あなたは、ダメ人間だという自覚がありますか?

もし自覚がある方は悲観する必要はありません。

人は、誰でも良い部分もあればダメな部分もあります。

そのダメな部分を表面化させないように我慢したり改善させたりすることができない人がダメ人間になってしまいます。

ここでは、ダメ人間だという自覚がある方向けにダメ人間の特徴と人がダメ人間になってしまう原因、そして脱出方法を探っていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ダメ人間の特徴

ダメ人間の特徴は以下の通りです。

・やる気が起きない
・依存症
・ニート
・体型管理ができない
・ちょっとの手間を惜しむ
・ネガティブな事しか言わない
・人によって態度を変える
・仕事ができない
・働くことが嫌い
・お酒にルーズ
・常に他力本願
・お金にルーズ
・人の話を聞かない
・物事を継続できない
・時間にルーズ

ダメ人間の特徴:やる気が起きない

仕事ができないダメ人間は、何をしていてもやる気が起きない傾向があります。

そのため、何をしても集中することができなくて、挑戦してみたとしてもやる気が出る前にすぐに飽きてやめてしまう飽き性な一面もあります。

このように、物事に対してやる気が起きない人は、仕事をする気も人と関わる気も起きないため、仕事もまともにすることができずに孤立してしまうことも少なくありません。

また、ひどい場合には仕事に就く気すら起きずに、ニートから脱却できないような人も多いでしょう。

ダメ人間の特徴:依存症

1人では何をすることもできないダメ人間は、人や物に対して強い依存をしてしまう傾向があります。

たとえば、彼氏に対して依存しすぎている人は一日中、彼氏のことばかりを考えていて仕事や勉強に身が入らないことも頻繁にあります。

そのため、彼氏から連絡がこなかったり彼氏と喧嘩してしまったりしただけで、他のことが手につかなくなって、仕事でミスを連発したり周りの人に迷惑をかけたりしてしまいがちです。

このように、何かに対して依存してしまっている人は、依存している物や人に自分の気持ちを左右されてしまうことが多いため、1人では何もできなくなってしまうことも少なくありません。

ダメ人間の特徴:ニート

周りの人からダメ人間だと思われてしまう人の大きな特徴の1つに、ニートであることが挙げられます。

なぜならば、ニートを続けているということは、本人には収入がなく他人に養ってもらっている可能性が高いからです。

たとえば、社会人になってからずっとニートの人は、大人になってからも家に引きこもって親のすねをかじって生活をしていることが多いでしょう。

また、高収入の恋人と付き合いだした途端にニートになった人は、恋人の収入に依存していると考えられます。

このように、親や恋人の収入に頼って自分自身では働く努力をしないニートは、甘えた気持ちばかりが強くなるダメ人間だと思われてしまいやすいです。

ダメ人間の特徴:体型管理ができない

周りの人からダメ人間と思われやすい人は、体調管理がしっかりとできない傾向があります。

なぜかというと、体型を管理するためにはバランスの良い食事と適度な運動、そして日頃から規則正しい生活を送っていることが必要だからです。

そのため、自分が好きなだけ食べて運動もしないでゴロゴロとしているような人や、次の日が仕事でも平気でゲームやインターネットをしていて夜更かしをしてしまうような人は、だらしない生活が体型としてすぐに表れてしまいます。

このように、人の体型はその人の生活習慣を形として表すことが多いですので、体型をしっかりと管理できない人は、普段の生活もだらしないダメ人間だと思われてしまいやすいです。

ダメ人間の特徴:ちょっとの手間を惜しむ

物事を成し遂げられないダメ人間は、ちょっとの手間を惜しむ傾向があります。

なぜならば、ダメ人間は面倒くさがりな性格をしているため、生活や仕事に支障が出ないある程度の行為しかしないからです。

そのため、あとちょっとの手間を加えたなら非常に良い仕事になるのに、その手間を惜しんでしまいミスや間違いを連発してしまって怒られてしまうことも少なくありません。

たとえば、書類を作る仕事を任せられた際に、ダメ人間は頼まれた内容を元に書類を作成しますが、最後の確認を怠ってしまうため誤字脱字を連発してしまいます。

このように、ダメ人間は早く仕事を終わらせようとして、ちょっとの手間と時間を惜しむため、せっかく良い仕事をしていても怒られる結果になってしまいます。

ダメ人間の特徴:ネガティブな事しか言わない

前向きに物事を考えられないダメ人間は、ネガティブな事しか言わない人が多いです。

たとえば、友人とテレビを見ている時に流行りの芸能人が出ていて、友人がカッコいいと言っている時に、ダメ人間は『でも性格が悪そう』とか『顔だけで話し方はイマイチ』というようにネガティブな面ばかりを指定します。

このように、ネガティブな事ばかりを言われると一緒にいる人は楽しくなくなってしまいますし、自分の発言を否定された気持ちになってしまうでしょう。

また、特に人に対してネガティブな印象ばかりを持つ人は、自分のことばかりを考えて他人の良いところを見てあげることができないダメ人間である可能性が高いです。

ダメ人間の特徴:人によって態度を変える

社会の中でダメ人間だと思われてしまいやすい人は、人によって態度を変える人です。

なぜならば、人によって態度を変える人は八方美人な一面があり、誰に対しても良い顔をして自分の意思が全くない場合が多いからです。

たとえば、同僚や部下と一緒に上司の悪口を言っていたとしても、いざ上司を目の前にするとダメ人間は上司にゴマをするような態度をとって、上司からも気に入られようとします。

さらに、ひどい場合には同僚や部下と話していた悪口を、上司本人に告げ口することで自分の株を上げようとするような行為も平気でしてしまいます。

このように、人によって態度や言うことを変える人は、その場は上手くしのげても後から自分の本性がバレると周りの人から嫌われてしまい孤立しやすい性格をしているでしょう。

ダメ人間の特徴:仕事ができない

職場の中でダメ人間だと思われてしまいやすい人は、とにかく仕事ができない傾向があります。

たとえば、営業の仕事に就いているにもかかわらず、自分1人では契約を1つも取れない人や、接客業をしているのに他人と会話することが苦手な人は、仕事仲間やお客さんに迷惑をかけてしまうダメ人間だと思われてしまうでしょう。

さらに、自分が仕事ができないという自覚をしていない人は自ら改善する努力をしないため、より一層ダメ人間だと思われてしまいやすいです。

このように、仕事ができない人は職場の中ではダメ人間だという位置付けになってしまい、周りの人からいじめられたり嫌がらせを受けたりして仕事を辞めるのを促されてしまうことも少なくないでしょう。

ダメ人間の特徴:働くことが嫌い

仕事をしないダメ人間、働くことが嫌いである傾向があります。

なぜならば、職場で働くということは必ずしも自分がしたいこととは異なることをして、怒られたり注意されたりすることもあるからです。

そのため、やりたくもないことをやることで怒られることをバカくさいと思ってしまう人は、働くことで達成感や充実感を感じることができなくて仕事が嫌いになってしまいます。

このように、働くことが嫌いな人は嫌なことがあると平気で仕事を辞めて、親のすねをかじったり誰かに依存したりしてしまうダメ人間になってしまいやすいです。

ダメ人間の特徴:お酒にルーズ

プライベートでダメ人間になってしまう人は、お酒にルーズな傾向があります。

たとえば、自分が飲めるお酒の量を把握しきれていなくて、飲み会のたびに吐いてしまったり、自分が酔っていることに気づけなくて酒癖が悪くなるほど飲んでしまったりする人は、周りの人に迷惑をかけてしまうダメ人間だと言えるでしょう。

そのため、お酒にルーズな人は友人からも職場の仲間からも飲み会に誘いたくないと思われてしまうことが多く、自分1人が仲間の輪に入れてもらえなくて孤立してしまうことも少なくありません。

このように、お酒にルーズな人は日頃から生活自体がルーズである傾向があり、時間やルールも守れないためダメ人間だと思われてしまうことが多いでしょう。

ダメ人間の特徴:常に他力本願

自分の力で何もする気がないダメ人間は、常に他力本願である傾向があります。

そのため、自分では何一つ努力をすることもなく、他人の力にぶら下がって頼りきって生活をしていることが多いです。

たとえば、自分よりも収入が多い彼女を持っている人は、仕事で嫌なことがあると平気でその日のうちに仕事を辞めてしまい、彼女の収入に頼りきった生活をしようとします。

さらに、彼女の収入だけで生活ができると判断すると、新しく仕事を探すことすらしないでニートを続けてしまいます。

このように、常に他力本願で生きている人は、いざひとりぼっちになり誰も助けてくれない状況になると、路頭に迷うほど自立できていない人も少なくありません。

ダメ人間の特徴:お金にルーズ

自己管理ができていないダメ人間は、お金に対して非常にルーズな一面があります。

たとえば、お金にルーズな人は自分の収入に見合わないような買い物をしたり高級料亭に行ったりしてしまいます。

さらに、お金にルーズな人は自分の欲求に収入がついてこなくなると、返済のことなど考えないで平気で借金をしてしまうことも多いです。

そのため、気付いた時には自分の力では返済できないほどの借金を抱えて、親や恋人を頼ってお金を返してもらうことも少なくありません。

しかし、このようなお金にルーズな人は一度でも他人を頼って借金を返済してもらった経験があると、再び同じことを繰り返して周囲に迷惑をかけてしまうダメ人間になってしまいます。

ダメ人間の特徴:人の話を聞かない

仕事がうまくいかないダメ人間は、人の話をしっかりと聞くことができません。

そのため、上司からの指示や同僚との待ち合わせ時間を聞いていなかったり聞き流したりしていて、いざ仕事をする時にどうしたら良いか分からなくなって周りの人に迷惑をかけてしまうことが多いです。

また、人の話を聞かないダメ人間は他人の話を聞かないで自分の話ばかりをする傾向があります。

そのため、自分勝手で相手の主張を聞き入れようとしない自己中心的な性格だと思われてしまうことも多いです。

ダメ人間の特徴:物事を継続できない

すぐに物事に飽きてしまうダメ人間は、物事を継続することができない人が多いです。

たとえば、流行りのダイエット用品を通販で買っても、物事を継続することができない人は数日お試し程度にやったきり、ダイエットを忘れたかのようにせっかく買ったダイエット用品も押入れにしまいこんでしまいます。

さらに、ダイエット用品をしまってしまうと痩せることすら脳裏から消えてしまい、ここ数日ダイエット用品を使って運動をしたからといって、必要以上に食べたいだけ食事をしてしまいます。

そのため、ダイエットを始める前よりも太ってしまうこともよくあり、一つのことを継続できずに次々と新しいことに目移りするため、成果を上げることができないダメ人間になってしまいます。

ダメ人間の特徴:時間にルーズ

周りの人に迷惑をかけてしまうダメ人間は、時間にルーズな人が多いです。

たとえば、時間にルーズな人は友人との待ち合わせの時間にも、平気で1時間以上遅刻することは珍しくありません。

さらに、ひどい時には待ち合わせの時間が過ぎてからドタキャンをすることも多く、このように時間にルーズな人は遅刻したりドタキャンすることになったりしたとしても、申し訳ないという気持ちが薄いため相手に対して心から謝ることができません。

また、ダメ人間は時間だけではなくお金や人間関係に対してもルーズな一面があり、物事にルーズな自分の性格が他人に迷惑をかけるということを自覚していないため、いつまで経っても自分のルーズな性格を改善できないのだと考えられます。

ダメ人間になる原因

周りの人に迷惑をかけてしまうダメ人間になる原因は、その人の性格や考え方によっても変わりますが、多くの場合が育った環境にあると考えられます。

たとえば、親からの過干渉を受けていた経験がある人は、親が決めたレールの上を走っていた可能性が高いですので、何一つ自分の判断で物事を考えることができません。

また、逆に親が不干渉の環境で育ったとしても、自分は社会に出てからどのようにするべきなのかということが分からなくて、ニートになってしまったり他人にお金をせびるような人になってしまったりすると考えられます。

このように、ダメ人間になってしまう原因には、幼少期に見本となる大人の態度や行動が大きな影響を与えると言えるでしょう。

ダメ人間を脱出する方法

ダメ人間を脱出する方法は以下の通りです。

・やれることリストを作る
・ハードルを下げる
・ダメで良いと受け入れる
・セルフイメージを変える
・まず行動する
・完璧主義をやめる
・習慣を変えきる
・運動を毎日する
・本を読む
・ちゃんとした人になると思う
・自分を信じる
・言い訳しない

ダメ人間を脱出する方法:やれることリストを作る

ダメ人間である自分から脱出するためには、今やれることをリストにして作ってみると良いです。

なぜならば、頭で考えているよりも文字に起こして書いたことを目で見ることで初めて、自分がやらなくてはならないことを真面目に考えることができるようになるからです。

ですので、作文のように難しく書かなくてもまずは思いついたことから箇条書きにして、いくつか書き出してみましょう。

そして、自分がこなしやすいことから徐々に行動に移していくことで、自分がやるべきことのハードルを少しずつ上げていくことができます。

そうすることで、無理をすることなく段階を踏んでダメ人間から脱出する方法を自分の手で見出していくことができるでしょう。

ダメ人間を脱出する方法:ハードルを下げる

ダメ人間である自分から脱出するためには、目標や目的のハードルを下げてみるとよいです。

なぜかというと、ハードルが高すぎると今の自分の力量では挑んだところで成果をあげることはできないと、自分自身で諦めてしまうからです。

そして、その結果、何も行動に移さないまま失敗することを恐れて、挑戦することをやめてしまうのだと考えられます。

そこで、まずはすぐに達成できる簡単な目標や目的を作ってみましょう。

そうすることで、一つのことを達成することの喜びや楽しさを実感することができるとともに、自分も行動をしたら出来ることがあるのだということを理解することができます。

このように、一度、高すぎるハードルを下げてみて、自分の力量に合わせて徐々にハードルを上げていくことで、最終的に自分が本当に達成したかった目標や目的を成し遂げることができるようになります。

ダメ人間を脱出する方法:ダメで良いと受け入れる

ダメ人間である自分を脱出するためには、時にはダメで良いと自分自身のことを受け入れてあげることも大切です。

このように自分のことをダメで良いと受け入れる必要がある人は、あまりに頑張りすぎている人や努力が実らなくて自分自身を追い詰めてしまっている人です。

なぜならば、このように努力が実を結ばない人は、自分の力量に対する目的や目標が高すぎる可能性があるからです。

そこで、自分はその目標を持つには足りない人間なのだということを、自分自身で受け入れて目標を変えることで、過度のストレスや疲労から解放されることができるようになるでしょう。

ただし、努力もしないまま『自分はダメ人間だから』ということを口実に、今の生活を改善させる気がない人は、いつまで経ってもダメ人間から脱出することはできないでしょう。

ダメ人間を脱出する方法:セルフイメージを変える

ダメ人間である自分から脱出するためには、セルフイメージを変えてみると良いです。

セルフイメージとは、自分はこのような人間であるということを自分自身に印象付けた自己像のことを指します。

そのため、自分はダメ人間だというセルフイメージを持っている人は、行動や考え方もダメ人間になってしまいます。

しかし、逆に自分は努力をしたらなんでも出来る人間だというセルフイメージを持つと、何事にも努力をして立ち向かうことが出来る性格になる可能性があります。

このように、セルフイメージを変えることで、自分の性格や考え方を簡単に変えることが出来るため、ダメ人間である自分を変えたいと思いましたら、有能な自分をセルフイメージとして持ってみると効果的でしょう。

ダメ人間を脱出する方法:まず行動する

ダメ人間である自分を改善させるためには、深く物事を考えないでまずは行動をするように心がけてみると良いです。

なぜかというと、ダメ人間は物事に挑戦する前から考えることだけが先行してしまい、よくないイメージや悪い結果を想像してしまうからです。

そうしますと、挑戦する前から『どうせ自分はできない』という考え方をしてしまい、物事に挑む気持ちすら持つことができなくなってしまいます。

ですので、まずは何も考えないで行動に移すように心がけてみましょう。

すると、今まではできないと思っていたことが簡単にできるようになったり、たとえ失敗してしまっても失敗から学ぶことができたりするでしょう。

ダメ人間を脱出する方法:完璧主義をやめる

ダメ人間である自分を改善させるためには、完璧主義をやめることも大切になります。

なぜならば、完璧主義な人はひとつの事柄を成し遂げることだけに気を取られすぎて、他のことや周囲の人のことを気にかけることができなくなってしまうからです。

たとえば、仕事に対して完璧を求める人は、職場の中では非常に頼りになる存在かもしれませんが、仕事に追われて休日出勤や残業続きの毎日ですと、家族からの信頼は失われていく一方になってしまいます。

そして、仕事仲間からは素晴らしい完璧な人だというイメージを持たれる一方で、家庭の中では『ダメな夫』とか『ダメな父親』という位置付けをされてしまいます。

このように、完璧主義な性格のせいで気付かないうちに見えない部分を疎かにしてしまっている可能性は高いです。

ですので、ひとつのことに集中してきっちりとこなすことは大切ですが、時には自分の身の回りのことも気にして、本当に守らなくてはならないものは何かということを考える時間を設けることも大切です。

ダメ人間を脱出する方法:習慣を変えきる

ダメ人間から脱出するためには、生活習慣を変えることが大切です。

たとえば、朝は目が覚めた時間に起きたり、夜も眠くなった時に寝るというような習慣を持って生活をしていると、時間にルーズになったり物事に対して集中力が無くなったりしてしまいます。

そうしますと、友人との約束を守れなかったり仕事に遅刻したりするような信用のないダメ人間になってしまう可能性が高くなります。

そこで、ダメ人間から脱出するためには朝は決まった時間に起きて、夜もスマホやテレビをみる時間を決めて、寝る時間をしっかりと設けるようにすると良いです。

また、食生活も1日3食バランスよくとるようにして、適度な運動を心がけるようにすると夜もよく眠れて朝にスッキリと起きられる体づくりをすることができます。

このように、ダメ人間を脱出するためには他人の力を借りることなく、自分の力で生活習慣を変える必要がある場合もあります。

ダメ人間を脱出する方法:運動を毎日する

ダメ人間から脱出するためには、適度な運動を毎日するように心がけると良いです。

たとえば、仕事終わりに毎日3キロのウォーキングやジョギングをすると決めて、しっかりと自分で距離も測るようにすると良いです。

このように、運動を毎日するように心がけるようにすると、気分もスッキリとして明るい気持ちになることができます。

さらに、適度な運動が習慣化すると物事を長続きさせることが苦手なダメ人間の性格を改善させることもできるようになります。

そうしますと、毎日の運動だけではなく仕事やダイエットなども、自然に長続きさせることができるようになってくるでしょう。

ただし、人によって運動量や方法は異なりますので最初は軽めの運動から始めて、自分に合った運動量や方法を見つけていくようにすることが、毎日の運動を長続きさせるための大切なコツになります。

ダメ人間を脱出する方法:本を読む

ダメ人間から脱出するためには、本を読んでみると良いです。

なぜならば、小説や自伝のような本を読むと作者の考え方や価値観を感じ取ることができるからです。

そうしますと、ダメ人間である自分とは真逆の立派な考え方や生き方を学ぶことができ、自分はこのままではいけないのだということに気づくことができます。

そのため、自分がダメ人間であるという自覚がある人が読む本は、偉人の自伝や伝記などがおすすめです。

このように、ダメ人間から脱出したいと思いましたら、自分が尊敬する人や世界に革命を起こした人などの著書を、毎日少しずつ読み続ける癖をつけると、偉人の考え方や価値観を学ぶとともに、物事を長続きさせる能力を養うことにもつながるでしょう。

ダメ人間を脱出する方法:ちゃんとした人になると思う

ダメ人間である自分を改善させたいと思ったら、ちゃんとした人になろうという気持ちを強く持つことが大切です。

そして、具体的にどのように自分を改善させるかということを、自分自身で考えることができるようになったら、自分の力でダメ人間から脱出することができるようになるでしょう。

たとえば、ちゃんとした人になるためには時間やお金にルーズな面を直そうとか、まずは就職しようというように具体案を出すことができると良いです。

また、この時、ちゃんとした人になるために自分がするべきことを一度、紙に書き出してみると良いです。

そうしますと、自分が行動を起こすべき事柄を把握することができ、優先順位を考えながらひとつひとつの問題を解決していくことができるようになります。

ダメ人間を脱出する方法:自分を信じる

ダメ人間である自分から脱出するためには、自分のことを信じてあげることも大切です。

なぜならば、ダメ人間の中には『自分は何をしてもダメな人だ』と、何をする前から自分自身を蔑んでしまっているような人もいるからです。

このような人は、過去に大きなミスをしたり挫折を経験したりしたことがきっかけで、挑戦することを恐れている可能性があります。

そこで、過去のミスや挫折のことは気にしないようにして、自分はやればできる人間なのだというように自分自身に言い聞かせてみると良いでしょう。

そうしますと、自分に自信を持てるようになりますし、過去のミスや挫折も新しい自分を見出すための材料として活かすことができるようになるでしょう。

ダメ人間を脱出する方法:言い訳しない

ダメ人間である自分から脱出するためには、言い訳をすることをやめることが大切です。

たとえば、仕事でミスをしてしまい上司から怒られている時に、自分が悪いと自分自身で分かっていても怒られたくないという一心で言い訳をしてしまう人は少なくありません。

さらに、ひどい場合には他人に責任転嫁して自分は責任逃れしてしまうような人もいます。

ですが、このような人はいつまで経っても自分のミスを自分で対処することができない、他人に甘えきったダメ人間になってしまいます。

そこで、まずは自分のミスを素直に認めて謝罪できるような人になりましょう。

そうしますと、言い訳をした時よりも周りの人からの反応も優しくなり、ミスを自分の力で対処しようとすることで周囲の人からの信頼を得ることができるようになります。