あなたの周りには一緒に働いていると、どうしてもイラっとしてしまったり疲れてしまったりする人はいませんか?

仕事ができない人は、自分の仕事がはかどらないだけではなく、このように周りの人にも迷惑をかけることになってしまいがちです。

ここでは、同僚であるあなたが仕事ができない人とどのようにうまく仕事をしていけばいいのかについて考えるために仕事ができない人の特徴と対処法をご紹介していきます。

仕事ができない人の特徴

仕事ができない人には、以下の5つの特徴があります。

・ミスを他人のせいにする
・デスクが散らかっている
・報連相ができない
・言い訳ばかりする
・切羽詰まらないとやる気が出ない

ミスを他人のせいにする

仕事ができない人は、自分が犯したミスを他人のせいにする傾向が非常に強いです。

そのため、自分でミスに対する責任を取る気持ちがなくて、自分がミスをしたことで周りの仕事仲間や取引先に迷惑をかけたとしても、仕事ができない人は申し訳ないという気持ちになることがありません。

さらに、自分のミスを他人のせいにして自分で責任を取ろうとしませんので、ミスを活かして次につなげたり何が悪かったのかを学んだりすることもできないです。

このように、他人に自分のミスを押し付ける人は、何度も同じミスを繰り返してしまい、その度にミスを他人に押し付けることを繰り返してしまいます。

デスクが散らかっている

仕事ができない人は、だらしない性格をしているため自分の身の回りを片付けることが苦手な人が多いです。

そのため、仕事で大切な書類や資料をデスクの上に散らかしっぱなしにしていて、いざという時に大切な書類をなくしてしまうことも少なくありません。

また、仕事の書類の上にお菓子のゴミを置いていたり飲みかけの缶コーヒーを置いていたりすることも多く、大切な書類を汚してしまうことも日常茶飯事です。

このように、仕事で使う大切な物を管理できない人は、デスクの上だけではなく仕事の内容や自分の頭の中も整理することが苦手なため、仕事ができない人になってしまいやすいです。

報連相ができない

仕事をする上では、仕事仲間や上司たちとの報告と連絡、そして相談をしながら仕事を進めることが必要不可欠です。

そのため、仕事の際に報連相ができない人は周りの人から協調性がなくて仕事ができない人だと思われてしまいやすい傾向があります。

たとえば、取引先との商談中に問題が起きた時に、上司に報告と連絡をして相談をしながら指示を仰ぐことは仕事をする上では当たり前の流れになります。

しかし、仕事ができない人は自分勝手に判断をして勝手に結論を出してしまうため、上司に対する報告は事後報告になってしまいます。

このように、自分の会社でもないのに自分の判断だけで物事を進めてしまうような人は、仕事仲間から仕事ができないにもかかわらず、態度だけは大きい人だと思われてしまいやすいでしょう。

言い訳ばかりする

仕事ができない人は、自分ができないことに対して言い訳ばかりを繰り返す傾向があります。

たとえば、仕事でミスをしてしまった時、仕事ができない人は自分のミスを素直に認めることができなくて言い訳をしたり他人に責任を押し付けたりしてしまいます。

さらに、期限内に仕事が間に合わなくて上司から怒られた時には、『でも…』とか『だって…』というような言葉を繰り返して、自分は悪くないということをアピールしようとします、

このように、言い訳ばかりをして自分の責任を自分で取ることができない人は、周りの人からの信用も無くなってしまうため、大切な仕事を依頼してもらえない仕事ができない人だと思われてしまいやすいです。

切羽詰まらないとやる気が出ない

仕事ができない人は、切羽詰まらないとやる気を起こすことができません。

なぜならば、仕事ができない人は仕事に対して非常に無責任で面倒くさがりな性格をしているからです。

そのため、やらなくてはならないことは分かっていても、期限間近にならなくては本気でやる気を出すことができなくて、書類提出の前日になって焦って仕事をやり始めることも少なくありません。

このように、切羽詰まらないとやる気を出すことができない人は、期限ギリギリで仕事をやり始めるため、気付いた時には間に合わなくてなっていて、周りの同僚に助けを求めることも少なくありません。

仕事ができない男性の特徴

仕事ができない男性の特徴は以下の通りです。

・ネガティブ思考
・言い訳が多い
・時間にルーズ
・スケジュール管理ができない
・遅刻が多い
・仕事に対するやる気がない
・夢や目標がない
・臨機応変に行動できない・トラブルに弱い
・優柔不断
・空気が読めない
・人の話を聞かない
・行動するのが遅い
・集中力がない

仕事ができない男性の特徴:ネガティブ思考

仕事ができない男性は、基本的にネガティブな考え方が強い傾向があります。

そのため、小さなミスや間違いをしただけで、すぐに『自分はダメな人間だ』とか『役立たずだ』というようにネガティブに考えてしまい、立ち直るのに時間がかかってしまいます。

このように、些細なことですぐに落ち込んで立ち直るのに時間がかかる人は、仕事の効率も悪く周りの人にも迷惑をかけて気を遣わせてしまうことが多いでしょう。

そして、結果的に終わらなかった仕事を手伝ってもらったり慰めてもらったりするため、仕事仲間に負担をかける仕事ができない男性だと思われてしまいます。

仕事ができない男性の特徴:言い訳が多い

仕事ができない男性は、とにかく言い訳が多いです。

なぜならば、仕事ができない男性に限ってプライドだけは高い傾向があるからです。

そのため、自分のミスや間違いを素直に認めることができなくて、ミスをしてしまったもっともらしい理由を並べて言い訳をしようとします。

また、ひどい場合には自分のミスを他人のせいにしたり責任転嫁したりして、自分で犯したミスを丸ごと他人のせいにしてしまうこともあります。

このように、プライドが邪魔をして素直に謝ることができない人は、仕事ができない上に常識もなっていない人だと思われてしまいやすいです。

仕事ができない男性の特徴:時間にルーズ

仕事ができない男性は、時間にルーズな性格をしています。

なぜならば、仕事ができない男性は仕事よりもプライベートや自分の時間を満喫することを優先させてしまうからです。

そのため、次の日が仕事だったとしても夜遅くまでゲームをしたり飲み会をしたりして、寝るのが遅くなってしまい朝寝坊した結果、仕事に遅刻をしてしまうことは少なくありません。

また、友人との待ち合わせをしている時でも、見たいテレビを見てから家を出たりのんびりと服を選んだりしていて、待ち合わせには連絡することもなく平気で遅刻をしてしまいます。

このように、時間にルーズな男性は社会人としての常識である時間を守るということができませんので、仕事仲間や取引先はもちろん、プライベートでも友人や恋人から仕事ができない上に信用できない人だと思われてしまいやすいです。

仕事ができない男性の特徴:スケジュール管理ができない

仕事ができない男性は、自分自身のスケジュールを管理することができない人が多いです。

たとえば、お客さんとの商談の予定を入れていたにもかかわらず、その予定を忘れていて他の仕事の予定を入れてしまって、ダブルブッキングになってしまうことは、スケジュール管理することができない人がよくやってしまうミスの一つです。

また、そのような時にどちらの予定を優先させるべきかの判断や、相手に対して誠意を持って謝罪をするということがしっかりとできないことも、自分のミスを自分で責任を持てないような、仕事ができない人だと思われてしまう原因だと言えるでしょう。

さらに、仕事ができない男性は自分がスケジュール管理をすることができないということを自覚していながら、手帳を持ったりメモをすることを怠ったりするため、このような面倒くさがりな性格を直さなくてはスケジュール管理をすることもできないでしょう。

仕事ができない男性の特徴:遅刻が多い

仕事ができない男性は、仕事に遅刻することが非常に多いです。

なぜならば、仕事ができない男性は基本的に時間にルーズな性格をしているからです。

そのため、時間の感覚が麻痺していて5分や10分程度の遅刻は遅刻のうちに入らないと勝手に考えてしまう傾向があります。

このような考えをしている仕事ができない男性は、多少の遅刻では会社に連絡することも謝罪することもなく何事もなかったかのように出社してしまいます。

そして、遅刻が多い人は朝だけではなく、取引先の相手と会う時間やお客さんと会う時間にもルーズな一面があるため、職場の人だけではなく大切なお客さんからの信用も無くしてしまう可能性が高いでしょう。

仕事ができない男性の特徴:仕事に対するやる気がない

仕事ができない男性は、そもそも仕事に対するやる気がない場合もあります。

そのため、上司から仕事をふられても怒られない程度に適当にこなしたり、部下や後輩に仕事を押し付けたりしてしまいます。

そして、自分は一服をしたり定時に帰る準備をしたりして、時間になると自分の仕事を押し付けたまま、さっさと帰ってしまいます。

このように、仕事ができない男性は仕事に対するやる気はありませんが、権利だけは主張してくる傾向があるため口だけは一丁前で、有給休暇はきっちりと取り、残業代はしっかりと請求するセコい部分があります。

仕事ができない男性の特徴:夢や目標がない

仕事ができない男性は、夢や目標を持っていない人が多いです。

そのため、自分が何を目指して仕事を頑張らなくてはならないのかとか、何になりたいから努力をしなくてはならないというような考え方を持っていません。

たとえば、普通の人は『家族を養うために』とか『独立して会社を立ち上げる』というような夢や目標を持っているため、辛くてきつい仕事でも毎日、一生懸命に働くことができます。

ですが、生きがいもなく何に向かって頑張れば良いのか分からないような人は、仕事に対するモチベーションを上げることができないため、仕事に対する積極性や向上心が見られません。

このように、夢や目標がない人は上司に言われた仕事を怒られない程度にこなしていく毎日を過ごしていますので、職場の人からは頼りにすることができない人だと思われてしまいやすいです。

仕事ができない男性の特徴:臨機応変に行動できない・トラブルに弱い

仕事ができないと思われてしまいやすい男性は、トラブルがあった時に臨機応変に行動することができない傾向があります。

また、もしも臨機応変に対応することができないのなら、上司や先輩にすぐに連絡を入れて指示を仰ぐのが普通の人の対応ですが、仕事ができない男性は自分で対処することもできない上に、怒られるのが嫌で上司に連絡することもできません。

そして、トラブルに気付きながら適切な対処法が見つからないまま放置してしまうため、より一層トラブルを拡大させてしまい、周りが気付いた時には取り返しがつかないことになっていることも少なくありません。

このように、物事に対して臨機応変な対応をすることができない人は、周りの人から柔軟性がなくて気が利かない人だと思われてしまいがちです。

仕事ができない男性の特徴:優柔不断

仕事ができない男性は、優柔不断な性格をしている傾向があります。

そのため、いざという時にすぐに選択肢を選ぶことができなくて、せっかくのチャンスを逃してしまったり商談をダメにしてしまったりすることも少なくありません。

たとえば、取引先との話し合いの際に商談で条件提示をされると、優柔不断な人は臨機応変な対応をすることも即座に返事をすることもできません。

ですので、結局、優柔不断に考えているうちに相手がしびれを切らして交渉が破談になってしまったり、昇進のチャンスを逃してしまったりします。

このように、物事を即座に決めることができない性格は、チャンスを逃す結果をもたらしてしまうことが多いでしょう。

仕事ができない男性の特徴:空気が読めない

仕事ができない男性は、周りの空気を読むことができない人が多いです。

ですので、上司がピリピリしていたり機嫌が悪かったりする時でも、平気でふざけたことを言ってしまったり、いたずらをしてちょっかいを出してしまったりします。

また、取引先との商談中もその場の空気を読まないで自分の話ばかりをしてしまったり食事に気を取られたりしてしまうため、相手に失礼な態度を取ってしまうことも少なくありません。

このように、その場の空気を読んだ行動や会話ができない人は、どこに行っても一緒にいてヒヤヒヤする頼りない人だと思われてしまいやすいです。

仕事ができない男性の特徴:人の話を聞かない

仕事ができない男性の多くは、相手の話をしっかりと聞かない傾向があります。

なぜかというと、仕事ができない男性は常に仕事以外のことを考えていたり違うことに気を取られて上の空だったりするからです。

そのため、相手の話をただ聞いているだけで聞き流してしまい、思い返してみると相手が何を言っていたか思い出すことができないことがしばしばあります。

たとえば、上司から仕事の指示をされていて『いつ、どこで、何をするか』という話をされているにもかかわらず、話を聞いていない男性は内容が耳に入っていませんので、後から同僚に聞いて同じ話を繰り返してもらいます。

このように、人の話を一度で聞けない人は大切な話も平気で聞き流してしまうため、いざという時に大きなミスをしてしまい周りの人に迷惑をかけてしまうことにもなりかねません。

仕事ができない男性の特徴:行動するのが遅い

仕事ができない男性は、行動するのが遅い傾向があります。

なぜかというと、仕事ができない男性は時間にルーズな性格をしていて、切羽詰まらないと行動に移すことができないからです。

そのため、計画的にこなしていたなら簡単に終わらせることができる仕事も、期日前日に焦ってやり始めて結局、間に合わなかったということは仕事ができない男性にはよくある話です。

さらに、行動が遅かったために仕事が終わらずに周りの仕事仲間に助けてもらうことも多く、同僚に残業させてまで仕事をしなくてはならないような場面も少なくありません。

仕事ができない男性の特徴:集中力がない

仕事ができない男性は、とにかく集中力がない人が多いです。

ですので、仕事に取りかかってもすぐに飽きて一服したり、スマホをいじって休憩したりしてしまいます。

そして、また仕事をする気が起きてもすぐに飽きてしまっての繰り返しをしていますので、仕事は全く進むことがなく一つの仕事を終わらせるのに、人の何倍もかかってしまうことも少なくありません。

このように、仕事ができない男性は集中力がない飽き性な性格をしていますので、仕事自体も続かなくて転職を繰り返している人も多いです。

仕事ができない女性の特徴

仕事ができない女性の特徴は以下の通りです。

・ミスが多い
・仕事を覚えるのが遅い
・言われたことしかやらない
・人の話を聞いていない
・責任感がない
・言い訳が多い
・変化を嫌う
・積極性がない
・自己中心的
・協調性がない
・休憩が多い
・おしゃべりが多い
・仕事を人に振ることができない
・プライドが高い

仕事ができない女性の特徴:ミスが多い

仕事ができない女性は、仕事のひとつひとつにミスが多い傾向があります。

なぜならば、仕事ができない女性は仕事以外のことに気を取られている可能性が高いからです。

たとえば、プライベートで恋人と喧嘩中だったり、その日のランチを何にしようか悩んでいたりすることは、仕事ができない女性にはよくある話です。

そのため、仕事に集中して取り組むことができなくて、いつも上の空で仕事をしている結果、ミスを重ねてしまうのだと考えられます。

このように、仕事でミスが多い女性はミスをすることに慣れ過ぎてしまい、ミスをしてもしっかりと謝罪をすることができなくなってしまうことが多いです。

仕事ができない女性の特徴:仕事を覚えるのが遅い

仕事ができない女性は、仕事を覚えるのが遅い傾向があります。

たとえば、飲食店で働き始めた女性が、入社から3ヶ月経ってもお店のメニューを覚えられないのは、明らかに仕事を覚えるのが遅いと言えるでしょう。

そして、このようにメニューすら覚えられない人は、接客の際にお客さんにまで迷惑をかけることもあります。

たとえば、メニューを覚えていない店員はオーダーをとる際にお客さんが注文したものが何なのか分からなかったり、質問をされても上手に答えられなかったりするでしょう。

このように、仕事を覚えるのが遅い女性は何度教えても、どれだけ時間を費やしても仕事を覚えることができない物覚えが悪い人だと思われてしまいやすいです。

仕事ができない女性の特徴:言われたことしかやらない

仕事ができない女性の多くは、言われたことしかやらない傾向が非常に強いです。

たとえば、上司から書類の整理を頼まれると、仕事ができない女性は書類の種類や年号ごとにまとめたりファイルに綴じたりすることができずに、ただ散らかった書類をダンボールにしまって終わってしまいます。

そのため、仕事ができない女性に指示をする側の上司は、事細かにやってほしいことを1から10まで説明しなくてはなりませんので、非常に手間を感じることでしょう。

このように、言われたことしか出来ない女性は指示されたことを指示された通りにしか行うことができない、気が利かない人だと思われてしまいがちです。

仕事ができない女性の特徴:人の話を聞いていない

仕事ができない女性は、人の話を聞いていないことが多いです。

なぜならば、仕事ができない女性は仕事に関する興味がない話よりも、自分が興味を示す他の事柄に目が向いてしまっている可能性が高いからです。

たとえば、上司から仕事の話をされている最中に、仲のいい同僚がみんなでランチに行こうとしていると、自分も一緒に行きたくなってしまいます。

そして、上司の話は耳に入ってこなくなってしまい、むしろ早く話を終わらせてくれないかということばかりが頭を巡ってしまうようになります。

そのため、いざという時に何をしなくてはならないとかということが分からなくなり、上司に改めて同じ話をしてもらったり、周りの人に迷惑をかけることになってしまったりすることも少なくありません。

仕事ができない女性の特徴:責任感がない

仕事ができない女性は、仕事に対する責任感がまるでない傾向があります。

そのため、自分がミスをしたせいで周りの人に迷惑をかけたとしても、申し訳ないという気持ちを感じることも謝ることもしようとしません。

さらに、ひどい場合には自分のミスを同僚や部下に押し付けて責任転嫁することも少なくなく、このような行為をするたびに周りの人からの信頼は薄くなっていってしまいます。

このように、仕事に対する責任感がない人はトラブルが起きた時のような、いざという時に自分がするべき対処をしないまま、その場から逃げ出してしまうことも多いです。

仕事ができない女性の特徴:言い訳が多い

仕事ができない女性は、とにかく何かあるごとに言い訳をする傾向があります。

たとえば、自分のミスによって上司が取引先の相手と会う時間を伝え間違えた時には、『相手からはこの時間だと言われたはずなのだが…』というように言い訳をして、時間を間違えたのは相手の方だと言わんばかりの主張をします。

また、自分が間違えたという自覚がありながら、素直に謝罪をすることができなくて、問い詰められれば問い詰められるほど言い訳を重ねて誤魔化そうとすることも多いです。

このように、仕事でのミスに対して言い訳をする人は、上司から怒られることを恐れていると考えられますが、言い訳をしたり嘘をついたりすることは逆に上司の怒りを買ってしまうことになりかねません。

ですので、自分のミスに気付いた時には素直に謝って反省することが、賢明な対処だと言えるでしょう。

仕事ができない女性の特徴:変化を嫌う

仕事ができない女性は、環境の変化を嫌う傾向があります。

なぜならば、仕事ができない女性は人間関係を再構築することが面倒で、現状のままで仕事をしていたいと考えているからです。

たとえば、職場の中で転勤や転属の話が持ち上がると、仕事ができない女性は愚痴を言ったり文句を言ったりして、どうにか自分は転勤や転属の対象者にならないようにクギを刺すような行為をします。

また、家庭や体調などのように転勤ができない、もっともらしい理由をつけて、もしも転勤となるのなら仕事を辞めなくてはならないというような主張をします。

しかし、実際に仕事を辞めるとなると、より一層、自分を取り巻く環境が変わってしまうため、転勤が決まったからと言って本当に仕事を辞めることはほとんどあり得ないでしょう。

このように、仕事ができない女性は仕事環境や仕事仲間が変わらないように、あらかじめ自分勝手な主張をして自分の周りの環境を守ろうとすることが多いです。

仕事ができない女性の特徴:積極性がない

仕事ができない女性は、仕事に対して積極性がありません。

なぜかというと、仕事ができない女性は仕事に対する意欲や関心がほとんどないからです。

そのため、上司から頼まれた仕事や言われたことしかすることができなくて、自主的に仕事を探したり同僚の仕事を手伝ったりすることはほとんどありません。

さらに、仕事に対する積極性がない人は、決まった時間内に決まった仕事をすることを当然だと思っているため、進んで残業をすることはありませんし、他人の仕事を受け入れることもないため、職場ではやる気がない頼りにならない人だと思われてしまうことが多いです。

仕事ができない女性の特徴:自己中心的

仕事ができない女性の多くは、自己中心的な考え方の持ち主です。

そして、自分さえ良ければそれでいいという考え方をしているため、同僚の仕事を手伝ったり助けたりしてあげることは、ほとんどありません。

しかし、いざ自分がトラブルを起こしてしまったり仕事がたまってしまったりした時には、他人に手伝ってもらうことを強要するような発言をすることも少なくありません。

このように、自己中心的な性格をしている人は自分がいつでも優位な立場に立っていると考えているため、自分が有益になるように物事を進めようとする傾向があります。

ですが、実際には自分のことを助けてくれなかった人を助けてあげるような、お人好しな人はほとんどいませんので、いざという時に味方になってくれる人がいないことも多いでしょう。

仕事ができない女性の特徴:協調性がない

仕事ができない女性は、周囲の人と協調しようとする気持ちがありません。

なぜかというと、仕事ができない女性は基本的に自己中心的で自分勝手な考え方をしているからです。

そのため、自分が他人に合わせようとする気持ちはありませんが、周りの人が自分に合わせて行動をすることは常に求める自分勝手な考え方をしています。

また、協調性がない人はグループの輪を乱すような空気が読めない発言や行動をすることも多く、自分さえ良ければそれでいいという考え方が非常に強いです。

このように、協調性がない人は周りの人と協力しながら一つのことを成し遂げることができなくて、いつでも自分のペースで好き勝手に行動をしてしまうため、社会の中で必要な協調性がない仕事ができない女性だと思われてしまいがちです。

仕事ができない女性の特徴:休憩が多い

仕事ができない女性は、仕事中にとにかく休憩が多い傾向があります。

たとえば、30分程度で出来るような書類整理の仕事が終わると、休憩が多い人はすぐに一服しようとしたり軽食を買いに外出しようとしたりします。

さらに、中には仕事中にもかかわらず自分勝手な時間にランチに出かけて、なかなか帰ってこないというような人も少なくありません。

このように、仕事中の休憩が多い人は作業効率も悪いですし時間内に仕事を終わらせようと頑張っている同僚からの印象も悪くなってしまい、職場全体の雰囲気を悪くしてしまうような仕事ができない女性だと思われてしまいます。

仕事ができない女性の特徴:おしゃべりが多い

仕事ができない女性は、仕事中のおしゃべりが多い傾向があります。

なぜならば、仕事ができない女性は仕事をきっちりと進めることよりも、仲のいい同僚や友人たちと会話をする方が楽しくて有意義な時間だと考えているからです。

そのため、一時は仕事に集中していても仲のいい同僚と顔を合わせた途端に、おしゃべりを始めてしまい気付いた時には何時間も経過してしまっていたということも少なくありません。

このように、おしゃべりが多い女性は話し始めると自分でも気が付かないうちに何時間も話し込んでしまうため、仕事が全く進まない上に周りの人までおしゃべりに巻き込んで仕事を妨害してしまう迷惑な行為を繰り返す傾向があります。

仕事ができない女性の特徴:仕事を人に振ることができない

仕事ができない女性は、仕事を人に振ることができない人が多いです。

なぜならば、仕事を人に振ることができない人は、後輩や部下に教えながら仕事を振ることよりも、自分自身で仕事をやってしまった方が早いと考えているからです。

そのため、後輩や部下に任せる仕事はいつもコピーや書類整理のような誰にでも出来る仕事ばかりで、いつまで経っても人のことを成長させることができません。

このように、仕事ができすぎる人は人に振ることよりも自分でやった方が楽だと思ってしまうため、自分自身は仕事ができるかもしれませんが、人材育成や教育の面では人のことを育てることができない人になってしまいます。

また、自分自身も仕事ができない人は自分がやらなくてはならない仕事と他人に振ることができる仕事を見分けることができないため、せっかく手を差し伸べてくれる同僚がいたとしても、仕事を振って手伝ってもらうことができないことも多いです。

仕事ができない女性の特徴:プライドが高い

仕事ができない女性は、プライドばかりが高い傾向があります。

そのため、誰にでもできるような雑用をお願いされると、プライドが高い女性は気を悪くしてしまい、もっと目立つ仕事や重要な仕事をしたいというように主張します。

このように、プライドが高い女性は自分は誰よりも仕事ができるキャリアウーマンだと思っているため、仕事を選んでやろうとしていると考えられます。

ですが、実際には大きなプライドを持つほど仕事はできていない場合が多く、いざ目立つ仕事を任せられると仕事をこなしきれなくて悪目立ちしてしまうようなことも少なくありません。

仕事ができない人の対処法

仕事ができない人の対処法は以下の通りです。

・具体的に指示する
・途中経過をチェックする
・できることは任せる・仕事の振り方を考える
・仕事のフォローをする
・「分かりました」を信用しない
・広い心で接する
・どんな仕事が得意か知る
・学ぶことの重要性を教える
・おだてて味方に入れる

仕事ができない人の対処法:具体的に指示する

仕事ができない人に対しては、大雑把な指示ではなく、具体的に事細かに指示を出してみると良いです。

たとえば、『A社に行って書類を出してきて』というような指示をすると、仕事ができない人はA社の郵便受けに書類を入れて帰ってきてしまう可能性があります。

そこで、仕事ができない人に対しては『A社の◯◯課の△△さんに書類を渡してきて』というように、具体的に名前や部署まで伝えてみると良いでしょう。

そうすることで、仕事ができない人でも正確に相手に失礼することなく、書類の提出をすることができるようになるでしょう。

また、仕事ができない人も何度も具体的な指示をされているうちに、徐々に仕事の要領をつかめるようになり、ひとつひとつ詳しく言わなくても指示を理解できるようになってくるでしょう。

仕事ができない人の対処法:途中経過をチェックする

仕事ができない人と仕事をする際には、任せっきりにすることなく途中経過を逐一チェックするように心がけると良いです。

なぜならば、仕事ができない人は注意をされないと自分のやり方が正しいと勝手に判断して、わからないことも質問しないでそのまま進めてしまう傾向があるからです。

そこで、仕事ができない人に仕事を任せた時には、定期的に声をかけることで途中経過をチェックするように心がけましょう。

そうすることで、ミスを最小限にとどめることができ、やり直す部分も少なく仕事を進めていくことができるようになるでしょう。

また、何度も注意をしたり間違いを訂正したりしているうちに、仕事ができない人も自分が何がわからないのかとか、どうするべきなのかということを考えられるようになり、分からないことがあったら質問したり相談したりすることができるようになってきます。

仕事ができない人の対処法:できることは任せる・仕事の振り方を考える

仕事ができない人に対しては、まずはできることを任せてみると良いです。

また、指示をする上司側が仕事の振り方を考えて工夫してあげると、仕事を任せすぎてキャパオーバーしてしまうことを防ぐこともできます。

このように、できることから仕事を任せてあげると失敗することも少なくなりますので、いつも失敗してばかりで自信をなくしてしまっている仕事ができない人にも、自信とやる気を持たせることができるようになります。

さらに、仕事ができて褒められることでモチベーションも上がっていきますので、仕事も徐々にレベルアップしていき、こなせる仕事を増やしていくことができるようになるでしょう。

つまり、仕事をうまくこなしていくためには仕事ができない人ばかりを責めるのではなく、仕事を振る側の力量や裁量を求められることもあるということです。

仕事ができない人の対処法:仕事のフォローをする

仕事ができない人に対しては、周りの人がしっかりとフォローしてあげることが大切です。

たとえば、どんなに一生懸命にやっていても性格上、相手とうまく話せないために失敗を繰り返してしまったり、新人で分からないことだらけだったりする人に対しては、周りの人の助けをもらうことで失敗を防ぐことができるようになります。

また、助けてもらう側の仕事ができない人は、自分は助けてもらっている身なのだということを自覚した上で、フォローしてもらった時には素直に感謝するように心がけることが大切です。

そうしますと、フォローしてあげる側の同僚や上司からも、良い印象を持たれることができるため、いざという時に手を差し伸べてもらえるようになります。

しかし、逆に手助けなんていらないというような態度をとったり、素直にありがとうと言えなかったりすると、フォローしてあげた側も気分が悪くなってしまい、次回から助けてもらえなくなる可能性が高いですので、フォローしてもらった時の態度や対応には注意が必要です。

仕事ができない人の対処法:「分かりました」を信用しない

仕事ができない人が言う「わかりました」は、基本的に信用してはいけません。

なぜならば、仕事ができない人は人の話を聞いていなくて適当に聞き流している可能性が高いからです。

そのため、仕事の説明をして「分かりました」と言ったからといって、その言葉を信じて任せると気付いた時には大惨事になっていると言うことも少なくありません。

そこで、仕事ができない人に指示を出して「分かりました」と言われた時には、自分が言ったことをもう一度、復唱させるようにしてみましょう。

そうすることで、仕事ができない人が本当に自分の話を聞いていて、理解していたかどうかということを判断することができます。

仕事ができない人の対処法:広い心で接する

仕事ができない人に対しては、広い心で接することが大切です。

なぜならば、まだ仕事を覚えていない新人や一生懸命に頑張っているけれどうまくいかない人に対しては、怒ってばかりいるとやる気を削いでしまう可能性があるからです。

そこで、このような人に対して仕事を教える時には、広い心を持って分かりやすいように説明し、失敗をしても頭ごなしに怒らないように心がけてみましょう。

そして、指示をする側の説明の仕方や対応の仕方を変えながら接してみると、仕事に対する理解力が高まって仕事ができるようになる可能性もあります。

このように、仕事を教える時には自分の心にも余裕を持って広い心で接するようにすると、相手にあった教え方や説明の仕方を見出すことができるようになるかもしれません。

仕事ができない人の対処法:どんな仕事が得意か知る

仕事ができない人に対しては、その人がどんな仕事が得意かということを探ってみると良いです。

たとえば、人と接することや会話をすることが苦手な消極的な性格の人に、接客や営業の仕事をさせても、なかなか仕事ができるようにはならないでしょう。

ですが、逆に事務仕事を任せてみたり会社のホームページ作りのようにパソコンを使う仕事を任せてみたりすると、誰よりも仕事が早く丁寧である可能性は非常に高いです。

そこで、まずは相手の性格や資格などを考慮した上で、その人にはどのような仕事を任せるのが適任かということを判断してみましょう。

そうしますと、仕事ができないと思っていた人も、仕事内容が変わるだけで誰よりも有能な人材に変わる可能性があります。

仕事ができない人の対処法:学ぶことの重要性を教える

仕事ができない人に対しては、学ぶことの重要性を教えてみると良いです。

たとえば、やる気はあるけれど勉強不足で知識が薄い人は、学ばないことによってせっかくのやる気を無駄にしてしまっている可能性があります。

そこで、時には自分で学んで知識をつけることで、上司からの指示への理解度や仕事への関心が高まるということを教えてみましょう。

そして、自分自身で仕事について学ぶことで、どのようにしたら作業効率が上がるかということを理解できるようになります。

仕事ができない人の対処法:おだてて味方に入れる

仕事ができない人に対しては、相手をわざとおだてて味方に入れることもひとつの手段です。

なぜならば、周りの人からは仕事ができない厄介者扱いされている人だったとしても、その人の特技が自分が求めているものである可能性はあるからです。

たとえば、いつも取引先との商談中に空気が読めない発言をしたり失礼な態度をとったりして煙たがられている人でも、パソコン業務に関しては非常に長けた一面がある場合もあり得るでしょう。

ですので、そのような人には商談の場に代わりに出てあげるのと交換条件に、自分が苦手なパソコン業務を任せてみると良いです。

そうしますと、お互いの作業効率や印象が良くなり、仕事ができない人が周りの人から邪険にされることもなくなってくるでしょう。