自尊心を持つことは、自分自身のことを肯定して理解してあげるためには欠かせない考え方です。

逆を言うと、自尊心が低い人は何をしても『自分なんてだめなんだ』というような考え方をしてしまいがちになります。

自分がいなくても誰も困らない。

自分の代わりはいくらでもいる。

あなたはこんな考えを持ってはいませんか?

当たり前のことですが、代わりがきく人なんて誰一人いません。

ここではそんな自尊心が低い人の特徴を知った上で、自尊心を高める方法を一緒に学んでいきましょう。

自尊心の意味とは

自尊心とは、自分自身の気持ちや価値観を尊重して大切にする気持ちのことを指します。

そのため、自尊心が高い人は自分自身に自信を持つことができるポジティブでプラス思考な人になれる傾向があります。

しかし、逆に自尊心が低い人は何をするにも自分に自信がないため、思い切った行動をすることができなくてネガティブなマイナス思考になってしまいやすいです。

このように、自尊心は自分のことをしっかりと見つめて、自分自身で自分の行為を褒めたり尊重したりするために非常に大切な気持ちだと言えるでしょう。

自尊心が低い人の特徴

自尊心が低い人の特徴は以下の通りです。

・何事にも消極的
・自分の考えがない
・周りに流されやすい
・承認欲求が強い
・他人と自分を比較する
・嫉妬心が強い
・他人に干渉しやすい
・現実逃避する
・自分が嫌い
・自己否定が多い
・自己主張が苦手
・精神的に不安定・情緒不安定
・人間関係がうまく構築できない

自尊心が低い人の特徴:何事にも消極的

自尊心が低い人は、何事にも消極的になってしまいやすいです。

なぜならば、自尊心が低い人は自分に自信を持つことができないからです。

そのため、物事に興味を持ったとしても思い切って行動をすることができないため、行動をする前から諦めてしまうことも少なくありません。

また、勇気を出して行動に移したとしても、ひとつひとつの行動が消極的であるため、思うような成果が出なかったり失敗してしまったりして、より一層、自尊心が低くなってしまうこともよくあります。

自尊心が低い人の特徴:自分の考えがない

自尊心が低い人は、自分の考えがない人が多いです。

なぜかというと、自尊心が低い人は自分に自信を持つことができないため、自分の考えよりも他人の考えに賛同した方が正しい選択をできると思っているからです。

そのため、仕事の会議の際に意見を求められた時でも、同僚や上司の意見に賛同するにとどまってしまい、自分の考えを主張することはもちろん、自分で意見を持つことすらできない場合も少なくありません。

このように、自尊心が低い人は自分の考えを持たないで生活をしているため、いつでも他人の意見に流されてしまい、長いものに巻かれてばかりいる傾向があります。

自尊心が低い人の特徴:周りに流されやすい

自尊心が低い人は、周りの人に流されやすい性格をしていることが多いです。

なぜならば、自尊心が低い人は自分の考えをしっかりと持っていない人が多いからです。

そのため、周りの人の意見や行動に流されてしまいやすく、自分には興味がないことに賛同したり参加したりしてしまうことも少なくありません。

たとえば、周りに流されやすい人は周囲の人がクラスメイトをいじめていたとすると、特にそのクラスメイトのことを嫌いではなくても、周りの人の意見や雰囲気に流されていじめに加担してしまいます。

このように、自尊心が低い人は周りに流されすぎて自分の行為が良いことなのか悪いことなのかという判断がつかなくなってしまうこともあります。

自尊心が低い人の特徴:承認欲求が強い

自尊心が低い人は、承認欲求が強い傾向があります。

なぜならば、自尊心が低い人は自分自身で自分のことを認めてあげることができないからです。

そのため、他人から褒めたり認められたりすることを求めるようになり、自分の小さな努力や、やって当たり前の行動も褒めて欲しいという気持ちが前に出てしまうため、強く自分の行為をアピールしてしまいます。

このように、自分で自分のことを認めてあげることができない自尊心が低い人は、他人に自分のことを認めてもらうことで、自分自身の存在価値を見出そうとします。

自尊心が低い人の特徴:他人と自分を比較する

自尊心が低い人は、他人と自分を比較する傾向があります。

そして、他人よりも自分が劣っている部分ばかりを気になってしまうため、自分の方が優っている面を認めて褒めてあげることができなくなってしまいます。

たとえば、自分と同期入社の同僚のことは、自分と同じステータスであるということもあり、比較する対象になりやすいです。

さらに、その同僚が自分よりも業績が高かったり上司から気に入られていたりすると、すぐに同僚と自分を比較して落ち込んでしまいます。

このように、自分と他人をすぐ比較する人は、自分の個性を大切にすることができなくて、いつも比較対象者の後を追いかけて同じ行動や思考をする傾向があります。

自尊心が低い人の特徴:嫉妬心が強い

自尊心が低い人は、嫉妬心が強い傾向があります。

その理由は、自分で自分のことを認めることができない分、自分よりも優れている人や自分よりも称賛されている人に対して羨ましい気持ちを持ってしまうからです。

そして、その気持ちが募りすぎると嫉妬心となり、相手のことを妬んだり羨んだりする気持ちに変わってしまうのだと考えられます。

このように、自尊心が低い人は自分ができないことができる人のことばかりが目に入ってしまうため、自分よりも優れている人や人気がある人に対して嫉妬してしまいやすくなります。

自尊心が低い人の特徴:他人に干渉しやすい

自尊心が低い人は、他人に対して干渉しやすい傾向があります。

なぜかというと、自尊心が低い人は自分の良いところよりも、他人の優れている部分や褒められている部分ばかりが目に入ってしまうからです。

そのため、自分の比較対象者としている人の行動や発言に対しては、異常なほどに干渉してしまいやすいのだと考えられます。

たとえば、自分の彼氏の元カノが身近な存在である場合、自尊心が低い人は元カノに対して異常に干渉することで、元カノの性格や考え方を把握しようとします。

そして、彼氏が好きだった元カノの特徴を突き止めた上で、自分も元カノの仕草や趣味を真似しようとします。

このように、自尊心が低い人は比較対象者となる相手の真似をすることで、自分が羨む相手に少しでも近付こうとしていると考えられます。

自尊心が低い人の特徴:現実逃避する

自尊心が低い人は、すぐに現実逃避をしようとします。

そして、架空の世界やインターネットの世界の中にいることで、私生活の中でのストレスやプレッシャーから解放されようとしていると考えられます。

たとえば、上司から怒られてしまって自分の自尊心を保つことができなくなってしまうと、自尊心が低い人は怒られている自分をドラマの主人公に重ね合わせて現実逃避をしようとします。

このように、自尊心が低い人は辛い現実や向き合いたくない事実に向き合う時に、現実逃避をすることで自分の自尊心を保とうとする傾向があります。

自尊心が低い人の特徴:自分が嫌い

自尊心が低い人は、自分自身のことが嫌いな人が多いです。

なぜならば、自尊心が低い人は他人の良いところや優れている部分にばかり目がいってしまうため、自分は何もできない人間だと思い込んでいるからです。

そのため、自分の長所や優秀な部分が全くないと思っていますので、周りの人に比べて全てが劣っている自分自身のことを嫌いになってしまうのだと考えられます。

さらに、自尊心が低い人は自分に自信が持てないため、自己主張をすることができませんので、言いたいことを言えない自分に対しても嫌気がさしてしまうこともあるでしょう。

自尊心が低い人の特徴:自己否定が多い

自尊心が低い人は、自己否定をする思考が働きやすいです。

たとえば、仕事で小さなミスをしてしまい周りの人にカバーをしてもらうと、自己否定をしてしまう人は些細なことを間違える自分自身のことを否定してしまいます。

さらに、助けてくれる仲間がいることを喜ぶよりも、こんなことでミスを繰り返していたら、そのうち仲間はみんな自分から離れていってしまうというように、自分のことを責めるような考え方をしてしまいます。

このように、自尊心が低い人は何をする時でも自己否定をする考え方が強いため、自分が良いことをしたり褒められたりした時でも自分のことを認めてあげることができないのだと考えられます。

自尊心が低い人の特徴:自己主張が苦手

自尊心が低い人は、自己主張をすることが苦手な傾向があります。

なぜならば、自尊心が低い人は他人の意見に流されてしまいやすい性格をしているからです。

そのため、自分の考え自体を持っていないことも多く、職場の会議などで意見を求められた時でも自分自身の意見を言うことができずに、同僚や上司の意見に賛同するにとどまってしまうことが多いです。

このように、自尊心が低い人は自分の意見や意思が薄いため自己主張をすることができませんので、周りの人からは本心が分かりにくい中身がない人だと思われてしまいやすい性格をしています。

自尊心が低い人の特徴:精神的に不安定・情緒不安定

自尊心が低い人は、精神的に不安定な性格をしています。

なぜかというと、自尊心が低い人は自分自身のことを認めることも肯定することもできないからです。

また、他人から褒められたり称賛されたりしたことも、社交辞令だと思って聞き流してしまうため、他人の言葉から自分の存在価値を見出すこともなかなかできません。

そのため、自分自身でも他人からも肯定されない生活を続けていると、情緒不安定になってしまうのだと考えられます。

このように、自尊心が低い人は自分では自己肯定をすることは難しいですので、まずは相手から褒められたことは素直に受け止めて喜べるようになれると良いでしょう。

自尊心が低い人の特徴:人間関係がうまく構築できない

自尊心が低い人は、人間関係をうまく構築できない傾向があります。

なぜならば、自尊心が低い人は自分の意見や意思をしっかりと主張することができないからです。

そのため、周りの人からは何を考えているのか分からないため、接し方が分からないと思われてしまいやすいです。

また、自尊心が低い人はすぐに自分と他人を比較して落ち込んだり嫉妬心を抱いたりしてしまうため相手からすると、とても付き合いにくいと感じてしまうでしょう。

このように、自尊心が低い人は周りの人とうまく人間関係を構築することができないため、職場や学校の中でも孤立して浮いた存在になってしまうことも少なくありません。

自尊心が低い人の原因

自尊心が低い人の原因は、その人によっても異なりますが、育った家庭環境や過去のトラウマが関係している可能性が高いでしょう。

たとえば、親の過干渉の中で育った人は自分の意見をしっかりと持つことができなくて、いつも親の陰に隠れているような子供に育ってしまいます。

また、逆に親が過度の不干渉の環境で育った場合、何かで成果をあげても親から褒められた経験がないため、自分は何をしてもダメな人間なのだと思うようになってしまいます。

このように、育った環境や親の教育方針によって、子供の自尊心は高くなったり低くなったりしやすい傾向があります。

さらに、学生時代に受験で失敗したり就活で失敗したりした人は、今までに味わったことがない挫折に気持ちが耐えきれなくなって、自尊心が低くなってしまうことも少なくありません。

自尊心を高める方法

自尊心を高める方法は以下の通りです。

・人と比べない
・自分のやりたいことをやる
・自分の欲望を認める
・自分を好きになる
・褒め言葉を受け止める
・これまでの自分を振り返る
・嫌な人と付き合わない
・新しい環境に身を置く
・感情を素直に表現する
・小さな成功体験を積み重ねる

自尊心を高める方法:人と比べない

自尊心を高めるためには、自分と他人を比べることをやめるように心がけることが大切です。

なぜならば、自分と他人を比べると他人の良いところばかりが目について、自分の良いところには目を向けることができなくなってしまうからです。

そして、その結果、自分の悪い部分や至らない点ばかりが気になってしまい、自分は何をしてもダメな人間なのだと思うようになってしまいます。

ですので、自尊心を高めたいと思いましたら、まずは他人に干渉しすぎることなく自分の努力や成果にも目を向けるようにしてみましょう。

そうすることで、自分と他人を比べて劣等感を感じることもなくなるでしょう。

自尊心を高める方法:自分のやりたいことをやる

自尊心を高めるためには、自分のやりたいことを積極的にやるようにすると良いです。

たとえば、仕事でミスを重ねてしまい上司から怒られた時には、自分に自信をなくして自尊心が低くなってしまう可能性が高いタイミングですので、そのような時には家に帰ってから好きなものを食べたり趣味に没頭したりしてみると良いです。

そうしますと、仕事でのストレスや疲労を発散させることができるようになりますし、少しの時間でも自分がしたいことをすることは良い気晴らしになるでしょう。

このように、自分の自尊心を高めるためには自分が普段やりたくても我慢していることや時間がなくてできないことを、思い切ってやってみると気分が高まる可能性があります。

自尊心を高める方法:自分の欲望を認める

自尊心を高めるためには、自分の欲望を素直に認めると良いです。

なぜかというと、自尊心が低い人は自分がやりたいことや言いたいことがあっても、自分が行動をしても何も変わらないと思っているからです。

そのため、行動をする前から諦めてしまって、何も成果を得られないまま終わってしまうことも多いです。

そこで、自分の欲望は素直に認めて行動に移してみると良いでしょう。

そうしますと、欲望に対して成果を得た時や結果を残せた時には自尊心を高めることができますし、たとえ失敗してしまったとしても次回に活かすための経験としてプラスに考えることができるようになります。

自尊心を高める方法:自分を好きになる

自尊心を高めるためには、自分を好きになるような努力をすると良いです。

たとえば、自分が努力をした時には、たとえ成果を得られなかった時でも頑張った自分を褒めてあげられるようにしましょう。

また、自分の行動で結果を残した時や周りの人からは賞賛された時には、素直にその結果を受け止めて喜べるようになりましょう。

そうしますと、頑張った自分や成果を残した自分のことを好きになることができますし、自分の自信を持つこともできるようになります。

さらに、自分のことを好きになれるようになると、周りの人と会話をすることも楽しいと感じることができるようになり、対人関係とうまくいくようになってきます。

自尊心を高める方法:褒め言葉を受け止める

自分の自尊心を高めるためには、他人からの褒め言葉は素直に受け止めるようにすると良いです。

なぜならば、自尊心が低い人は自分に自信がないため、他人からの褒め言葉も社交辞令として受け流してしまうからです。

さらに、自分で自分のことを褒めてあげることもできないため、誰からも認めてもらうことができないと感じてしまうのだと考えられます。

そこで、自尊心を高めるためには、まずは他人からの褒め言葉を相手の本心として受け止めてみましょう。

そうしますと、自分に自信を持てるようになり、他人からの褒め言葉を素直に受け止めることができると同時に、自分でも自分自身のことを褒めてあげることができるようになります。

自尊心を高める方法:これまでの自分を振り返る

自尊心を高めるためには、これまでの自分を振り返ってみると良いです。

なぜかというと、自尊心が低い人は他人の成果ばかりが気になってしまい、自分の努力や成果を見逃してしまっていることが多いからです。

そのため、自分のせっかくの頑張りも見過ごしてしまっていて、他人の良いところばかりが目についてしまうのだと考えられます。

そこで、自尊心を高めるためには一度、今までの自分の行動を振り返ってみましょう。

そうしますと、自分が頑張ったことや努力したことを思い返せるようになり、過去の自分のことを褒めてあげることができるようになります。

自尊心を高める方法:嫌な人と付き合わない

自尊心を高めるためには、嫌な人とは付き合うことを極力、避けるようにすると良いです。

なぜならば、嫌いな人や苦手な人と関わることが増えると、相手の言葉や行動のひとつひとつに傷ついてしまうことが増えるからです。

ですので、自分の自尊心を下げることにつながる相手とは、できるだけ距離を取りながら関わるように心がけると良いです。

そうしますと、必要以上に傷つくことを言われたり、嫌なことをされたりすることもなくなり、自分に自信を持てるようになってくるでしょう。

自尊心を高める方法:新しい環境に身を置く

一度下がってしまった自尊心を高めるためには、新しい環境に身を置くことを考えてみると良いでしょう。

なぜかというと、人によっては自分自身が悪くなくても職場の環境や対人関係によって、自尊心を失われてしまう環境下に置かれている可能性もあるからです。

たとえば、必要以上に叱咤する上司がいる職場だったり、自分の功績を認めてもらえない職場だったりすると、いくら自分が努力を重ねて考え方を変えたとしても、自尊心を高めることはできません。

そこで、自分が変わることだけでは自尊心を高めることができないと判断しましたら、転職をしてみたり引越しをしてみたりすると良いでしょう。

そうしますと、自分を取り巻く環境も変わりますし生活が変化することで気分を一新することができて、自尊心を高めることができるようになります。

自尊心を高める方法:感情を素直に表現する

自尊心を高めるためには、その時の感情を素直に表現するようにすると良いです。

なぜならば、自尊心が低い人はあいてから褒められたり称賛されたりした時でも、素直に喜ぶことができないからです。

そのため、自分でも自分の頑張りを認めることができなくて、ネガティブ思考になってしまうと考えられます。

そこで、まずは相手から褒められた時には喜び、勝負に負けた時には悔しがれるように自分の気持ちに素直になってみましょう。

このように、自分の感情を素直に表現することで、自分自身の喜怒哀楽を感じることができるようになり、自尊心を高めることができるようになります。

自尊心を高める方法:小さな成功体験を積み重ねる

自尊心を高めるためには、大きな目標を掲げる前に小さな成功体験を積み重ねると良いです。

なぜならば、たとえどんなに小さい成果でも、成功体験をすることによって達成感を得ることができるとともに、自分の頑張りを自分自身で認めてあげることができるようになるからです。

ですので、まずは1日しっかりと仕事を頑張ったことや、家事を完璧にこなしたことを成功体験として認識してみましょう。

そうしますと、1日ひとつは成功体験を作ることができるようになり、そのような日々を積み重ねることで成功体験も積み重ねることができるようになります。