あなたは人よりも泣きやすい泣き虫な性格をしていますか?

『涙もろい』と言われると感受性が豊かだと感じるのに比べて、『泣き虫』と言われると些細なことですぐに泣く弱虫のような印象を受けます。

この2つの行為を比べると、同じ『泣く』という行為でも、相手に与える印象が全く違うことがわかりますね。

ここでは、泣く行為としてはマイナスに見られがちな『泣き虫』の原因や特徴を考察した上で、克服方法を深く学んでいくことができます。

些細なケンカで泣いて恋人を困らせてしまう人。

上司からミスを指摘されただけで泣きたくなってしまう人。

ぜひ、注意深く読み進めていってください。

泣き虫な人の特徴と原因

泣き虫な人の特徴と原因は以下の通りです。

・感受性が強い
・性格
・環境
・疲れやストレス
・女性ホルモンのバランスの崩れ
・誰かが助けてくれる
・他人からも否定されているという感情
・自己嫌悪
・傷ついている
・クセになっている
・自己処理している
・感情の起伏が激しい
・純粋
・泣くこと=弱さではない

泣き虫な人の特徴と原因:感受性が強い

泣き虫な人は、感受性が強い傾向があります。

そのため、相手の言葉や行動の一つ一つに対して敏感になってしまい、些細な事でも泣いてしまいやすくなるのだと考えられます。

また、感受性が強い人は他人に対して感情移入しやすい傾向もありますので、自分のことだけではなく他人の話を聞いただけでも泣いてしまうことも少なくありません。

このような、泣き虫な人は他人のことでも泣いてしまうほど、人の気持ちに配慮することができる優しい人だとも言えるでしょう。

泣き虫な人の特徴と原因:性格

泣き虫な人は、もともと些細な事で泣きやすい性格をしている可能性があります。

たとえば、他人の言葉を気にしすぎる人や小さなミスをしただけでも落ち込んでしまう繊細な人は、他の人に比べて泣きやすい性格をしていると考えられます。

そのため、自分が意識をしただけでは泣き虫な性格は、なかなか治りにくいことが多いでしょう。

このように、非常に泣きやすくて小さなことでも傷ついてしまう繊細な性格をしている人は、泣きやすいだけではなくて心に傷を負いやすい性格をしていますので、仕事でミスをしてしまった時などには落ち込んで立ち直れなくなってしまうことも多いです。

泣き虫な人の特徴と原因:環境

人か泣き虫になってしまう原因の一つに、その人が今置かれている環境の問題が挙げられます。

また、現在の環境だけではなく幼少期の育った環境や家庭環境が、その人を泣き虫にしてしまうこともあり得ます。

たとえば、幼少期から学校でからかわれたり軽くいじめを受けてきたりした人は、自分自身に対する劣等感が大きくなってしまい、何かあるとすぐに泣くような人になってしまう可能性が高くなります。

また、職場の環境が劣悪で理不尽に怒られたり責任を押し付けられたりするような環境下に置かれている場合は、誰でも自分の感情をコントロールすることができなくなって、人に見られないように泣いてしまうこともあるでしょう。

このように、本人の性格に関係なく、その人を取り囲む教育環境や社会環境によって、泣く要素が多くなる状況に置かれてしまった結果、泣き虫な人になってしまうことも考えられます。

泣き虫な人の特徴と原因:疲れやストレス

泣き虫な人になってしまう原因として、疲れやストレスを抱えていることが挙げられます。

なぜならば、人は自分では自覚があってもなくても、疲れやストレスを抱えていると自分の感情をコントロールすることができなくなってくるからです。

そして、疲れやストレスが溜まると普段は泣くのを我慢していたり、怒ることをこらえていたりする感情が爆発してしまい、泣きやすくなってしまうのだと考えられます。

そのため、仕事がたまって残業続きの日などに仕事のミスをしてしまい、手直しが必要だとなってしまうと、普段は泣かないような人が急に泣き出してしまうことも少なくありません。

このように、疲れやストレスは人の性格や感情を急激に変えてしまう要因になりますので、自分なりの適度な休憩やストレスの発散法を見つけておくと良いでしょう。

泣き虫な人の特徴と原因:女性ホルモンのバランスの崩れ

急に泣き虫になってしまう女性は、女性ホルモンのバランスが崩れている可能性があります。

なぜならば、女性は女性ホルモンのバランスが崩れると、情緒不安定になったり喜怒哀楽が激しく変わったりする傾向があるからです。

そのため、普段は泣かないような女性でも女性ホルモンが崩れているタイミングだと、些細な事でも泣いてしまうことは少なくありません。

たとえば、生理の前後だったり妊娠出産のタイミングだったりすると、女性ホルモンは急激に変化すると言われています。

このように、女性はホルモンバランスの影響で感情をコントロールできなくなってしまうタイミングがあります。

ですので、周りの男性は女性に対する理解を深めた上で、手を貸してあげたり気を遣ってあげたりするような配慮をしてあげると、女性の気持ちを落ち着かせてあげることができるでしょう。

泣き虫な人の特徴と原因:誰かが助けてくれる

何かあるとすぐに泣いてしまう泣き虫な人は、泣くことで誰かが助けてくれると考えている可能性が高いです。

たとえば、幼少期に甘やかされて育ってしまい、おもちゃ売り場で泣くことでおもちゃを買ってもらったり、親に泣きつくことで夏休みの宿題を手伝ってもらったりした経験がある人は、自分が辛い時に泣くと周りの人は助けてくれるという考え方に育ってしまいます。

そして、その結果、大人になって会社で働き始めた時でも、ミスをして怒られたり仕事をこなしきれなくなったりした時に、泣いて許してもらおうとしたり助けを求めようとしたりしてしまうのだと考えられます。

このように、泣くことで助けを求めようとする人は、逆に周りの人からの同情を受けることができなくなり、本当に助けてほしいときでも見放されてしまうことも少なくありません。

泣き虫な人の特徴と原因:他人からも否定されているという感情

人が泣き虫になってしまう原因の一つに、他人からも否定されているという感情を持ってしまうことが挙げられます。

このような考え方をしてしまう人は、自分自身にも自信を持てない自尊心が低い人だと考えられます。

そのため、些細なミスをしてしまっただけで自分のことを責め続け、さらに何も言われていないにもかかわらず自分のミスを周りの人からも責められているというように考えてしまいます。

そして、その結果、周りの人は自分の存在自体を否定しているというようにネガティブな方向にばかり考えを進めしまうのでしょう。

このように、自分のことを他人からも否定されていると存在だと考えてしまう人は、自分には味方がいないというように思ってしまいがちで、何かあると辛い気持ちを自分の中に溜め込んでしまうため、泣きやすい性格になってしまいます。

泣き虫な人の特徴と原因:自己嫌悪

泣き虫な性格の人は、仕事ができない自分に対する自己嫌悪の気持ちが、涙となって表れている可能性があります。

たとえば、普段は間違えないようなケアレスミスをしてしまったことが原因で試験に合格できなかった場合、見直しを怠った自分に対して自己嫌悪の気持ちが大きくなってしまうでしょう。

そして、些細なケアレスミスをしてしまって自分のことを責めたり落ち込んだりしているうちに、自分自身のことが嫌いになってしまい泣いてしまうのだと考えられます。

このように、自己嫌悪によって泣いてしまう人は、自分のミスによって泣いている自分に対しても自己嫌悪に陥ってしまう傾向があり、一度でも自分のことが嫌いになってしまうと、なかなか元の気持ちを取り戻すのに時間がかかってしまうことも多いです。

泣き虫な人の特徴と原因:傷ついている

些細な事で泣いてしまう泣き虫な性格の人は、普通の人は気にしないような小さな事柄に対しても傷ついている可能性があります。

なぜならば、泣き虫な人は繊細で気が弱い性格をしている傾向があるからです。

そのため、泣いてしまうほど辛いことや悲しいことがあると、その分だけ繊細な人は傷ついている可能性が高いでしょう。

たとえば、仕事でミスをして上司から怒られると、普通の人ならミスを改善して同じ間違いをしないように心がけることで、仕事のスキルを上げていくことができるでしょう。

ですが、傷つきやすい性格の人は自分がミスをしたことに対して落ち込んでしまう上に、上司から怒られてしまうと立ち直れないほど傷ついてしまいます。

そのため、いつまで経っても前に進むことができなくて、その場に立ち止まってしまいますので、自分の力では人間として成長することも仕事のスキルをあげることもできない人が多いです。

泣き虫な人の特徴と原因:クセになっている

普段からよく泣く泣き虫な人は、泣くことがクセになっている可能性が高いです。

なぜならば、泣くことがクセになっている人は、泣くことで得をしたり楽をしたりした経験があるからです。

たとえば、パチンコにハマりすぎて借金をしてしまい、返済が滞って親に泣きついて完済してもらったような経験がある人は、泣くことで誰かが助けてくれるという固定概念を持ってしまっている可能性があります。

そのため、自分に都合が悪いことがあったり助けてほしいことがあったりする時には、無意識のうちに涙を流して周りの人にアピールしていることも少なくありません。

このように、泣くのがクセになっている人はプライドがなく、自分の力で何かを成し遂げようとする気持ちがないため、すぐに涙を見せて他人のことを利用しようとしていると考えられます。

泣き虫な人の特徴と原因:自己処理している

泣き虫な人は、辛い気持ちや悲しい気持ちを自分の心の中だけで自己処理しようとしている可能性が高いです。

なぜならば、自分では抱えきれないほどの気持ちを自分一人で抱え込んでしまうと、その気持ちが溢れ出してしまい、自己処理しようとする時に涙が出てきてしまうからです。

そのため、辛い気持ちや悲しい気持ちが大きければ大きいほど、激しく声を上げるほど泣いてしまうことも少なくありません。

このように、自分の気持ちを自己処理することで泣いてしまう人は、時には自分の悩みやストレスを仲のいい友人や信用できる同僚に聞いてもらって、一人で抱え込まないようにすることも大切です。

泣き虫な人の特徴と原因:感情の起伏が激しい

泣き虫な性格の人は、感情の起伏が激しい傾向があります。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は自分の感情を上手にコントロールすることができないからです。

そのため、さっきまで喜んでいたかと思ったら急に激昂し始めたり号泣し始めたりしてしまうことも少なくありません。

このように、感情の起伏が激しくて泣いてしまう人は、周りの人を戸惑わせてしまうとともに迷惑をかけてしまうことが多いです。

ですので、自分の感情を上手くコントロールできなくて泣いてしまうような人は、日頃から上手にストレスを発散させたり疲れを溜めないようにしたりすることが大切です。

泣き虫な人の特徴と原因:純粋

些細なことですぐに泣いてしまう泣き虫は、純粋な性格をしている可能性があります。

そのため、友人やドラマの主人公などにすぐに感情移入をしてしまい、自分のことではないにもかかわらず話を聞いただけで泣いてしまうことも少なくありません。

また、純粋な人は相手の話や行動をそのままの意味として素直に受け入れる傾向がありますので、涙を誘うために大げさに作られた話や盛られた話も真に受けてしまいます。

このように、純粋な人は相手の感情や話を素直に受け入れるため泣きやすくなってしまいますが、周りの人からは感性が豊かで心優しい人だと思われることが多いでしょう。

泣き虫な人の特徴と原因:泣くこと=弱さではない

泣き虫な人はあまり良い印象を持たれないことも多いかもしれませんが、泣くこと=弱さとは限りません。

たとえば、今まで何年も部活の練習を頑張ってきて、高校最後の試合で負けてしまった時に泣いてしまう人は、心が弱くて泣いているわけではありません。

逆に、今までの自分の努力を讃える意味で泣いていたり、負けた悔しさを他のことに活かすために涙を流して悔しさを噛み締めていたりすることもあります。

そのため、涙を流した分だけ強くなることができる人も多く、泣くことで成長することができる場合も少なくありません。

このように、泣き虫という言葉は心が弱い人に向けられることが多いですが、実際には心が強い人ほど、最後の最後には泣いてしまいやすくなることもあります。

泣き虫を克服する方法

泣き虫を克服する方法は以下の通りです。

・感情移入しすぎない
・感情のコントロール
・深呼吸する
・涙を抑えるツボ
・気持ちをそらす
・医療機関へ相談する
・どんなことで泣いてしまうのかを把握する
・泣きたい時は泣く
・心を落ち着かせる
・過去の自分と向き合ってみる
・上を向く
・口を開ける
・低い声の響きを意識して話す

泣き虫を克服する方法:感情移入しすぎない

泣き虫な性格を克服するためには、物事に対して深く感情移入をしすぎないように心がけると良いです。

なぜならば、友人の話やドラマなどのような自分のことではない事柄に対して感情移入することで、泣き虫な人はすぐに泣いてしまいたくなるからです。

ですので、自分の泣き虫な性格を克服したいと思いましたら、他人に感情移入することなく『自分は自分、他人は他人』というように割り切れるようになりましょう。

また、フィクションのドラマなどを見る時には、あくまでも作り話であるということを念頭に置いた上でドラマを見るようにすると良いです。

そうすることで、自分には関係ないことに感情移入してしまい、泣いてしまうことを防ぐことができるようになります。

泣き虫を克服する方法:感情のコントロール

自分の泣き虫な性格を克服したいと考えましたら、感情のコントロールができるような人になる必要があるでしょう。

特に、情緒不安定な人やストレスを自分の中だけに抱え込んでしまうような人は、怒りや悲しみが重なるほど自分自身でも感情をコントロールすることができなくなってしまいます。

ですので、情緒不安定で急に泣き出したくなってしまう人や、ストレスが溜まることで泣きたくなる人は、自分に合った上手なストレスの発散方法や気分転換の方法を見つけるようにすると良いです。

そうすることで、泣きたくなる要素が減ってきて些細なことで泣いてしまうことも減ってくると考えられます。

泣き虫を克服する方法:深呼吸する

自分の泣き虫な性格を克服したいと考えましたら、泣きたくなった時に深呼吸をしてみると効果が期待できます。

なぜかというと、深呼吸をすることで自分の気持ちを一度、落ち着かせることができるからです。

また、深呼吸をすると一定時間、息を吸ったり吐いたりすることに集中することができますので、頭の中をリセットすることもできるようになります。

そうすることで、不意に出てきてしまう涙や些細なことで悲しくなってしまう気持ちを、抑えることができるようになる可能性があります。

ですので、辛いことがあって衝動的に泣きたくなってしまった時や、泣いてはいけない場面で泣きそうになった時には、深呼吸をして気持ちを切り替えるようにしてみると良いでしょう。

泣き虫を克服する方法:涙を抑えるツボ

泣き虫を克服するためには、涙を抑えるツボを刺激してみると良いです。

涙を抑えるツボは、瞳孔の『承泣(しょうきゅう)』と呼ばれる場所にあります。

このツボは、泣きたくないのに涙が出てしまった時に、涙を止めることができるツボだと言われています。

ですので、泣いてはいけない場面で不意に泣いてしまった時には、承泣を押して涙を止めてみると良いです。

また、涙をこらえる時には目頭を抑えることも効果的だと言われています。

そのため、親しい友人や子供の結婚式のように涙は流したくないけれど泣いてしまいそうな場所に行く時には、眼鏡をつけて行くと涙を抑えることができる可能性があります。

泣き虫を克服する方法:気持ちをそらす

自分の泣き虫な性格を克服したいと考えましたら、他の事柄に気持ちをそらしてみると良いです。

たとえば、友人の結婚式で泣きそうになってしまった時には、一時的に違うことを考えたり周りの装飾や目の前の食事を見てみたりすると良いです。

そうすると、他のことに気がむいて泣きたい気持ちを和らげることができるでしょう。

ただし、怒られている場合には自分自身に怒られる原因があることが多いですので、上司からの注意は真摯に受け止めて、自分の失敗から目をそらさないでしっかりと聞き入れることも必要です。

泣き虫を克服する方法:医療機関へ相談する

些細なことで泣きやすい自分の性格を治したいと思った場合には、医療機関へ相談することが必要な場合もあります。

なぜならば、普通の人が気にしないような些細なことを気にして泣いたり自覚がないうちに涙が出ていたりする人は、うつ病である可能性があるからです。

そのため、自分でも気づかないうちにストレスや疲労を溜め込んでしまうような人は、泣きやすくなったと感じたら心療内科や精神科を受診することをおすすめします。

また、確証がないため精神科に行くのは抵抗があるという人は、カウンセラーに相談してみるのも一つの手段です。

このように、まずは自分の話しを聞いてくれるプロの人に第三者目線で話を聞いてもらって、自分の精神状態を見極めてもらうことも、泣き虫を克服するためには大切になるでしょう。

泣き虫を克服する方法:どんなことで泣いてしまうのかを把握する

自分自身で泣き虫を克服するためには、どんなことで泣いてしまうのかを把握する必要があります。

たとえば、自分は感動して泣きやすい人かとか、怒られると泣いてしまうかというように、
心当たりが無いか探ってみましょう。一言に泣き虫と言っても泣くタイミングや周りの環境は異なる場合が多いです。

ですので、まずは自分が泣いてしまう状況な相手などを把握するところから始めましょう。

そうすることで、具体的な対策を自分自身で考えることができたり、周りの人に助けを借りながら泣き虫を改善する方法を見出したりすることができるようになるでしょう。

泣き虫を克服する方法:泣きたい時は泣く

泣き虫な性格を克服したいと思っていても、泣きたい時には泣くことが大切になる場合もあります。

なぜならば、泣きたい時に泣かないとストレスが溜まってしまって、それでも我慢し続けることで、より一層、些細なことで泣いてしまうような人な性格になってしまう可能性があるからです。

そのため、本当に辛い時や悲しい時には我慢しないで泣いても良いと自分に言い聞かせてあげると良いです。

また、恋人からプレゼントをもらった時や結婚式のタイミングなどで泣いてしまう人は、特に泣くことで誰にも迷惑をかけているわけではありませんし、このような喜びや感動の涙は素直な気持ちの表れと考えられますので、我慢しないで泣いてしまうと良いでしょう。

このように、嬉し泣きは周りの人の気持ちを穏やかにしてくれることも多いですし、時には辛い時でも我慢しすぎないで泣いて周りの人の手を借りることで気持ちを落ち着かせることもできるようになります。

泣き虫を克服する方法:心を落ち着かせる

泣き虫な性格を克服したいと考えましたら、泣きたい時に一旦、心を落ち着かせてみると良いです。

なぜならば、泣きやすい人は感情を上手にコントロールできなくて、何かあると衝動的に泣いてしまう傾向があるからです。

ですので、何かがあって泣いてしまいそうになった時には、ひとまず気持ちを落ち着かせてから物事を考えるようにしてみましょう。

たとえば、仕事でミスをしてしまい上司から怒られた時には、泣きたい気持ちを一旦は抑えて深呼吸をし、気持ちを落ち着かせましょう。

そして、なぜ自分は怒られているのか、そしてなぜミスをしてしまったのかということをしっかりと考えた上で、上司に事情を説明して謝罪するようにしましょう。

そうすることで、泣くことなく問題を早急に解決することができるようになります。

泣き虫を克服する方法:過去の自分と向き合ってみる

泣き虫な自分の性格を克服するためには、過去の自分と向き合ってみるのも一つの手段です。

なぜかというと、人が泣き虫になってしまう原因の一つに、育った家庭環境や教育環境が挙げられるからです。

たとえば、泣くことで全てが思い通りにいくように甘やかされて育った人や、逆に泣かなくては親から相手にしてもらえない環境だった人などは、些細なことで泣くことで周りの人の気を引こうとする癖がついてしまっている傾向があります。

そのため、まずは自分がなぜ泣き虫になってしまったのかということを、過去の自分と向き合うことで見つけ出し、その上で自分なりの改善方法を見つけてみましょう。

そうすることで、より効果的な改善方法を見出して早期の解決をすることが期待できるようになるでしょう。

泣き虫を克服する方法:上を向く

些細なことで泣いてしまいやすい人は、泣きたい時に思った時には上を向くと良いです。

なぜならば、上を向くと涙がこぼれ落ちることを防ぐことができるからです。

また、泣きたい時に上を向くと周りの人に気づかれないように、涙目になっていることを隠すことができます。

さらに、上を向くと涙が乾くのも早くなりますので、たとえ目に涙がたまったとしても上を向いてグッとこらえると、数秒の我慢をするだけで涙を止めることができるようになります。

このように、泣きたいけれど泣いてはいけない場面や泣き顔を相手に見せたくない場面などで、泣いているのが相手にバレないうちに涙を止めるためには、上を向いて数秒耐えることが効果的だと考えられます。

泣き虫を克服する方法:口を開ける

泣き虫な性格を克服するためには、泣きたくなった時に口を開けることが効果的です。

なぜならば、人は口を開けると気が抜けて泣きたい気持ちを落ち着かせることができるからです。

そして、涙を止めるために口を開ける時は特に大きく開ける必要はなく、軽く息を吸う程度に開けるだけでも効果があります。

ですので、泣いてはいけない場面で泣きたくなってしまった時には、軽く口を開けて涙をこらえると、泣きそうになっていることを周りの人に勘付かれることを防ぐことができます。

このように、口を軽く開けるという行為は泣きたくなった瞬間にすぐにすることができますので、非常に手軽に効果が得られる最適な方法だと言えるでしょう。

泣き虫を克服する方法:低い声の響きを意識して話す

自分の泣き虫な性格を克服するためには、低い声の響きを意識して話すと良いです。

特に、何かあると感情的になって怒りながら泣いてしまう人や、情緒不安定になって泣き散らす人は、感情が高ぶるたびに声が高くて大きくなっていく傾向があります。

ですので、このような人たちは自分の気持ちを落ち着かせて感情をコントロールするためにも、低い声の響きで話すことを意識するようにしてみましょう。

そうすることで、いつもなら泣いてしまうような出来事があったとしても、自分の気持ちをコントロールすることができるようになりますので、泣かなくても自分の意思や感情を言葉で表せるようになってくるでしょう。