける癖をつけてみましょう。

そうしますと、だんだんと内容がある日記をしっかりと書くことができるようになってきますし、日記以外のことも継続できる力が身についてくるでしょう。

飽きっぽい人の改善方法:新しいことを始める前によく考える

自分の飽きっぽい性格を改善させたいと思いましたら、新しい事を始める前に自分が本当にやりたい事か、やり続けられる事かという事をよく考えてから行動に移すと良いです。

なぜかというと、飽きっぽい性格の人は行動力があるため、よく考えもしないで思い立ったらすぐに物事をやり始めてしまう傾向があるからです。

そのため、本当は大してやりたくなかったことも勢いで始めてしまったという場合も多く、気付いた時には興味すら無くなっているということも少なくありません。

このように、飽きっぽい性格の人は衝動的に動いてしまうクセがありますので、そのクセを改善させて物事はしっかりと考えてから行動に移すようにすると、本当にやりたい事をしっかりと続けることができるようになってくるでしょう。

飽きっぽい人の改善方法:敢えて満たさない

自分の飽きっぽい性格を改善させるためには、敢えて自分の心を満たさないようにすることも一つの手段です。

なぜならば、飽きっぽい人は自分自身が満たされて満足をしてしまうと、周りの人から中途半端に見える結果になっていてもきにする事なくやめてしまい、他のことに目移りするからです。

そこで、敢えて心が満たされない状態にとどめておくようにしてみましょう。

そうしますと、人は気持ちが満たされる事を求めて努力をしますので、飽きたからといって物事を投げ出す事なく、諦めて投げ出す事を踏みとどまることができるようになるでしょう。

飽きっぽい人の改善方法:リスクを背負う

飽きっぽい性格を改善させたいと考えましたら、何かしらのリスクを背負って行動をすると良いです。

たとえば、自分の現在の収入では高望みだと思うくらいの家賃の家に住むリスクを背負ってみましょう。

そうしますと、今までは怒られたり飽きたりするとすぐに仕事を変えていたような人も、自分の居住地を守らなくてはいけないと考えて、安易な理由で仕事を辞めることがなくなるでしょう。

ただし、あまりにもリスクが大きすぎて自分の努力だけではリスクをまかないきれなくなってしまうと、生活が苦しくなってしまったり周りの人に迷惑をかけてしまったりすることにつながりますので、リスクの度合いはしっかりと考える必要があるでしょう。

飽きっぽい人の改善方法:ペナルティー戦略

飽きっぽい性格を直したいと考えましたら、自分に対するペナルティーを課す戦略を試みて見ると良いです。

たとえば、もしも自分がやりたい仕事に転職したいと考えた時には、今の仕事を投げ出してまで転職をした仕事もすぐに辞めたとしたら、ペナルティーとして恋人とデートができなくなるというように決め事をすると良いでしょう。

また、このようなペナルティー戦略は自分に対して甘い飽きっぽい性格の人が、自分自身で決めても守れない可能性が高いですので、家族や恋人にペナルティーを公言した上で決めると良いです。

そうすることで、より一層、自分が決めたルールを守らなくては周りの人にも示しがつかないという気持ちになり、飽きたからといって物事を投げ出すこともなくなってくるでしょう。

飽きっぽい人の改善方法:趣味を極める

飽きっぽい性格をしている人は、趣味を極めてみると飽き性を改善できる可能性があります。

なぜかというと、飽きっぽい人でも時には長く続けられる事柄もあるからです。

たとえば、他にはないほど楽しいと感じる趣味や、深く興味を持った習い事などがあったときには他のものに目移りすることなく、しっかりと極めるようにしてみましょう。

そうすることで、自分の趣味をより一層、深く知って楽しむことができるようになり、他のことに気をとられることなく没頭することができるようになります。

そして、一つのことに集中できるようになると、いろいろなことに目移りするクセがなくなりますので、趣味だけではなく仕事や交友関係も飽きないでしっかりと長続きさせることができるようになります。

飽きっぽい人の改善方法:変化を持たせる

飽きっぽい性格を改善させるためには、一つのことにも変化を持たせるようにしてみると良いです。

なぜかというと、飽きっぽい性格の人は単調な作業や生活に対して飽きを感じてしまい、新しい刺激を求めて違うことに取り組みたくなってしまうからです。

ですので、一つの事柄も決まりきったことばかりをするのではなく、少しでも変化を持たせてマンネリ化させないように心がけることで、飽きっぽい性格を改善させることができる可能性があります。

たとえば、どんなに綺麗な彼女と付き合っても、だんだんと彼女の顔にも性格にも慣れてしまい、飽きてしまったことを理由に別れるということを繰り返してしまう人は、彼女とのデートの趣向を変えてみると良いです。

そうすることで、今までは家でDVDを見てばかりいたデートが、遊園地や水族館のようなテーマパークを楽しむデートに変わり、場所を変えるたびに新しい刺激を得ることができます。

さらに、可能な場合には相手にも自分の飽きっぽい性格のことを理解してもらった上で、その日によって彼女の服装や髪型を変えてもらうようにすることも効果があると考えられます。

飽きっぽい人の改善方法:飽きずに続けられるものを探す

飽きっぽい性格を改善させるためには、飽きずに続けられるものを探すことが手っ取り早いでしょう。

なぜならば、人は誰でも何か一つは一生続けたいと思うほど大切にする趣味や人間関係があるからです。

たとえば、今まではどんな恋人と付き合っても相手に飽きてしまい、浮気を繰り返したり別れたりしていた人でも、ある人と出会うことで結婚したいという気持ちが芽生え、結婚後も浮気を一度もすることなく満足な生活を送っていけることもあります。

また、このように飽きっぽくて恋人をコロコロと変えていた人が結婚をして家庭を持つと、家庭を支えなくてはならなくなるため仕事に対する意欲も高まり些細なことで転職を繰り返すこともなくなります。

このように、どんなに些細なことでも何か一つでも飽きずに続けられるものを見つけるきっかけがあると、そのきっかけを理由に他のこともしっかりと続けることができる人になることができます。

飽きっぽい人の改善方法:習慣化する

飽きっぽい性格を改善するためには、物事を習慣化させてみると良いです。

なぜかというと、飽きっぽい人は物事をやらなくてはならないという義務感を感じると、面倒だと思って投げ出してしまう傾向があるからです。

たとえば、ダイエットをしようと思い立って急にダイエット用品やダイエット食品を買い揃えると、痩せなくては買ったものが無駄になってしまうという焦燥感に駆られてしまいます。

すると、最初は一生懸命にダイエットに励みますが、なかなか成果が出ないことや勢いのままに行動をしたことから、すぐに飽きてしまってダイエット用品も押入れの奥にしまいこんでしまいます。

そこで、ダイエットを続けるためには特別な用具はあまり買わないようにして気持ちを楽に持った上で、ウォーキングや筋トレなどを少量ずつすることを習慣化させてみると良いです。

そうすることで、最初は1日1キロのウォーキングと決めていたことが習慣化すると、より一層、結果を出したいと思えるようになり歩く距離がだんだんと増えていきます。

さらに、ウォーキングからランニングに切り替えたり、他のトレーニングメニューを付け加えたりというように、決まったことを習慣としてするだけではなく、実際の行動も徐々に成長していくこともできるようになります。

飽きっぽい人の改善方法:相手と適度な距離を保つ

対人関係が飽きっぽい人は、相手と適度な距離感を保つように心がけると良いです。

なぜならば、対人関係が飽きっぽい人は同じ相手と同じ時間を過ごすことで、マンネリ化してしまう傾向があるからです。

そのため、最初は恋人に対して優しく紳士に接していた人も、相手と過ごす時間にマンネリ化を感じると、急にぶっきらぼうな態度をとったり話を無視する冷たい対応をしてきたりすることも少なくありません。

このような関係性になってしまうことを防ぐためにも、自分が飽きっぽい性格をしていると感じた人は、相手とは適度に距離を保ちながら接するようにすると良いです。

そうすることで、自分が相手に対して飽きを感じることも少なくなり、相手のことを意味もなく傷つけてしまうような態度をとることもなくなってくるでしょう。

飽きっぽい人の改善方法:相手に完璧を求めない

飽きっぽい性格を改善するためには、相手に対して完璧を求めないようにすると良いです。

なぜかというと、自分が考える完璧な行動をしてくれない相手に対して、自分とは価値観が合わない人だと思ってしまうと、飽きっぽい性格の人はすぐに相手との関係性を切ってしまいたくなるからです。

また、逆に相手に完璧を求めたことで相手が何事も完璧にこなしてくれるようになっても、飽きっぽい性格の人は相手が完璧になったことで満足感を感じてしまい、もう関わる意味がないと感じてしまいます。

そのため、相手に対しては完璧を求めることなく、常にお互いが足りないところを補い合うように接していくことで、お互いがお互いの大切さを感じながら長い付き合いをしていくことができるようになります。

飽きっぽい人の改善方法:目標は小さく持つ

飽きっぽい性格の人は、目標は小さく持つと良いです。

なぜならば、飽きっぽい性格の人は大きな目標を持ってしまうと、その目標に手が届かなすぎて結果をすぐに得ることができずに、努力をする前に諦めてしまうからです。

ですので、飽きっぽい性格の人は比較的すぐに手が届きそうな手軽な目標から設定していくようにすると良いです。

そうすることで、成果や結果をするに得ることができて、自分自身で達成感を感じることができるようになります。

また、大きな目標を持っても良いですが、その目標に至るまでにも、いくつか小分けに目標を持つことで飽きることなく大きな目標を達成することができるようになるでしょう。