あなたは、他の人が泣かないような些細なことでも泣いてしまうことが多いですか?

涙を流すということは感性が豊かな証拠。

決して恥ずかしいと思うようなことではありません。

ただし、時と場合によっては泣いてはいけない時に泣きたくなってしまうこともありますよね。

涙もろい人の原因や特徴を探っていくと興味深いことがわかるかもしれません。

それでは早速、涙もろい原因や特徴を学んだ上で治す方法を解説していきましょう。

涙もろいの意味とは

涙もろいとは、普通の人は泣かないような些細なことでも、すぐに泣いてしまうような人のことを指します。

このように、涙もろい人は感受性が豊かで他人や物語などに感情移入しやすい傾向があります。

そのため、他人の話やフィクションのドラマにも感情移入してしまい、自分のことではないにもかかわらず泣いてしまうことも少なくありません。

また、涙もろい人の中には病気のために情緒不安定になっていて泣きやすい人もいますので、そのような人たちは病院で適切な対応をしてもらうことが望ましいでしょう。

涙もろい原因

涙もろい原因は以下の通りです。

・HSP
・うつ病などの病気
・ストレス
・女性ホルモンの乱れ
・成長
・妊娠
・老化
・感受性が強い

涙もろい原因:HSP

涙もろい原因の一つに、HSPという概念が挙げられます。

HSPとは、先天的に全ての物事に対して敏感で、些細なことでも喜怒哀楽を豊かに表現する人のことを指します。

そのため、HSPの人は小さな感動や悲しみにも敏感に反応しますので、すぐに泣いてしまうことも少なくありません。

また、HSPは病気ではなく物事に敏感な人のことを指しますので、あくまでも感受性が非常に豊かな人だと考えられます。

ただし、HSPのように些細なことでも気に留めてしまう人は、悲しいことや辛いことが重なってしまうと、すぐに過剰に落ち込んでうつ病のような症状につながる可能性が高いですので、自分がHSPだと感じるほど涙もろいという実感がある人は注意が必要です。

涙もろい原因:うつ病などの病気

些細なことでも涙もろくなってしまう人は、うつ病などの病気が原因となっている可能性があります。

なぜならば、うつ病の人は小さなことでもすぐに落ち込んでしまって、自分のことを責めてしまう傾向があるからです。

そのため、話しかけても声が小さいために相手には聞こえずに気づいてもらえないと、うつ病のような人は無視をされたと勘違いして、深く落ち込んで泣き続けてしまいます。

このように、うつ病などの病気がある人は、些細なことですぐに落ち込んで泣いてしまい、立ち直るのに時間がかかる場合が多いです。

ですので、自分自身や周囲の人にこのような症状が見られた場合には、心療内科や精神科、またはカウンセラーに相談をすることをおすすめします。

涙もろい原因:ストレス

涙もろくなってしまうタイミングとして、ストレスが溜まってしまった場合が考えられます。

なぜならば、人はストレスが溜まると自分1人では気持ちを支えきれなくなってしまい、辛いとか悲しいという気持ちで溢れてしまうからです。

そのため、ストレスが溜まり始めると普段は泣かないようなことでも泣いてしまって、周りの人を驚かせてしまうことも少なくありません。

たとえば、ちょっとしたミスが重なって上司から怒られたタイミングで、他の上司から抱えきれないほどの仕事を依頼されると、普段は毅然と自分の仕事をこなしている人でも気持ちを抑えきれなくなって、当然泣き出してしまうこともあるでしょう。

さらに、ストレスは自分で感じることもありますが、自分自身でもストレスを抱えていると実感していないことも多いですので、自覚がない中でポロポロと涙だけが流れてしまうようなことも少なくありません。

涙もろい原因:女性ホルモンの乱れ

女性が涙もろくなってしまう原因の一つに、女性ホルモンの乱れが考えられます。

たとえば、生理の前後のタイミングだったり妊娠中や出産後のタイミングだったりすると、女性ホルモンは大きく乱れている可能性があります。

そのため、普段は簡単には泣かないような人が、相手の些細な一言に傷ついて泣いてしまったりドラマの展開に感極まって泣いてしまったりすることも少なくありません。

さらに、女性ホルモンが乱れていると涙もろくなる上に怒りっぽくなる傾向もあり、些細なことで相手に泣きながら怒りをぶつけることも多いです。

ですので、特に男性からすると自分では理解できないような女性の怒り泣きする行動に、戸惑ってしまうことも多いでしょう。

涙もろい原因:成長

大人になるにつれて涙もろくなってしまう原因には、自分自身の成長が考えられるでしょう。

なぜかというと、人は成長するにつれて経験や知識をつけていくからです。

そのため、自分と同じ経験をした人の話やこれから同じような経験をするであろう人の話を聞くと、無意識のうちに自分自身の過去と重ね合わせ、その時の感情や気持ちが湧き上がってきてしまうため、涙もろくなってしまうのだと考えられます。

たとえば、今まで恋愛をしてきて楽しい経験も辛い経験も経てきた人は、フィクションとは分かっていても恋愛ドラマに夢中になり、主人公に感情移入をしてしまってドラマ内の一つ一つのトラブルに涙を流してしまいます。

このように、自分の心の成長によって涙もろくなる人は、自分と同じ経験をした人と過去の自分を重ね合わせて考えている傾向があります。

涙もろい原因:妊娠

女性が涙もろくなる原因の一つに、妊娠が考えられます。

なぜならば、妊娠をすると女性ホルモンのバランスが乱れてしまうからです。

また、妊娠をするとお腹が大きくなるにつれて自分は母親になるという実感が湧いてくると共に、自分は本当にこの子を育てられるのだろうかというような不安に駆られる『マタニティーブルー』になる時期が訪れることが多いです。

そうすると、『もしも夫が事故にあったら…』とか『もし子どもが大きな病気にかかったら…』というような想像ばかりが大きくなり、不安だけが大きくなっていってしまいます。

そして、その気持ちを誰にも話すことができなかったり、相談しても笑って聞き流されてしまったりした結果、自分の中でも気持ちを整理することができなくなって、些細な不安でも泣いてしまうようになるのだと考えられます。

涙もろい原因:老化

大人になるにつれて涙もろくなってしまう原因の一つに、老化が考えられます。

なぜかというと、人は年齢を重ねて経験を積んでいくにつれて、自分の辛かった経験や苦労した経験をいろいろなものに重ね合わせてしまうからです。

そのため、自分と同じような家庭環境で育った人の話を聞いたり自分と似たような恋愛経験をしている人のことをみたりすると、自分の過去の記憶が蘇ってきて泣きやすくなってしまうのだと考えられます。

また、老化が進むとこれからできることも減ってきますので、亡くなる前に孫の顔を見れたことや自分の息子が夢を叶えたことに喜びの涙を流すことも多いでしょう。

涙もろい原因:感受性が強い

涙もろい人は、感受性が強い傾向があります。

そのため、他の人は気にも留めない些細なことで感動したり悲しんだりすることも多く、その度に涙を流すこともあるでしょう。

たとえば、いつも育児を頑張っている感受性が強い女性が、帰宅した夫にコンビニで買ったスイーツをお土産としてもらうと、女性は夫が自分の頑張りをしっかりと見ていてくれたことに感動して、嬉し泣きをしてしまいます。

そして、このような小さなご褒美をもらえることで、自分の頑張りを見ていてくれる人がいるという喜びを感じることができますので、より一層、大変な育児も頑張ることができるようになります。

このように、感受性が強い人は気持ちを素直に表現することができますので、感受性が強い人に何かをしてあげたりプレゼントしたりした人も、素直に喜んでもらえるとやってあげた甲斐があると感じることができるでしょう。

涙もろい人の特徴

涙もろい人の特徴は以下の通りです。

・優しい
・素直
・情に弱い
・他人と比べやすい
・体質
・情緒不安定
・悲劇のヒロイン
・プライドがない
・ナルシスト
・読書をする人
・甘えん坊
・マイナス思考
・純粋

涙もろい人の特徴:優しい

些細なことでも泣いてしまうような涙もろい人は、優しい性格をしている傾向があります。

なぜならば、涙もろい人は自分の過去の経験と何かを重ね合わせて泣いている可能性があるからです。

そのため、自分と同じような辛い思いをしている人の話を聞いて泣いているような場合には、相手の辛い気持ちを自分も理解することができるため、相手に対しては優しく接することができるようになります。

さらに、自分も同じような経験をしていることからも、良い相談相手となり的確なアドバイスをすることができる可能性も高いでしょう。

ですので、涙もろくて優しい性格をしている人の周りには、同じように優しく他人思いな性格の人が集まってくることでしょう。

涙もろい人の特徴:素直

相手の行動や発言で泣いてしまう涙もろい人は、自分の感情に素直な人であると考えられます。

なぜならば、涙もろい人は自分の喜怒哀楽の感情を表現する手段として涙を流すことが多いからです。

そのため、たとえどんなに些細なことでも、嬉しいと感じたり悲しいと感じたりすると涙もろい人は、すぐに涙を流す傾向があります。

たとえば、恋人から突然にプロポーズをされた涙もろい女性は、自分の喜びや驚きの感情を隠そうと思っても隠し切ることができなくて、感動の涙を流してしまいます。

ですので、相手の男性は言葉で返事を聞かなくてもプロポーズに対する女性の応えを感じ取ることができるでしょう。

このように、涙もろい人は嬉しいことがあるとすぐに泣いてしまうため、自分の感情を隠し切ることができなくて無意識のうちに素直に気持ちを表現していることが多いでしょう。

涙もろい人の特徴:情に弱い

涙もろい人は、非常に情に弱い傾向があります。

たとえば、学園ドラマでどれだけ荒れた性格をしている生徒だったとしても、情に熱い教師が生徒と向き合いながら更生させていくというようなストーリーを見ていると、涙もろい人は終始涙を流し続けながら見入ってしまいます。

そして、特に大きなトラブルがありながらも教師が自分の身を呈して生徒のことを守ろうとするような場面を見ると、感動の気持ちが溢れてしまい、涙が止まらなくなるでしょう。

このように、人の情に弱い人は現実世界でもドラマの中のフィクションの世界でも、情を感じると泣いてしまうことが多いです。

涙もろい人の特徴:他人と比べやすい

普段から涙もろい人は、自分と他人を比べやすい傾向があります。

なぜならば、涙もろい人は自分の過去の経験と他人の経験を重ね合わせて、気持ちがこみ上げてきて泣いてしまうことが多いからです。

たとえば、過去に自分が離婚をした経験がある人は、友人が自分と同じような理由で離婚をすることを考えていると、自分と友人の経験を重ね合わせて比べた上で、友人の辛い気持ちに共感して自分のことのように涙を流してしまいます。

さらに、友人の気持ちを考えているうちに、当時の自分の感情までこみ上げてきてしまい、友人よりも自分の方が辛かったという気持ちが大きくなってきて、より一層、泣きやすくなってしまいます。

このように、涙もろい人は自分と他人を比べれば比べるほど、感情を抑えきれなくなってしまい涙が止まらなくなってしまうでしょう。

涙もろい人の特徴:体質

涙もろい人の中には、泣きやすい体質である人もいます。

たとえば、性格が優しい人や感受性が豊かな人は、相手の気持ちに配慮することができる気が利く人であることが多いです。

そのため、優しく感受性が豊かな人ほど相手の話を自分のことのように考えて、感情移入をしてしまうため、涙もろくなってしまうのだと考えられます。

また、涙もろい体質の人の中にはホルモンバランスが崩れやすい人やストレスが溜まりやすい性格の人なども挙げられます。

このように、ホルモンバランスが崩れやすかったりストレスを溜めやすかったりする人は、自分の本心に逆らって涙を流してしまうことも多く、気持ちが不安定なタイミングであることが多いでしょう。

涙もろい人の特徴:情緒不安定

涙もろい人は、情緒不安定な人である可能性が高いです。

なぜならば、情緒不安定な人は感情の起伏が非常に激しくて、喜怒哀楽のサイクルが目まぐるしい速さで回ってくるからです。

たとえば、恋人からサプライズのプレゼントをもらうと、最初は心から喜んで笑顔を見せますが、サプライズのプレゼントの意味が気になってしまった結果、浮気を疑ってしまい急に落ち込んだり怒り出したりしてしまいます。

そして、その感情の落差によって自分の気持ちを上手にコントロールすることができなくなってしまったため、怒り狂ったり勝手な思い込みで落ち込んだりして泣いてしまうのだと考えられます。

このように、情緒不安定なために泣きやすくなる人は、一緒にいる人にとっては対応に困ってしまう厄介な性格だと思われてしまうことも多いでしょう。

涙もろい人の特徴:悲劇のヒロイン

何かあるとすぐに涙を流す涙もろい人は、悲劇のヒロインを演じている可能性があります。

たとえば、自分がクラスの中でいじめをしていたことが原因で、後々、自分自身がみんなから敬遠されるような存在になってしまうと、悲劇のヒロインを演じる人は異性や先生に泣きついて自分は被害者であるようなアピールをします。

そして、その後も周りの友人から相手にされなかったり仲間に入れてもらえなかったりするたびに、自分の味方になってくれそうな人に対して泣きつこうとします。

ですが、自分の今までの素行は対象者だけではなく周りの人にも見られている可能性が高いですので、悲劇のヒロインを気取って泣いたところで、味方になってくれる人はほとんどいないですので、自分が悪いことを分かっていながら他人に泣きつくことはおすすめできません。

涙もろい人の特徴:プライドがない

常に涙もろい人は、プライドがないと思われてしまうこともあります。

特に、男性が涙もろい場合、些細なことで涙を流すと『感受性が豊か』という印象よりも『男としてのプライドがない』というように思われることの方が多いです。

たとえば、高校野球で最後の夏に敗退してしまうと、選手は次がないことや今まで頑張ってきた記憶が蘇ってきて、涙を流すこともあるでしょう。

このような光景は、非常に感動する場面であり、周りの人の涙を誘う光景になることが多いですが、見る人によっては男性が負けを認めて涙を流すなんて、プライドがないというように思う人もいるでしょう。

ですが、大きな目標に立ち向かって夢が叶わなかった時のような涙は、プライドがないというよりは最大限の努力が叶わなかった悔しさの表れだと言えるでしょう。

涙もろい人の特徴:ナルシスト

普段から涙もろい人は、ナルシストな性格である傾向があります。

なぜならば、ナルシストは自分の泣き顔ですらカッコいい、もしくは可愛いと思っているからです。

また、他人の話に共感して泣く自分やドラマのストーリーに感動して泣いている自分の姿を見て、情に厚くて非常に優しい人間だというように自分を過大評価している可能性があります。

このように、ナルシストは自分が涙を流す姿を他人に見せることで、自分の評価を高めようとしていると考えられます。

涙もろい人の特徴:読書をする人

涙もろい性格の人は、読書をよくする傾向があります。

なぜかというと、読書をする事で人の感性は育てられ豊かになりますので、登場人物の気持ちや感情を感じることができるようになるからです。

そのため、特に小説や自叙伝などを幼少期から読む機会が多い人は、非常に感性が豊かで喜怒哀楽を素直に表現できる人が多いです。

また、テレビドラマを見るよりも小説を一冊読むことの方が集中力を必要としますので、より感情移入しやすくなると考えられます。

さらに、読書は活字だけを読んでストーリーを読み取る必要がありますので、想像力が養われやすいと言えるでしょう。

このように、想像力が豊かな人は少しの情報でも、たくさんのことを想像したり自分と重ね合わせたりするため、涙もろくなりやすいのでしょう。

涙もろい人の特徴:甘えん坊

涙もろい性格の人は、甘えん坊な性格をしている人が多いです。

なぜならば、自分のことを甘やかしてくれる人や自分が頼りにしている人に対しては、幼少期から泣くことで気を引こうとするクセがついている人も多いからです。

そして、涙を流して慰められたり優しくしてもらったりすることで、相手に甘えようとしていると考えられます。

また、甘えん坊な性格の人は周りの人に涙もろいという印象をつけることで、周りの人から甘やかされることを待っているとも考えられます。

そのため、甘えん坊な人は普段から些細な事でも涙をためてウルウルとした目で相手のことを見ていることが多いですので、周りの人からは守ってあげたい存在だと思われることも多いでしょう。

涙もろい人の特徴:マイナス思考

涙もろい性格の人は、マイナス思考である傾向があります。

なぜならば、マイナス思考な人は相手の行動や発言などのような、身の回りの全ての事柄をよくない方向に考えてしまうからです。

そのため、相手に何を言われてもどのような態度をとられても、自分のことを悪く思われているというように勘違いしてしまい、泣き出してしまうことが多いのだと考えられます。

たとえば、涙もろいマイナス思考に人は友人を食事に誘った際に『用事があるからまた今度ね』というように断られてしまうと、自分は嫌われ者なのだというように思ってしまいます。

そして、たった一度の誘いを断られただけでも辛い気持ちになってしまい、すぐに泣いてしまいます。

このように、マイナス思考に人は自分に自信がなくて『どうせ自分なんて…』というような考え方をしているためら些細な事でも悲しくなり泣いてしまうのだと考えられます。

涙もろい人の特徴:純粋

涙もろい性格の人は、純粋な人である可能性があります。

なぜかというと、純粋な人は相手からの言葉や行動を、そのままの意味として素直に受け取ることができるからです。

たとえば、純粋な人は恋人からサプライズのプレゼントをもらうと、照れ隠しをすることなく嬉しい気持ちを素直に表現することができます。

そのため、恋人からのプレゼントに対する嬉しい気持ちと感動の気持ちが相まって、涙を流すことで喜びを表現します。

このように、純粋な人は自分が嬉しい時でも悲しい時でも、感情を表現する時には自然に涙が流れることが多いですので、普段から些細な事で泣いてしまう涙もろい人だと思われることが多いでしょう。

涙もろいのを治す方法

涙もろいのを治す方法は以下の通りです。

・舌先を噛む
・炭酸飲料を飲む
・口をあける
・自分と向き合ってみる
・悪いことと思わない

涙もろいのを治す方法:舌先を噛む

涙もろい性格を治すためには、泣きそうになった時に舌先を噛むと良いです。

なぜならば、実際に舌先を噛んでみるとわかりますが、軽くでも舌先を噛むと背筋がヒヤッとするほどの痛みを感じます。

そのため、泣きそうになった時に舌先を噛む事で泣きたい気持ちよりも痛みの方が優って、涙をこらえることができるようになります。

そうすることで、些細な事ですぐに泣いてしまって周りの人を困らせるようなことを避けることができるようになります。

ただし、舌を噛むという行為は加減が伴いますので、自分が軽く痛みを感じる程度にとどめることが大切です。

涙もろいのを治す方法:炭酸飲料を飲む

自分の涙もろい性格を治したいと思った時には、泣きそうな時に炭酸飲料を飲んでみると良いです。

なぜならば、経験したことがある人も多いとは思いますが、炭酸飲料を飲むと口の中や喉がビリビリとして痛みを感じるからです。

そのため、泣きそうなタイミングで炭酸飲料を飲むと、口の中や喉のビリビリとした感覚の方に気持ちが向いてしまいますので、些細な事で泣いてしまうことを防ぐことができるようになります。

また、炭酸飲料を飲むという行為は普通に見られる自然な行為ですので、泣くのを我慢していることを周りの人に勘付かれてしまう心配もないでしょう。

このように、自分の涙もろい性格が嫌だったり周りの人に迷惑をかけていると感じたりした時には、普段から炭酸飲料を持ち歩いて泣きそうなタイミングでサッと口にしてみると、効果を期待することができるでしょう。

涙もろいのを治す方法:口をあける

涙もろい性格を治すためには、泣きそうなタイミングで口をあけると良いです。

なぜならば、人は口があいていると物事を深く考えることができないと言われているからです。

そして、実際に泣きそうな時に口をあけることで涙を抑えることができたという人も少なくありません。

そのため、自分の感情をコントロールできなくなり泣きたくないのに涙が出そうになった時には、軽く口をあけてみると良いでしょう。

このように、涙を抑えるために口をあける場合は、大きくあけなくても効果を得られますので、軽く周りの人にバレない程度に口をあけると、不用意に泣いてしまうことを避けることができるかもしれません。

涙もろいのを治す方法:自分と向き合ってみる

涙もろい性格を治すためには、自分自身と向き合ってみると良いです。

たとえば、自分に自信がなくていつもネガテイブ思考な人や、物事をマイナスな方向にばかり考えてしまうような人は、なぜ自分はマイナス思考なのかということを考えてみると良いです。

そうすることで、自分に自信を持てない原因を追求することができて、さらに原因が分かることで改善方法も見出すことができるようになります。

すると、自分自身と向き合って考えることで自分に自信を持てるようになり、些細な事で泣いてしまう弱い心を改善させることができるようになります。

涙もろいのを治す方法:悪いことと思わない

涙もろい性格は、必ずしも悪いことだということはないでしょう。

なぜならば、涙もろい性格は非常に感受性が豊かで喜怒哀楽の表現することが上手な人だとも言えるからです。

また、何かしてあげた時に泣いて喜ばれたり感謝されたりすると、相手も普段よりもやってあげた甲斐があると感じることができるでしょう。

そのため、一緒にいる人からは可愛らしく見えることもありますし、涙もろい人は何を考えているかということが分かりやすいですので、一緒にいてとても楽だと感じる人も多いでしょう。

このように、涙もろい性格は周囲の人から愛されやすい特徴もありますので、自分の涙もろさが必ずしも悪いことばかりだとは思わないで自分の性格を大切にしてあげることも必要です。