素直な人は誰からも好かれる。

分かっていても素直になれなかった経験はありませんか?

いつでも素直で可愛らしい人になりたいと思う人も多いでしょう。

しかし、意地やプライドが邪魔をしてなかなか素直になれないと感じているみなさんは必見です。

ここでは、素直な人の詳しい特徴を学んだ上で、あなた自身が素直になる方法を詳しく紹介をしています。

気になった方は、ぜひ読み進めてみてください。

素直な人の特徴

素直な人の特徴は以下の通りです。

・人を疑わない・騙されやすい
・言われたことをそのままやる
・反論しない
・聞き上手
・仲良くなりやすい
・自分の気持ちに正直・本音を言う
・顔に出る
・感謝の気持ちを持っている
・嘘をつかない
・間違いをすぐに認める・自分の非をすぐに認める
・融通が利かない
・嫌味がない
・偏見を持たない
・子供っぽい
・天然

素直な人の特徴:人を疑わない・騙されやすい

素直な人は、他人のことを疑うことがほとんどありません。

そのため、周りの人から騙されやすい傾向があります。

たとえば、素直な人はその日がエイプリルフールだと分かっていても、友人からの嘘や冗談を真に受けて心の底から信じてしまいます。

さらに、素直な人は金銭面や恋愛面でも騙されやすいことが多く、知り合いにお金を貸したきり上手に言い訳をされて返してもらえなかったり、結婚詐欺に遭ったりしてしまうことも少なくありません。

このように、素直な人は相手のことを疑おうとはしないため、気付いた時には取り返しがつかないことになってしまうことも多いです。

素直な人の特徴:言われたことをそのままやる

素直な性格の人は、相手に言われたことをそのままやる傾向があります。

なぜならば、素直な人は相手の言葉をそのままの意味で受け止めるからです。

そのため、相手が上手な言い回しをしたり直接的な言い方をしなかったりすると、素直な人と相手との間に温度差が生まれてしまい、本当にお願いされたことができなかったり余計なことをしてしまったりすることも少なくありません。

たとえば、素直な人は残業を労った上司から『これでコーヒーでも買って頑張ってくれ』と言われて千円を渡されると、飲めもしない缶コーヒーを千円分きっかりと買ってしまいます。

このように、素直な人は相手からの気遣いや社交辞令をそのままの意味で捉えてしまうため、自分も相手も望まない結果になってしまうことも少なくありません、

素直な人の特徴:反論しない

素直な性格の人は、相手の意見に対して反論することはほとんどありません。

なぜかというと、素直な人は相手から言われたことを鵜呑みにしてしまう傾向があるからです。

たとえば、仕事の方針で同僚と話し合うことになった時、自分の方針に対して同僚から反論されると、素直な人は自分の意見を押し通すことなく同僚の意見に理解を示して賛同してしまいます。

そのため、その場は丸く収まることが多いですが、素直な人の良い意見や主張が反映されにくいため、良い話し合いができたとは言いにくいでしょう。

また、素直な人は人と言い合いになった時に反論しないで相手の意見に賛同することが多いですので、人と話すたびに自分の意見がコロコロと変わってしまうことも多いです。

このように、素直な人は相手の話を素直に聞き入れてしまいすぎて、自分の意思をしっかりと持つことができなくなってしまいやすいです。

素直な人の特徴:聞き上手

素直な性格の人は、聞き上手な一面があります。

なぜならば、素直な人は相手の意見をしっかりと聞き入れて共感してあげることができるからです。

そして、話を聞いている間もやたらと意見したり反論したりしないで、『うん、うん』と相槌を打ちながら聞いてくれるため、相手からすると非常に話しやすくて気分良く会話を進めることができるでしょう。

このように、素直な人は他人の話を聞くのが非常に上手で、相手にも好感を持たれることが多いですので、自己主張が強い友人や話好きの上司などから非常に好かれる傾向があります。

素直な人の特徴:仲良くなりやすい

素直な性格の人は、周りの人とも仲良くなりやすい性格をしています。

なぜならば、素直な人は相手から話しかけられたり仲良くなれたりすると、嬉しい気持ちを相手に伝わるほど全面に出して表現するからです。

そのため、勇気を出して話しかけてきた人からすると、話しかけてよかったというような気持ちになれるでしょう。

また、素直な人は嘘をついたり誤魔化したりすることもありませんので、一緒にいて信頼できる友人だと思われることが多いです。

このように、素直な人の実直で人懐っこい性格は、仕事でもプライベートでも周りの人から好かれることが多く、素直な人の周りにはいつも人が集まってくる傾向があります。

素直な人の特徴:自分の気持ちに正直・本音を言う

素直な性格の人は、自分の気持ちにも正直に生きることができます。

なぜならば、素直な人はいつでも嘘偽りのない本音を言うことが多いからです。

ですので、自分にも他人にも嘘をつくことができなくて、隠したいことや誤魔化したいことがあっても物事を正直に言うことを優先させようとします。

たとえば、素直な人は好意を抱いている女性とデートをすることになった際に、自分がバツイチであるという事実を言ってしまうと嫌われる可能性があるということを分かっていながら、自分にも相手にも嘘をつくことができずに正直に事実を話します。

そのため、時には事実を知って遠のいてしまう人もいるかもしれませんが、多くの人は素直な人の嘘をつかない性格に惹かれて好感を持ってくれることでしょう。

素直な人の特徴:顔に出る

素直な性格の人は、自分の感情が顔に出やすい傾向があります。

たとえば、恋人とデートができて嬉しいと感じている時には、ポーカーフェイスを装っていても目元や口元が緩んで、自然と笑顔の表情になります。

また、部下がミスをしてしまった時には、ミスは誰にでもあるから仕方がないことだとわかっていながらも、自分の仕事が増えて残業になってしまったことへの残念な気持ちが表情に出てしまいます。

このように、素直な人は感情を隠そうとしても表情に出てしまうため、悲しみや怒りの表情が出てしまった時には、言葉にしない分だけ相手に気を遣わせることになってしまうでしょう。

素直な人の特徴:感謝の気持ちを持っている

素直な性格の人は、いつでも周りの人に対して感謝の気持ちを持って生活をしています。

なぜならば、素直な人は相手からの気遣いや好意を素直に受け止めることができるからです。

そのため、どんなに些細なことでも相手にしてもらったことに対しては『ありがとう』という気持ちを持つことができますし、タイミングがあったらしっかりと感謝を言葉にして相手に伝えることができます。

このように、素直な人は相手に対する感謝の気持ちを忘れませんので、一緒にいる人からすると、とても気分が良くてもっと何かしてあげたいという気持ちになることでしょう。

素直な人の特徴:嘘をつかない

素直な性格の人は、嘘をつくことはまずあり得ません。

なぜならば、素直な人は自分にも相手にも常に正直に生きているからです。

そして、嘘をつくことで得をすることや相手を蹴落とすくらいなら、自分が損をした方が良いと考えている傾向があります。

そのため、どんなに自分が不利な状況になったとしても素直な人は嘘をつくことなく、物事を正直に伝えようとします。

たとえば、素直な人は取り返しがつかないようなミスをしてしまい、会社に多大な損害を出してしまったとしても、嘘をついたり責任転嫁したりすることなく、しっかりと自分で責任を受け止めて謝罪することができます。

ですので、このような姿勢が相手に好感を与えることも多く、損害を出してしまったけれど素直にミスを認めて謝罪したことによって上司から許しを得ることができることも少なくありません。

素直な人の特徴:間違いをすぐに認める・自分の非をすぐに認める

素直な性格の人は、自分の間違いや非をすぐに認めることができます。

そして、自分の間違いや非を正直に認めた上で、しっかりと謝罪することができます。

ですので、このような素直で正直な対応が好感を持たれて、本当なら簡単には許すことができないようなミスも、素直な謝罪に免じて許してもらえることも多いです。

たとえば、グループでのプロジェクトに参加して仕事をしていた際に、自分のミスによって問題が生じたとしても、正直なところ誰がミスをしたかということは、はっきりと分からないこともあるでしょう。

ですが、このような時でも素直な人は自分がミスをした可能性がある場合には、しっかりその旨を周りの人に伝えて謝罪します。

そして、自分でミスを挽回するような努力を惜しみませんので、周りの人は素直な人のミスによって迷惑を被ったとしても、その後の対応を評価して許してあげることができるのでしょう。

素直な人の特徴:融通が利かない

素直な性格の人は、物事に対する融通が利かない部分があります。

なぜならば、素直な人は相手から言われたことは言われた通りにしか進めることができないからです。

そのため、常識やマニュアルなどにとらわれすぎる部分があり、その場に応じた臨機応変な対応をすることができないことが多いです。

たとえば、融通が利かない人は接客業で商品の返品を求められた時に、たとえ商品が不良品だったり不備があるものだったりしたとしても『基本的に返品は受け付けてない』という会社のマニュアルに沿って、返品を断ってしまいます。

そのため、このような柔軟性のない対応に、お客さんからはクレームを受けてしまうことも多いです。

このように、素直な性格の人は融通が利かない性格をしていますので、緊急事態の時や想定外のトラブルが起きた時などには戸惑ってしまうことも少なくありません。

素直な人の特徴:嫌味がない

素直な性格の人には、話していても嫌味がありません。

なぜかというと、素直な人は思ったことはストレートに相手に伝えるからです。

そのため、相手に言いたいけれど言いにくいことを遠回しに言って、回りくどく言おうとすることがありませんので、嫌味ったらしさがないのだと考えられます。

たとえば、素直な人は同僚が奇抜な格好をしていると、普通の人なら『変わったファッションだね』というような言い方をするところを、『その服、変だよ』というように、はっきりと思ったことをそのまま言います。

ですので、素直な人のストレートな言葉に傷ついてしまう人もいますが、嫌味がない言い方に好感を持つ人も多いでしょう。

素直な人の特徴:偏見を持たない

素直な人は、相手がどのような人であっても偏見を持つことはありません。

なぜかというと、素直な人は相手の存在をそのまま受け入れることができるからです。

そのため、誰に対しても偏見を持って差別したり仲間はずれにしたりすることなく、他の人と同じように接してあげることができます。

たとえば、素直な人は職場に障がいを持った人が入ってきたとしても、差別したり偏見を持ったりすることなく、他の同僚たちと同じように話したり仕事したりすることができます。

さらに、障がいを持った仕事仲間に対して進んで仕事を手伝ってあげたり助けてあげたりする優しい一面もあります。

このように、素直な性格の人は誰に対しても偏見を持つことなく平等に接することができますので、誰からも厚い信頼を寄せられることができるでしょう。

素直な人の特徴:子供っぽい

素直な性格をしている人は、子供っぽい性格をしています。

なぜならば、素直な人は大人になっても純粋な心を持ち続けているからです。

そのため、素直な人は自分の感情に素直になることができますので、嬉しい時には喜び、悲しい時には気が済むまで涙を流します。

たとえば、普段はしっかりと仕事をしている頼り甲斐がある恋人が、家では夕飯のハンバーグに喜んだり、長時間のゲームを怒られたことにいじけたりする子供っぽい一面を見せると、守ってあげたい気持ちを感じることもあるでしょう。

このように、素直な人の子供っぽい性格は周りの人から可愛らしくて好感を持たれることが多いでしょう。

素直な人の特徴:天然

素直な性格の人は、天然な一面があります。

なぜならば、素直な人は思ったことや感じたことを空気を読まないで言ってしまうことが多いからです。

そのため、悪気なく相手に失礼なことを言ったり、やってはいけないことをやってしまったりすることも少なくありません。

たとえば、上司の髪が薄いことを職場のみんなが気づいていながら、誰も口にはしないように気遣っていたにもかかわらず素直な人は、ふとした時に『最近、髪が薄くなりました?』というように、思ったままに口にしてしまいます。

このような言葉は、普通ですと相手を嫌な気分にしたり怒らせたりしてしまうことが多いですが、素直な人の天然な性格を知っている人からすると、悪気がないのだろうと思われることが多く、失礼な発言を許してもらえることが多いでしょう。

このように、天然な性格は普通は怒らせてしまうような発言も、その場を和ませて笑いに変えてくれる不思議な雰囲気を持っています。

素直になるには

素直になるには以下の方法が効果的です。

・自分を見つめなおす
・ストレートに感情を表現する
・我慢せず怒ってみる
・自分の直感にしたがう
・本音を話せる友達を見つける
・感謝を言葉に出す・感謝の言葉を伝える
・嘘をつくなど騙そうとしない
・人の話を受け入れる
・相手を信じる

素直になるには:自分を見つめなおす

素直になるためには、自分を見つめなおすところから始めると良いでしょう。

すると、自分に対して正直になることで他人に対しても素直で嘘偽りのない行動をとることができるようになります。

そのためには、まず普段の自分の発言や行動を思い返してみましょう。

そして、他人に対して嘘をついたり誤魔化したりしたことがあったなら、なぜそのようなことをしたのかということを考えてみると良いです。

そうすることで、自分が素直になれない原因や理由を自分で考えることができて、その問題点を解決することで自分にも他人にも素直な人になることができるようになるでしょう。

素直になるには:ストレートに感情を表現する

素直な人になるためには、ストレートに感情を表現すると良いです。

なぜならば、素直で正直な人は自分が感じたことや思ったことはすぐに表情にも言葉にも出やすいからです。

ですので、自分も素直な人になりたいと思ったら、嬉しい時には心から喜び悲しい時には大げさなほど思いっきり泣いてみましょう。

また、怒りを感じた時には我慢しないで思いっきり怒ったり、言いたいことを言ったりすることも時には大切です。

そうすることで、自分の感情に素直になることができて、感じたことも正直に表現できるようになるでしょう。

そして、自分の感情をストレートに表現することができるようになることで、自分の気持ちもスッキリとしますし周りの人も感情表現豊かな人だという印象を持ってくれるようになるでしょう。

素直になるには:我慢せず怒ってみる

素直な性格になるためには、怒りたい時には我慢せずに怒ってみると良いです。

たとえば、友人から嫌味を言われたり嫌がらせをされたりしていても、これ以上いじめられるのが怖いからといって怒ることもなく愛想笑いをしてばかりいると、嫌だという気持ちを相手に伝えることができません。

怒ると相手は委縮してしまい、友人関係が壊れてしまうこともあるかもしれません。

ですが、何もしないでいると相手も図に乗ってしまい嫌がらせがひどくなっていく一方になる可能性も高くなります。そんなやり取りをしなければならない友人関係なんて壊れても問題ありません。他に友人を作ればいいのです。

そこで、言われて嫌なことやされて嫌なことは、相手にはっきりと伝えるようにしましょう。

そして、それでも相手が嫌がらせをやめてくれない場合には、思い切って怒りの感情を表して相手に自分の気持ちをぶつけてみましょう。

そうすることで、自分の気持ちに素直になることができて、相手の行動や発言が嫌だということを、はっきりと相手に主張することができるでしょう。

素直になるには:自分の直感にしたがう

素直な性格になるためには、自分の直感にしたがってみると良いです。

なぜならば、自分の直感を疑って失敗を恐れて行動ができないと、いつまでも思い切った行動をとることができないからです。

ですので、行動を起こす時には自分の直感を信じて失敗することも経験だという考えを持って、思い切って行動をしてみることも大切です。

たとえば、まだあまり関係性の深くない男性から女性がアプローチをされた時に、まだ相手のことをよく知らないからといって敬遠してしまうと、せっかく自分にぴったりの男性と付き合うことができるチャンスを逃してしまう可能性があります。

そこで、時には自分の直感を信じて第一印象で相手に好意を抱いていたら、相手の気持ちに応えてみるのも考え方の一つです。

そうすることで、相手のことを好きだという素直な気持ちを大切にしながら、相手と付き合っていくことができるようになるでしょう。

素直になるには:本音を話せる友達を見つける

素直な性格になるためには、本音を話せる友達を見つけることが大切です。

なぜかというと、誰にも本音を話せなくて嘘をついたり誤魔化したりすることが続くと、自分自身にまで正直になれない人になってしまうからです。

ですので、まずは自分の本音を正直に話しても簡単に離れていったり嫌ったりしないような、信頼できる友人を見つけてみましょう。

そして、誰にも言えないことや知られたくない話も、その友人にだけは話すようにしてみると良いです。

そうすることで、相手も自分のことを理解して話を聞いたりアドバイスしてくれたりしますし、自分のことを否定しないで受け止めてくれる友人に出会えたなら、自分自身にも嘘をつくことなく正直に生きていくことができるようになります。

素直になるには:感謝を言葉に出す・感謝の言葉を伝える

素直な性格になるためには、感謝の気持ちを言葉として伝えると良いでしょう。

なぜならば、今までは恥ずかしくて簡単に言えなかった『ありがとう』という気持ちを言葉に出すようにするだけで、自分の気持ちに素直になることができるからです。

また、『ありがとう』という気持ちは自分の心に秘めておくだけではなく、相手に直接言葉で伝えて初めて、気持ちが伝わるものです。

ですので、自分の気持ちに素直になるためにも相手に自分の感情を伝えるためにも、どんなに些細なことでも相手から何かをしてもらった時には素直に『ありがとう』と言える人になりましょう。

そうすることで、周りの人も円満な人間関係を築いていくことができるようになります。

素直になるには:嘘をつくなど騙そうとしない

素直な性格になるためには、嘘をついたり誤魔化したりして相手を騙そうとしないように心がける必要があります。

なぜかというと、それがどんなに些細な嘘でも、一度でも嘘をついて相手を欺いてしまうと自分に都合が悪いことが起こったり自分が不利になる事態が起こったりした時に、再び嘘をつくことで相手を騙して自分が有利になるようにしようとしてしまうからです。

そのため、素直になりたいという強い気持ちがあるのなら、どんなに都合が悪いことがあったとしても、決して相手を嘘で欺こうという気持ちは持たないようにすることが大切です。

そして、いつでも本当のことを正直に言えるような人になることで、周りの人からも信頼される素直な性格になることができるでしょう。

素直になるには:人の話を受け入れる

素直な人になるためには、相手の話をしっかりと受け入れることが大切です。

なぜならば、自己主張が強すぎて他人の考えや価値観を理解することができない人は、相手の言っていることの方が正しいと分かっていても、簡単には相手の意見を受け入れることができなくなってしまうからです。

たとえば、自分が一番、職場の中で経験が豊富で勤続年数も長い場合、プライドが邪魔をしてしまって後輩や部下の考えが正しいと分かっていても素直に話を受け入れることができなくなってしまうことも少なくありません。

ですが、このような時に他人の意見を受け入れることができないと、仕事で失敗をしてしまったり効率が悪くなったりしてしまう可能性が高いです。

そこで、まずは要らないプライドを持たないで、色々な人の意見を聞き入れて理解を示すようにしてみましょう。

そうすることで、自分の固定概念だけではなく周りの人の斬新な意見な常識から逸脱した考え方を聞き入れることができるようになり、後輩や部下の意見もしっかりと採用することが出来るような素直な性格の人になることができるでしょう。

素直になるには:相手を信じる

素直な性格になるためには、自分だけではなく相手のことを信じられるようになると良いでしょう。

なぜならば、他人のことを信じられない人は自分のことしか信じることができなくなってしまい、誰に対しても疑心暗鬼になってしまう傾向があるからです。

ですので、素直な性格になりたいと感じた時には、自分のことだけではなく周りの人のことも信じて行動するようにしてみると良いでしょう。

そうすることで、相手からも信用してもらえるようになり、お互いの信頼関係を深めていくことができるようになるでしょう。