あなたの周りには、感情の起伏が激しい人はいますか?

些細なことで泣いたり怒ったり。

そうかと思うと、いつのまにかケラケラと笑っていたり…

正直、扱いにくさを感じますよね?

感情の起伏が激しい人に対しては、何を言うことが怒りや悲しみの引き金になるかが分かりません。

逆を言うと、相手の性格や感情が敏感になるポイントを知っておくことで、必要以上にトラブルやケンカを防ぐことができるかもしれません。

それでは早速、感情の起伏が激しい人の特徴と対処法についてご紹介をしていきましょう。

感情の起伏の意味とは

感情の起伏とは、喜怒哀楽の感情が変化することを指し、感情の起伏が激しい人とは感情の起伏の高低差が大きい人のことを指します。

たとえば、さっきまではデートを非常に楽しそうにしていた女性が、行く予定だったお店が混んでいたり予定が狂ったりしただけで、すぐに怒り出して帰ろうとしてしまうと、女性の感情の起伏の激しさに男性はついていけなくなるでしょう。

このように、感情の起伏とは怒ったり笑ったり、そして泣いたり楽しんだりというような感情を表現することを言います。

そして、物事に対して我慢の気持ちを持って自分の感情をコントロールすることができるかどうかが、感情の起伏が激しくなるか緩くなるかということを決定づけると言えるでしょう。

感情の起伏が激しい人の特徴

感情の起伏が激しい人の特徴は以下の通りです。

・感情の赴くまま・気分や体調次第・調子がいい時は怖いくらいハイテンション・やるときとやらないときの差が激しい
・わがままで自己中心的・自分勝手・我慢ができない・思い通りにならないのが嫌・自分が一番だと思っている・甘やかされている
・無責任・責任感が低い・自分の発言や行動に責任が持てない
・自己顕示欲が強い・自己主張が激しい・常に主張したいものがくすぶっている
・寂しがりや・かまってほしい・自分のことを注目してほしい
・人間関係に問題を抱えている・人に依存しやすい
・周囲にやたらと敏感・周りの人が気になって仕方がない・周囲の目を気にする・被害妄想が激しい
・臨機応変に対処する事が出来ない・柔軟性に欠ける・計画通りに物事を運ぶことが好き
・不安やストレスを抱えている・ストレスをうまく解消できない
・ホルモンバランスの乱れ
・睡眠不足・疲れがたまっている

感情の起伏が激しい人の特徴:感情の赴くまま・気分や体調次第・調子がいい時は怖いくらいハイテンション・やるときとやらないときの差が激しい

感情の起伏が激しい人は、調子がいい時は怖いくらいにハイテンションになる傾向があります。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は何の我慢もすることなく、自分の感情の赴くままに行動をするからです。

そのため、やるとなったらとことんやりますが、やらないとなると仕事や勉強のようにやらなくてはならないようなことも投げ出してしまうことも少なくありません。

また、感情の起伏が激しい人は気分や体調次第で行動することも多く、ほんの少しでも平熱よりも熱が上がるとやる気がなくなってしまい、平気で仕事を休んだり早退したりしてしまいます。

このように、感情の起伏が激しい人はやるべきことをやることよりも、自分の感情を優先させる傾向があるため、仕事では責任感がなく信頼できない人だと思われることも少なくありません。

感情の起伏が激しい人の特徴:わがままで自己中心的・自分勝手・我慢ができない・思い通りにならないのが嫌・自分が一番だと思っている・甘やかされている

感情の起伏が激しい人は、わがままで自己中心的な考え方をしている人が多いです。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は周りの人に合わせて我慢をしたり意見を譲ったりすることができないからです。

さらに、感情の起伏が激しい人は何をしても自分が一番正しいと思っているため、自分の思い通りにならないと怒り出してしまって、周りの人を罵倒したり貶したりしてしまうことも少なくありません。

このように、自分勝手で何一つ我慢することができない人は、育った環境や今の生活環境の中で、親や周りの人から甘やかされて育っている可能性があります。

そして、自分が優遇されることが当たり前だと思っているため、社会に出て上下関係のある会社に勤めると、なかなか優遇してもらえない環境に我慢できなくなって怒り出してしまうのだと考えられます。

感情の起伏が激しい人の特徴:無責任・責任感が足りない・自分の発言や行動に責任が持てない

感情の起伏が激しい人は、自分の発言や行動に責任を持つことができない無責任な性格をしている人が多いです。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は自分の気分や感情の赴くままに行動してしまうからです。

そのため、やらなくてはならない仕事があったとしても、気分が乗らないとなかなか仕事に取り掛かることができなくて、仕事の納期に間に合わなくなってしまうことも少なくありません。

また、感情の起伏が激しい人はわがままで自分中心に物事を考えている傾向がありますので、責任を果たすことよりも自分に都合が良い道を優先させてしまいます。

このように、感情の起伏が激しい人は責任感が足りないため、仕事でもプライベートでも周りの人からの信頼が薄くて、頼られることや相談事をされることは、ほとんどないでしょう。

感情の起伏が激しい人の特徴:自己顕示欲が強い・自己主張が激しい・常に主張したいものがくすぶっている

感情の起伏が激しい人は、自己顕示欲が強くて、常に主張したいものがくすぶっている傾向があります。

そのため、自己顕示欲が強い人は自己主張が激しすぎて、相手の話をまともに聞くことができずに話に割って入っていってしまうことも少なくありません。

また、相手と会話をする時にはいつも自己顕示欲が強い人ばかりが話していて、ほぼ一方的に自分の意見や主張を相手に押し付けてしまうことが多いです。

このように、自己主張が激しい人は自分の意見を押し通すために他人の意見をないがしろにしたり、相手の考えを非常識だと咎めたりしてしまいがちです。

ですので、周りの人からは一緒にいても面倒で疲れてしまう存在だと思われて敬遠されてしまうことが多くなってしまいます。

感情の起伏が激しい人の特徴:寂しがりや・かまってほしい・自分のことを注目してほしい

感情の起伏が激しい人は、寂しがりやな性格をしている傾向があります。

なぜならば、寂しがりやな人は何か目立つことをして周りの人からの注目を集めて、かまってもらおうとしているからです。

そのため、嬉しい時にはオーバーに喜んだり、嫌な気分になった時には大げさなほどに怒ったりすることで、自分に注目をしてもらい声をかけられるのを待っているのだと考えられます。

このように、寂しがりやで周りの人からかまってもらうことを待っている人は、普通に生活をしているだけでは周囲の人と上手に交流を取ることができない、内向的な性格をしている人も多いです。

感情の起伏が激しい人の特徴:人間関係に問題を抱えている・人に依存しやすい

感情の起伏が激しい人は、人間関係に問題を抱えている可能性があります。

なぜならば、人間関係がうまくいかないとストレスを抱えてしまったり辛い気持ちになったりしてしまうことが多いからです。

たとえば、職場の中でいじめられていたり嫌がらせを受けていたりすると、自分でも気持ちをコントロールできなくなってしまって情緒不安定になってしまいやすくなります。

そのため、普通に生活をしていても急に悲しくなったり辛くなったりして泣き出してしまうことも少なくありません。

また、このように人間関係がうまくいかない人は、自分と仲良くしてくれる数少ない友達や同僚に依存してしまう傾向もあります。

ですので、その依存している相手とケンカをしたり疎遠になったりしてしまい、関係性が悪くなってしまうと、より一層、感情の起伏が激しくなってしまいやすくなります。

感情の起伏が激しい人の特徴:周囲にやたらと敏感・周りの人が気になって仕方がない・周囲の目を気にする・被害妄想が激しい

感情の起伏が激しい人は、周りの人が気になって仕方がなくなってしまうことが多いです。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は自分に対する周りの人からの評価を、異常なほどに気にしているからです。

そのため、常に周りの目を気にしながら生活をしているため、自分の本心や感情を素直にさらけ出せないことが多いです。

また、感情の起伏が激しい人は被害妄想が激しくなってしまいがちで、周りの人の会話や行動にやたらと敏感になってしまいやすいです。

たとえば、同僚が自分の方を見ながら話をしていたり、耳打ちをしていたりする場面を目撃すると、被害妄想が激しい人は自分の悪口を言っていると勝手に勘違いして落ち込んでしまいます。

このように、感情の起伏が激しい人は自分の中で勝手に妄想を広げて悲しい気持ちを大きくしてしまうため、本当は悪口を言われたり嫌われたりしていないにもかかわらず、無意味に落ち込んだり泣いたりしてしまいやすくなるのだと考えられます。

感情の起伏が激しい人の特徴:臨機応変に対処する事が出来ない・柔軟性に欠ける・計画通りに物事を運ぶことが好き

感情の起伏が激しい人は、トラブルが起こったり問題が起きたりした時に、臨機応変に対処することが出来ない人が多いです。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は柔軟性に欠ける性格をしているからです。

そのため、予定通りに物事を運ぶことが好きで、想定外の出来事が起こることや予定にないことをされることを嫌う傾向があります。

たとえば、予定通りに物事を運ぶことが好きな人は、デートの日取りが決まるとデートプランを完璧に計画して、その計画通りにデートを進めようとします。

ですので、恋人が遅刻してきたり予定にはない店に行きたいと言ったりすると、感情の起伏が激しい人は急に不機嫌になってしまい、臨機応変に予定を変えることもなく無理矢理にでも自分が考えたスケジュールを実行に移します。

そして、計画から外れたことをしている時には非常に不機嫌になりますが、どうにか軌道修正をしてスケジュール通りに物事を進めることができるようになると、急に機嫌が良くなって饒舌になることも少なくありません。

感情の起伏が激しい人の特徴:不安やストレスを抱えている・ストレスをうまく解消できない

感情の起伏が激しい人は、不安やストレスを抱え込んでしまっている可能性があります。

なぜならば、常に不安やストレスがあると、自分の感情をうまくコントロールすることが出来なくなってしまうからです。

そのため、ストレスをうまく解決することが出来な人は、いつもイライラしている上に些細なことで急に泣き出したり必要以上に落ち込んだりしてしまうことも少なくありません。

このように、ストレスや不安を抱え込んでしまいがちな人は、信頼できる友人や同僚に話したり趣味の時間を作ったりして、少しずつ上手にストレスを発散させていくと良いでしょう。

そうすることで、自分の気持ちを上手にコントロールすることができるようになり、落ち着いた性格になることができるでしょう。

感情の起伏が激しい人の特徴:ホルモンバランスの乱れ

感情の起伏が激しくなってしまう原因の一つに、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。

なぜかというと、ホルモンバランスが乱れるとイライラしやすくなったり疲れを感じやすくなったりするからです。

そのため、情緒不安定になりやすくなって、些細なことでも怒ったり泣いたりしてしまいやすくなるのだと考えられます。

たとえば、妊娠中や出産後の女性はホルモンバランスが大きく崩れているため、新しい命が生まれることにたいする喜びや幸せだけではなく、不安や疲労も感じやすくなると言われています。

このように、ホルモンバランスの乱れは目には見えないからこそ、自分でも上手に対処することができなくて、感情の起伏が激しくなって自分でも気持ちを安定させることができなくなってしまうのだと考えられます。

感情の起伏が激しい人の特徴:睡眠不足・疲れがたまっている

普段は落ち着いている人が感情の起伏が激しくなる時には、ストレスや疲れがたまっている可能性があります。

なぜならば、人は睡眠不足で眠れない日が続いていたら疲れを溜め込んでしまっていると、気持ちに余裕を持つことができなくなりイライラしてしまうからです。

そして、疲れすぎたり眠すぎたりすると普段は我慢できるようなことも我慢できなくなり、怒りやすくなったり泣きやすくなったりしてしまいます。

このように、睡眠不足だったり疲労がたまっていたりすると、ゆっくりと眠って休憩する時間ができるまでは、なかなか上手に気持ちを落ち着かせることができなくなってしまうことが多くなるでしょう。

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法は以下の通りです。

・相手の本心を理解する・本心を探る
・原因を探る・地雷となるものを覚える・性格を熟知しておく
・落ち着いて話す・相手の感情に流されない・振り回されない・相手のペースに乗らない
・受け流す・聞き流す・真正面から受け止めない
・反論や否定をしない・安心感を与える・褒めてあげる
・期待しない・他人の心を変えることはできないと知る・変えるのは、不可能だと理解する
・距離を置いて付き合う・適度な距離を置く・一歩引いて対応

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法:相手の本心を理解する・本心を探る

感情の起伏が激しい人と上手に付き合っていくためには、相手の本尊を理解してあげる努力をすると良いです。

なぜかというと、感情の起伏が激しくなってしまうのには、疲労やストレスなどのように改善することができる原因がある場合が多いからです。

そのため、感情の起伏が激しい人と上手に付き合いたいとか、気持ちを落ち着かせるための力になってあげたいと考えましたら、まずは相手の本心を探って何を求めているのかということを考えてあげると良いです。

そして、感情の起伏が激しくなる原因や相手の要求を理解できたら、できる限り話を聞いてあげたり改善方法を考えてあげたりすると良いでしょう。

そうすることで、感情の起伏が激しい人も自分のことをしっかりと考えてくれる相談相手に話をすることで、徐々に気持ちを落ち着かせていくことができるようになるでしょう。

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法:原因を探る・地雷となるものを覚える・性格を熟知しておく

感情の起伏が激しい人と上手に付き合っていくためには、相手の性格を熟知しておくことが大切です。

そして、怒りやすくなったり泣きやすくなったりしてしまう地雷となるものを覚えておいて、その地雷を避けながら生活をしておくと感情の起伏が激しくなることを未然に防ぐことができるようになるでしょう。

そこで、まずは感情の起伏が激しい人と接する際には、相手の感情の起伏が激しくなる原因やタイミングを探って把握しておくと良いでしょう。

そうすることで、極力、相手を怒らせたり悲しませたりすることを避けることができて、他の人と同じように接していくことができるようになります。

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法:落ち着いて話す・相手の感情に流されない・振り回されない・相手のペースに乗らない

感情の起伏が激しい人と上手に付き合っていくためには、相手の感情をに流されないで自分の気持ちをしっかりと持って落ち着いて話すことが大切です。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は喜怒哀楽が目まぐるしく変わっていくため、いちいち感情移入したり相手のペースに乗ったりしてしまうと、こちらがストレスを抱えてしまうからです。

また、相手のペースに乗ってしまって振り回されると、相手はより一層、感情をコントロールできなくなりますし、自分でも何が正しいのかということがわからなくなってしまいます。

ですので、感情の起伏が激しい人が情緒不安定なタイミングで話しかけなくてはならない時には、あくまでも自分の考えや意思をしっかりと持った上で会話をするのに心がけると良いです。

そうすることで、相手のペースに流されることなく、いうべきことをしっかりと主張することができるようになります。

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法:受け流す・聞き流す・真正面から受け止めない

感情の起伏が激しい人と上手に付き合っていくためには、相手の話は聞き流したり受け流したりすることをおすすめします。

なぜかというと、感情の起伏が激しい人は勝手に被害妄想を膨らませて怒っていたり悲しんでいたりする傾向があるからです。

そのため、相手の話を真正面から受け止めてしまうと相手の思うツボになってしまいますし、こちらがストレスを抱えてしまう原因にもなりかねません。

そこで、感情の起伏が激しくて情緒不安定になっている相手と接する際には、相手の話は真正面から受け止めないで、ある程度のところで聞き流して真に受けないようにすると良いでしょう。

そうすることで、相手の感情に惑わされることなく、しっかりと自分自身を持ったまま相手に接することができるようになります。

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法:反論や否定をしない・安心感を与える・褒めてあげる

感情の起伏が激しい人と上手に付き合いたいと思いましたら、相手の意見や主張に反論や否定をしないようにすることも大切です。

なぜならば、感情の起伏が激しい人は自分に自信を持てないために不安な気持ちやストレスをいつも抱えている可能性があるからです。

そのため、自分の不安な気持ちと上手に付き合うことができなくて感情をコントロールできなくなり、怒りやすくなったり泣きやすくなったりするのだと考えられます。

そこで、感情の起伏が激しい人に対しては褒めたり認めたりしてあげることで、相手に安心感を与えてあげると良いでしょう。

そうすることで、相手もだんだんと気持ちを落ち着かせることができるようになり、冷静な判断をして感情をコントロールすることができるようになってくるでしょう。

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法:期待しない・他人の心を変えることはできないと知る・変えるのは、不可能だと理解する

感情の起伏が激しい人と上手に付き合うためには、他人の心を変えることはできないということを理解した上で、相手に期待することをやめると良いです。

なぜならば、自分の一言や些細な行動で他人の心を変えることは、ほとんどできませんし
自分自身も他人からの言葉一つでは意見や価値観を変えることは難しいからです。

また、相手が感情を上手にコントロールできるようになることを期待すると、喜怒哀楽が激しくなった時にイライラしたり文句を言いたくなってしまったりすることも多くなります。

そのため、感情の起伏が激しくて情緒不安定な人に性格を改善してほしいと思ったとしても、自分には他人を変えることは不可能だと割り切ってしまうと良いでしょう。

そうすることで、相手の行為や発言にイライラすることも減りますし、相手の性格を改善してあげられないことに自責の念を持つこともなくなるでしょう。

感情の起伏が激しい人との付き合い方や対処法:距離を置いて付き合う・適度な距離を置く・一歩引いて対応

感情の起伏が激しい人と上手に付き合っていくためには、相手とは適度な距離を置いて付き合うようにすると良いでしょう。

そして、関わるタイミングがある場合には、相手とは一歩引いた立ち位置で対応するように心がけると良いです。

たとえば、職場の同僚が感情の起伏が激しくていつも怒ったり泣いたりしているような人の場合は、深く相談に乗ったり仲良くしたりしすぎることなく、必要最低限の仕事の会話にとどめることも大切です。

そうすることで、自分自身がイライラしてストレスを溜めることもなくなりますし、相手から感情をぶつけられて辛い気持ちになることもなくなるでしょう。