明らかにミエミエな嘘をつく人っていますよね。こういう人は”虚言癖がある人”と言われたりしているのですが何故、バレるような嘘をついてしまうのでしょうか。

ここでは、得にもならない嘘をつき続ける虚言癖のある人の特徴と原因と対応さらに虚言癖があると自覚している人への治し方についても説明していきます。

虚言癖のある人の特徴

虚言癖のある人の特徴は以下の通りです。

・自覚がうすい
・悪気がない
・人を傷つける嘘をついても平気
・つじつまが合わなくても気にしない
・目立ちたい

虚言癖のある人の特徴:自覚がうすい

虚言癖のある人の多くは、自分が嘘をつく癖があるという自覚がうすい傾向が強いです。

なぜならば、幼少期から嘘をつくことが当たり前になっているため、自分が嘘をついたことに対して違和感も後ろめたさも感じることができないからです。

そのため、自分に都合が悪いことが起こったときには嘘に嘘を重ねていってしまい、最終的には自分自身でも言っていることが嘘か本当かの見分けがつかなくなってしまうことも少なくありません。

また、虚言癖がある人は嘘をつく際に『◯◯さんが言っていたけど…』というような言い出し方をするので、自分自身が嘘をついたという自覚がうすくなってしまう可能性もあります。

虚言癖のある人の特徴:悪気がない

虚言癖のある人の中には、悪気なく嘘をついている人も少なくありません。

なぜならば、虚言癖のある人の多くは嘘をつくことが癖になってしまっているからです。

そのため、相手を欺くことを目的とした嘘をつくわけではなく、会話の中で自然に小さい嘘や辻褄が合わないことを平気で言ってしまうのだと考えられます。

このように、悪気なく嘘をつく人は他人には迷惑がかからないような小さな嘘を重ねる傾向があり、周りの人は大きな被害を被ることはほとんどありません。

ただし、小さい嘘を重ねられることで虚言癖がある人に対する信頼は薄くなってしまうでしょう。

虚言癖のある人の特徴:人を傷つける嘘をついても平気

虚言癖のある人は、自分の嘘によって誰かが傷ついてしまったとしても平気な傾向があります。

そのため、自分の嘘によって他人が傷ついて落ち込んでしまったとしても、虚言癖のある人は反省したり後ろめたさを感じたりすることがほとんどありません。

このように、相手が傷つくような嘘を平気でついてしまう人は、『悪いことを言ってしまった』という気持ちがありませんので、何度も同じような嘘で周りの人を傷つけてしまうことが多いです。

ですので、虚言癖のある人は周囲の人からはあまり良い印象を持たれることがなく、距離を置かれてしまうことも少なくありません。

虚言癖のある人の特徴:つじつまが合わなくても気にしない

虚言癖のある人は、自分がついた嘘のつじつまが合わなくても、そこまで気にしない傾向が強いです。

ですので、つじつまが合わない嘘をごまかそうとしたり言い直したりすることもなく、つじつまが合っていないことを承知で堂々と嘘をつきます。

すると、周りの人も虚言癖のある人のあまりに堂々とした態度に、指摘することもできなくなってしまうでしょう。

このように、虚言癖のある人はつじつまが合わない嘘を堂々と言うことで、周りの人から突っ込まれることを回避して、その場をしのごうとします。

また、たとえつじつまが合わないことに対して突っ込まれたとしても、『そんなこと言った?』というように適当に流して、自分の発言自体を無かったことにしようとすることも多いです。

虚言癖のある人の特徴;目立ちたい

虚言癖のある人は、目立ちたいという心理が働くため、周りの人から注目を集めることができるような嘘をついている可能性があります。

たとえば、同僚が夏休みに沖縄に旅行に行ったという話で盛り上がっている場面を目撃すると、目立ちたがり屋の人は『自分はハワイに行った』というように、さらに周りから注目を集めそうな話題を作り出して同僚よりも目立とうとします。

しかし、沖縄に行った同僚がみんなにお土産を渡しますと、当然、周囲からは『ハワイのお土産は?』というように聞かれてしまうでしょう。

このように、自分が目立つための嘘はボロが出やすくて嘘がバレてしまいやすいですが、虚言癖のある人は『お土産は買い忘れた』とか『空港のトラブルにあった』というように嘘に嘘を重ねてごまかそうとするでしょう。

虚言癖のある男性の特徴

虚言癖のある男性は、自分のプライドを保つための嘘をつく傾向があります。

たとえば、初対面の人に仕事の役職を偽ったり、時には職業すら偽って相手に伝えたりすることも少なくありません。

また、職場では彼女がいないにもかかわらず『自分の彼女は才色兼備だ』というように、誰もが羨ましがるような女性像をでっち上げて、周りの人に自慢する傾向があります。

そのため、周りの人からは仕事もプライベートも充実した人だと思われることが多いですが、実際には自分の理想を並べているだけの可能性も高いです。

虚言癖のある女性の特徴

虚言癖のある女性は、恋愛についての嘘をつく傾向が非常に強いです。

たとえば、地元が違う友人と自分の学生時代の卒業アルバムを見ていた際に、友人から『この人かっこいいね』と言われますと、虚言癖のある女性は『その人、私の元カレだよ』というような嘘を平気でついたりしがちです。

このように、虚言癖のある女性は真偽が確認しにくい嘘をつくことが多く、相手も嘘を信じてしまいやすい傾向があります。

また、現在の彼氏についても『イケメンで背が高くて優しい』というように、誰もが羨む男性像を創り出しますが、実際には彼氏すらいない可能性も少なくありません。

虚言癖の原因

虚言癖の原因は以下の通りです。

・努力ができない
・自信がない
・劣等感が強い
・虚栄心を満たしたい
・プライドが高い

虚言癖の原因:努力ができない

虚言癖のある人になってしまう原因の1つに、努力ができない性格が挙げられます。

なぜならば、自分で努力をすることができない人は理想ばかりが増えてしまうため、嘘をつくことで理想に少しでも近づこうとするからです。

そのため、本当はできないことやしていないことを、平気で『自分がやった』と嘘をついて周りの人に自慢する傾向があります。

そして、自分の嘘の自慢話を周りの人から称賛されることで、やってもいないことを自分の手柄のように感じて満足しようとしていると考えられます。

このように、理想ばかりが増えてしまって自分の実力が伴わない人は、嘘をつくことに嘘の内容が大きくて重いものになっていってしまいます。

虚言癖の原因:自信がない

虚言癖のある人は、自分に自信がないために嘘をついてしまうのだと考えられます。

なぜならば、自分ができないことを『できる』と言って嘘をつくことで、周りの人から認められようとしているからです。

そして、嘘によって自分自身を周りの人から認められることで、自分に自信を持てるようになっていきます。

しかし、実際はできないことを自信を持つために『できる』と言って嘘をついていますので、嘘がバレて指摘されたり怒られたりしますと、より一層、自信をなくしてしまう可能性も高いです。

虚言癖の原因:劣等感が強い

虚言癖が強くなる原因の1つに、劣等感の強さが挙げられます。

その理由は、何かに対して劣等感がある人は、その劣等感を払拭するために嘘をつく傾向があるからです。

たとえば、同窓会で久しぶりにあった友人が大手企業の重役になっていますと、中小企業の平社員である自分に劣等感を感じてしまうことも少なくないでしょう。

そのような時に、虚言癖のある人は『自分は会社を設立しようとしているところだ』というような嘘をついて、友人よりもすごいことをしているアピールをしようとします。

そして、周囲から友人よりも褒められて称賛されることで、友人に対する劣等感を払拭しようとしていると考えられます。

虚言癖の原因:虚栄心を満たしたい

虚言癖のある人は、虚栄心を満たすために嘘を重ねている可能性があります。

虚栄心とは、見栄を張ることで自分自身を実際よりも大きく見せようとする気持ちのことを指します。

つまり、虚栄心を満たしたい人は嘘をついて周りの人から称賛されることで、自分の価値観を見出そうとしていると考えられます。

しかし、実際には実力が伴っていないことがほとんどですので、嘘を重ねることで満たされた虚栄心は、自分の実力を目の当たりにする機会ができた瞬間に、さらに空虚なものになってしまうでしょう。

このように、虚言癖のある人は虚栄心を満たしたいという気持ちが大きいですが、自分の期待するように気持ちが満たされることはほとんどありません。

虚言癖の原因:プライドが高い

虚言癖のある人が嘘を重ねる理由の1つに、プライドが高いことが挙げられます。

なぜならば、プライドが高い人は自分のプライドを守るためでしたら、たとえ他人が傷つくような嘘やすぐにバレるような嘘も平気でついてしまうからです。

たとえば、仕事でライバル視している同僚がその日一番の営業成績を残しますと、プライドが高い人は『自分はもっと良い成績を残したはずだ』とみんながいる前で話します。

ですが、営業成績は調べたらすぐに分かりますので、虚言癖のある人が嘘をついていることもすぐにバレてしまうでしょう。

しかし、それでもプライドが高い人は自分のプライドを守るために、多くの人がいる前で『自分の方がすごいはずだ』ということを、すぐにバレるような嘘をつくことでアピールしようとします。

虚言癖の治し方

虚言癖の治し方は以下の通りです。

・周囲の人間は見抜いている事に気付く
・バレるリスクを考える
・自覚する
・嘘による自己評価の上昇は無い事を知る
・打ち明ける

虚言癖の治し方:周囲の人間は見抜いている事に気付く

虚言癖のある人が嘘をつく癖をなくしたいと思いましたら、周囲の人間が自分の嘘を見抜いているという事に気付くところから始めましょう。

なぜならば、虚言癖のある人の嘘を見抜かれている事に気づきますと、自分が嘘をついた際に疑われてしまって、嘘についての指摘をされたり質問されたりすることが想像できるからです。

そして、虚言癖のある人は、その場しのぎの嘘をついていることが多いため、上手な言い訳や誤魔化しをすることができません。

ですので、嘘をついていることが明るみになってしまって、周りの人からの信用をなくしてしまう原因にもなってしまいます。

このように、虚言癖のある人は後先考えないで軽い気持ちで嘘をつく傾向が強いですので、自分の嘘が周囲に見抜かれていた際にどうなるかということを想像しますと、簡単に嘘をつくことも減ってくるでしょう。

虚言癖の治し方:バレるリスクを考える

自分の虚言癖を治したいと考えましたら、嘘をついた際のバレるリスクを考えるようにすると良いです。

たとえば、上司に対して仕事の件で嘘を重ねていると、少なからず上司や職場の人たちからの信用はなくなることが想像できます。

また、信用がなくなることで重要な仕事や、やりがいのある仕事を任せてもらえなくなる可能性も高いでしょう。

このように、嘘は周りの人からの信用をなくしてしまい、頼られることが減ってしまう原因になることが多いです。

そのため、周りの人との関係性を円満に保ちたいと考えているときには、バレた時に周囲からの信頼をなくしてしまうというリスクを忘れてはいけません。

虚言癖の治し方:自覚する

自分の虚言癖を治したいと考えましたら、まずは自分に虚言癖があるということを自覚する必要があります。

なぜならば、虚言癖がある人は幼少期から嘘をつき慣れてしまっている傾向があるため、自分の発言ですら事実か嘘かの境界線がはっきりと見えていない可能性があるからです。

そのため、自分自身に虚言癖がある事にすら気付けない人も多く、周りの人からの指摘される事で初めて気付く人も少なくありません。

このように、虚言癖は自分で気づくことが難しい癖ですので、周りの人から虚言癖があるというようなことを言われた際には、怒る前に相手の言葉を真摯に受け止めるようにしましょう。

そして、自分の行動や発言を振り返ってみることで、自分自身の虚言癖に気づくことができて、早期の改善につなげることができるようになります。

虚言癖の治し方:嘘による自己評価の上昇は無い事を知る

虚言癖を治すためには、嘘による自己評価の上昇は無い事を知ることが大切です。

なぜならば、虚言癖のある人は自分の評価を上げるために嘘をつく傾向が非常に強いからです。

しかし、嘘がバレてしまったり信用を失ったりしてしまいますと、必要以上に自分の評価を下げることにもなりかねません。

また、嘘をつく事で相手のことを一時的に欺くことができたとしても、いつかはボロが出てしまいますので、自己評価を上げ続けておくことは不可能だと言えます。

ですので、嘘が必要以上に自分の評価を下げる事につながるということを肝に銘じておくと、簡単に嘘をつくことも減ってくるようになるでしょう。

虚言癖の治し方:打ち明ける

虚言癖があることを自覚していて、その癖を治したいと考えましたら、周りの人に自分には虚言癖があるということを打ち明けてみることも1つの手段です。

ただし、自分の虚言癖を打ち明けるのは仲のいい友人や信頼できる同僚などにとどめておく必要があります。

なぜならば、打ち明けられたところで誰しもが、虚言癖について理解を示してくれるとは限らないからです。

ですので、虚言癖を打ち明けるのは自分自身が信頼できて、自分のことを受け止めてくれるくらいの関係性である人を選ぶ必要があります。

このように、信頼できる相手に虚言癖について打ち明けることができますと、自分では自覚のない嘘について指摘してくれたり、周りの人にも理解を求めてくれたりする可能性が高いです。

ですので、信頼できる相手からの協力は、虚言癖を早期に改善させる手助けになることは、まず間違いないでしょう。

虚言癖のある人への対応

虚言壁のある人への対応法は以下の通りです。

・嘘をついていると気づかせてあげる
・できるだけ距離を置く
・必要最低限の交流で済ませる
・適当に流す
・褒めてあげる

虚言癖のある人への対応;嘘をついていると気づかせてあげる

虚言癖がある人と上手に付き合っていくためには、相手が嘘をついている事に気付かせてあげることが最優先です。

なぜならば、虚言癖のある人は自分で嘘をついている自覚がない人も多いからです。

そのため、虚言癖のある人の嘘によってこちらが嫌な思いをしたり傷ついたりしている事にすら気付けていない可能性も少なくありません。

そこで、虚言癖のある人に対しては、すぐに敬遠してしまうのではなく嘘について注意をしたり、嘘に対して突っ込むような質問をしたりして遠回しに嘘をついている事に気づかせてあげると良いです。

ただし、相手が本当のことを言っている可能性もありますので、相手の話を嘘だと断定して頭から否定をするような言い方は避けた方が良いでしょう。

虚言癖のある人への対応;できるだけ距離を置く

虚言癖のある人に対しては、できるだけ距離を置くようにすると良いです。

その理由は、虚言癖のある人とかかわっていても得をすることは、ほとんどないですし、逆に虚言癖のある人の嘘に巻き込まれて迷惑を被る可能性もあるからです。

ですので、そこまで仲の良くない友人や関わりのない職場の人に虚言癖がある場合には、できるだけ距離を置くことで巻き込まれないようにすることが大切です。

たとえば、仕事で会話をする必要がある場合でも、世間話や相談などはしないで仕事に関する必要最低限の伝達事項にとどめるように心がけましょう。

そうしますと、虚言癖のある人に嘘をつかれて迷惑することも傷つくことも避けることができるでしょう。

虚言癖のある人への対応;必要最低限の交流で済ませる

虚言癖のある人と接する際には、必要最低限の交流にとどめておくことが大切です。

なぜならば、虚言癖のある人に対して必要以上に関わったり自分のことを話したりしますと、虚言癖のある人に都合のいいような嘘をつかれて利用されてしまう可能性があるからです。

そのため、虚言癖のある人には相談事や悩み事を打ち明けることはオススメできません。

また、虚言癖のある人は平気で悪びれる様子もなく嘘をつきますので、虚言癖のある人の話を真に受けてしまうこと自体、避けなくてはならないです。

このように、虚言癖のある人とは関われば関わるほど、嘘が増えて悪質化していく可能性が高いですので、仕事などでどうしても会話をしなくてはならない場合でも、必要最低限の会話にとどめることをおすすめします。

虚言癖のある人への対応;適当に流す

虚言癖のある人は、自分のことを大きく見せたいために嘘をつく場合が多いです。

ですので、その話を信じて真に受けてしまいますと、話が嘘だと気づいた時にこちらが傷ついてしまいますし、嘘だとわかっていながら話を聞くことはストレスを溜めてしまいかねません。

また、普通のことをしているだけでは注目を集めることができないと感じた人が、誰もが興味を示すような嘘をつく事で、脚光を浴びようと考えているケースも少なくありません。

そこで、虚言癖のある人が周りから注目を集めるために嘘をつき始めましたら、話を適当に受け流して会話を早く終わらせるように仕向けると良いです。

そうしますと、虚言癖のある人も執拗に話しかけてくることもなくなりますし、こちらのストレスが溜まり続けることもなくなります。

虚言癖のある人への対応;褒めてあげる

虚言癖のある人は、寂しくて周りから認められたい気持ちが、嘘をつく事につながってしまっている場合も考えられます。

そこで、寂しい気持ちを埋めるために嘘をついているような人に対しては、素直に虚言癖のある人の行いや人間性を褒めてあげてみましょう。

そうしますと、虚言癖のある人も自分の存在価値を見出すことができて、嘘をつかなくても周りの人と上手に関わりを持つことができるようになるかもしれません。

ただし、努力ができなくて嘘をつくような人に対して褒めてしまうと逆効果になりかねないので、相手が嘘をつく原因を見極めることは、虚言癖のある人と上手に接するためには不可欠な要因になります。