自分では、そのつもりがないのに他人に対して冷たくしてしまうことはないでしょうか。

もちろん、冷たい態度は相手につたわりますので、冷めた性格の人だと思われてしまいます。日ごろから、このように冷めた性格を露骨に見せていると、人間関係をうまく築くことができなくなり、寂しい人生を送ることになりかねません。

心当たりのある人は、なぜ冷めた性格になってしまうか原因を突き止めること、そして冷めた性格を直す方法を知って直すように努力するようにしましょう。

ここでは、冷めた性格を改善するための秘訣を洗いざらい公開しています。

冷めた性格の原因

冷めた性格になってしまう原因はいろいろと考えられますが、育った環境や教育の過程でいじめられたり蔑ろにされたりしますと、自分のことを守る自己防衛反応が働いて、冷たい性格になると考えられます。

また、今までに経験したことのないような大きな挫折を味わったりしますと、『どうせ自分は何をやっても無駄だ』というような諦めの気持ちが冷たい性格を生んでしまう可能性もあります。

このような人は、挫折を克服できるような出来事に出会えるまでは、なかなか自分だけでは気持ちを立て直すことができないでしょう。

冷めた性格を直す方法

冷めた性格を治す方法は以下の通りです。

・専門家によるカウンセリング
・物事を客観的に見る訓練する
・考え方の癖を変える
・被害妄想を捨てる
・感情移入の練習をする
・思ったことを口に出してみる
・リアクションをとる
・小さなことに目を向ける
・笑顔を作る練習をする
・共感力を高める
・ひとり時間を作る
・動物と触れ合う

冷めた性格を直す方法:専門家によるカウンセリング

冷めた性格を直すためには、専門家によるカウンセリングを受けることが正確かつ迅速な改善につながるでしょう。

と言いますのも、冷たい性格の多くは過去に親からあまり相手にされない環境で育ったり自分の力だけでは立ち直れないほどの大きな挫折を味わったりした経験をしていると言われています。

そのため、そのような心の傷は知識が浅い周囲の人が下手に手を貸すよりも、プロであるカウンセラーにしっかりと話を聞いてもらって、適切な対応をしてもらうことが一番だと考えられます。

そして、カウンセラーによる治療を受けていることを周りの人にも知ってもらって、理解を得ながら接してもらうことで、冷めた性格を早期に直す手助けになってもらえることでしょう。

冷めた性格を直す方法:物事を客観的に見る訓練する

冷めた性格を自分の力で直したいと考えましたら、まずは物事を客観的に見る特訓をしてみると良いでしょう。

なぜならば、冷めた性格をしている人は物事を主観的に見てしまう傾向が強いですので、自分さえ良ければ他人の気持ちは二の次にしてしまう冷酷な部分があるからです。

そこで、冷めた性格を直すためには相手の立場に立って『自分がこのような行動をしたら相手はどう思うか』ということを常に考えるようにすると良いでしょう。

そうしますと、相手の気持ちに配慮した行動や発言をすることができるようになってきて、物事を客観的に見る力がついてきます。

すると、冷たく見える性格から相手のことを思いやれる優しくて頼りになる性格に変わることができるでしょう。

冷めた性格を直す方法:考え方の癖を変える

冷めた性格を直したいと考えましたら、自分の考え方の癖を変えるように心がけると良いでしょう。

と言いますのも、冷たい性格の人は自分さえ良ければそれでいいという考え方が強いため、自分にとって都合がいいように物事を進めるためでしたら他人のことを蔑ろにしてしまうことも厭わないという考え方をする癖があります。

そのため、いつも主観的にしか物事を考えられなくて相手の気持ちに寄り添った行動や発言をすることができないのだと考えられます。

そこで、自分本位な考え方をする癖をやめて、なにをする際にも他人の気持ちに寄り添うことを習慣づけるようにしてみましょう。

そうしますと、自分自身の視野が広がって、自分の意見だけではなく他人の意見も参考にして物事を考えることができるようになってきます。

冷めた性格を直す方法:被害妄想を捨てる

冷めた性格を直したいと思いましたら、自分自身が作り出している被害妄想を捨ててしまうことが大切です。

たとえば、過去に就活に失敗して大きな挫折を味わった人は、『どうせ自分は誰からも必要とされない存在なのだ』というような被害妄想をしてしまう場合が多いです。

しかし、当たり前のことですが『誰からも必要とされていない』なんてことはあり得ませんし、自分が思っている以上に周りの人は評価をしてくれている可能性も充分にあります。

ですが、そこで自分のことを卑下してしまいますと、せっかくのチャンスに挑む勇気すらなくなってしまうでしょう。

ですので、自分にとって辛い過去や思い出したくない過去がある場合には、一度その過去から抜け出して被害妄想を捨ててみましょう。

そうしますと、新しく物事に挑戦する気持ちが湧いてきて、自然に他人に対する態度も柔らかく優しいものに変わってくることでしょう。

冷めた性格を直す方法:感情移入の練習をする

自分の冷めた性格を直そうと思いましたら、感情移入の練習をしてみることも1つの手段です。

と言いますのも、冷たい性格の人は基本的に自分本位にしか物事を考えていない傾向があり、相手の気持ちに寄り添って物事を考えることができない場合が多いです。

ですので、まずは相手の立場に立って物事を考える練習をすることで、自分の行動や発言によって相手がどのような気分になるのかということを考える機会を作ると良いです。

たとえば、感動ものの映画を見たり、仲のいい友人の恋愛相談を聞いてみたりしますと、映画の主人公や友人に対して感情移入しやすいでしょう。

このように、まずは感情移入しやすい物語やエピソードを聞く練習をしていくことで、だんだんと日常会話の中でも相手の気持ちや感情を大切にして、相手と接することができるようになってきます。

冷めた性格を直す方法:思ったことを口に出してみる

冷めた性格を直したいと思いましたら、自分が思ったことは素直に口に出してみることも1つの手段です。

なぜならば、人はお互いに意見をぶつけ合いながら会話をしていくことで、相手との距離を縮めていくことができるからです。

ですが、冷たい人は『自分は自分、他人は他人』という考え方が強いですので、相手に意見を言うこともなければ相手の意見を聞き入れることもありません。

そこで、まずは自分が思ったことは相手にしっかりと伝えるようにしてみましょう。

そうしますと、自分の意見を聞き入れてもらえることで、自然と相手の主張やアドバイスも素直に聞き入れることができるようになってきます。

しかし、相手の気持ちを考えないで言いたいことばかり言ってしまいますと、相手のことを傷つけてしまうことにもなりかねませんので、言葉選びをしっかりとすることは非常に大切です。

冷めた性格を直す方法:リアクションをとる

冷めた性格を直したいと考えましたら、相手の発言や行動に対して何かしらのリアクションをとるように心がけると良いです。

特に、相手から話しかけられた時に薄い反応をしてしまいがちな人は、それだけで相手から『暗い』とか『冷たい』というふうに思われてしまいやすい傾向があります。

ですので、話しかけられた際にしっかりと相手の話の内容やテンションにあったリアクションが取れるようになりますと、相手もこちらのリアクションをみて話を続けやすくなります。

また、普段から冷めたリアクションを取っていた人は、自分的にはオーバーだと思うくらいのリアクションをとることが、普通の人にとってはちょうどいい場合が多いでしょう。

冷めた性格を直す方法:小さなことに目を向ける

自分の冷めた性格を直したいと思いましたら、小さいことにも目を向けるように日頃から心がけるようにすると良いです。

と言いますのも、冷たい人は自分さえ良ければそれでいいという考え方をしていますので、相手の感情や細かい仕草に対して興味を持つことが少ないです。

そのため、周りの人からは他人に気を使うことができない自分本位で冷酷な性格だと思われてしまうことが多いです。

そこで、相手の一挙手一投足に対して目を向けて1つ1つのことに気遣いをするように心がけてみましょう。

すると、自然に相手の気持ちが理解できるようになって、相手の立場に立って物事を考えることができるようになってくることでしょう。

冷めた性格を直す方法:笑顔を作る練習をする

冷めた性格をしている人は、無表情で感情が読み取れない人が多いです。

そこで、このような冷たい性格を直したいと思いましたら、自分自身で笑顔を作る練習をすると良いでしょう。

たとえば、自分で鏡を見て口角を上げる練習をしたり、テレビで好きな芸人のネタを見て笑う機会を増やしてみたりしますと、普段も自然に笑顔を見せることができるようになってきます。

すると、笑顔だけではなく喜怒哀楽がはっきりとした表情で表現できるようになってきますので、周りの人からも感情が読み取りやすくなってくるでしょう。

そして、笑顔を見せることができるようになってくることで自然と周りに人が集まってきますので、より一層、笑顔が増えて冷めた性格を改善させやすくなってきます。

冷めた性格を直す方法:共感力を高める

冷めた性格を直すためには、他人との共感力を高める努力をする必要性があります。

と言いますのも、冷めた性格をしている人は一匹狼的な存在であることが多く、協調性がなくて自分本位に物事を進めてしまう傾向があります。

そのため、周りの人の意見やアドバイスを聞き入れることもなく、自分から周りとの距離を取ることで冷たくて怖い印象を持たれてしまうのだと考えられます。

そこで、まずは相手の意見をしっかりと聞いて、その意見を参考にして物事を考えてみる努力をしてみましょう。

すると、今までは気づかなかったものが見えてきたり、相手に対して理解を示すことができる部分も見つけられるようになってきたりしますので、共感力を高めることができるようになります。

冷めた性格を直す方法:ひとり時間を作る

冷めた性格を直したいと思いましたら、ひとりの時間を作るようにすることも大切になります。

なぜならば、他人と接し続けていますと相手に対する自分の冷たい対応が、当たり前のように思えてきてしまうからです。

また、人と接し続けていることでストレスが溜まってしまって、より一層、相手に対して優しい態度が取れなくなってしまう可能性もあります。

ですので、適度に自分だけの時間を作ってストレスを発散させたり、自分の行動や発言を思い返す時間を作ったりすることは非常に大切になります。

そうすることで、自分の好意を反省したり自分の気持ちを落ち着かせたりすることができて、他人に対して優しい態度を取れるようになってきます。

冷めた性格を直す方法:動物と触れ合う

自分の冷めた性格を直したいと思いましたら、動物に触れ合う機会を作ると良いです。

と言いますのも、動物は人間にとって癒しの存在になることが多く、病院や老人ホームでも患者さんや利用者さんに触れ合いの機会を設けることで、リラックス効果をもたらすと言われています。

そこで、自分でペットを飼っていない場合でも、ペットショップや動物園などに行って動物に触ったり散歩をしたりしてみましょう。

すると、動物と触れ合うことでリラックス効果が実感できるようになり、動物だけではなく人に対して優しい気持ちになれるようになります。

また、動物によって癒された感情は冷たい心を溶かして、自分の心にも温かみを感じさせてくれることでしょう。