みなさんは、『言われたことしかできないのか』と言われて怒られたことはありませんか?

周囲に言われたことしかできない人がいる場合には分かると思いますが、言われたことしかできない人は特に仕事面で周りの人に迷惑をかけることが多いです。

あなたは、自覚がないだけで実は言われたことしかできない人ではありませんか?

自覚がある人もない人も、興味がある人はぜひ続きを読み進めていってみてください。

言われたことしかできない人の特徴と性格、そして改善方法を詳しく学ぶなどができますよ。

言われたことしかできない人の特徴・性格

言われたことしかできない人の特徴や性格は以下の通りです。

・自分からは率先して行動しない
・自分の頭で考えることが苦手な人
・叱られるのが嫌だ
・決断できない人
・意見を持たない人
・理解力がない
・モチベーションが上がらない・欠落している
・機転がきかない・要領が悪い
・成果を上げるための工夫や努力をしていない
・自分からは喋らない
・失敗やミスは他人のせいにする
・空回りしている人
・計画性がない
・雑談ができない

言われたことしかできない人の特徴・性格:自分からは率先して行動しない

人から言われたことしかできない人は、自分から率先して行動することができない人が多いです。

なぜならば、言われたことしかできない人は、自分で物事を考えて行動をしていないからです。

そのため、判断も決断も他人任せで自分の意思で、言われたことしかできない人は物事を決めたことがない人がほとんどです。

このように、自分から率先して行動しない人は、自分が行動を起こして失敗したり怒られたりすることを恐れているのだと考えられます。

ですので、いつも決断力のある人や権力のある人の後ろに隠れて指示を受けるだけの存在となり、責任を負うことから逃れているのでしょう。

言われたことしかできない人の特徴・性格:自分の頭で考えることが苦手な人

他人に言われたことしかできない人は、自分の頭で考えることが苦手ない人が多いです。

そして、自分の頭で考えて間違った決断をするのなら、頭がキレる決断力のある人のいいなりになっていた方が楽だと考えている傾向があります。

そのため、言われたことしかできない人は信頼する相手に言われたことなら、正しいか間違っているかを自分の頭で考える前に行動に移してしまうことも多いでしょう。

このように、自分の頭で考えることが苦手なために相手に言われた通りに行動をする人は、騙されやすく相手に利用されてしまうことも少なくありません。

ですので、相手のことを信頼して言われた通りに行動をしていた結果、気付いた時には周りの人に迷惑をかけることや傷つけることをしてしまっていて、取り返しがつかなくなっていることもあるでしょう。

言われたことしかできない人の特徴・性格:叱られるのが嫌だ

人に言われたことしかできない人は、自分で考えて行動をした結果、失敗して叱られてしまうことを恐れている可能性があります。

そのため、自分で責任を負うことを避けようとして、目上の人や決断力がある人の後ろに隠れて言いなりになっているのだと考えられます。

また、中には指示をしている人が権力者であるため、指示に背いたり意見したりすると怒られたり仕事を辞めなくてはならなくなったりしてしまうこともあるでしょう。

このような事態を防ぐために、権力者の言うことが間違っていると思っていても逆らうことができなくて、相手が言った通りに動かなくてならないと思ってしまっている人もいるでしょう。

このように、言われたことしかできない人の多くは、言われたこと以外をしたことで指示者から叱られることを恐れているのだと考えられます。

言われたことしかできない人の特徴・性格:決断できない人

人に言われたことしかできない人は、自分で思い切って決断することができない人である場合が多いです。

なぜならば、自分で決断することができない人は、いくら考えても『もしもの事態』を想定し過ぎてしまい、どの道を決断するのが正しいのかということが分からなくなってしまっているからです。

そのため、物事をすぐに選択することができる決断力のある人が言うことに従うことで、悩むことなく行動をしようとしているのだと考えられます。

このように、自分で物事をはっきりと決断することができない人は、優柔不断で普段から些細なことも決断するのに時間がかかってしまっている人が多いです。

言われたことしかできない人の特徴・性格:意見を持たない人

他人に言われたことしかできない人は、自分自身の意見を持っていない可能性が高いです。

そして、どのような時でも他人の意見の中で最も正しいと思う意見や、権力がある人の意見に賛同することでその場をしのいでいる傾向があります。

たとえば、自分の意見を持たない人は上司や社長のように、その場で一番権力がありそうな人に言われたことが一番正しいのだと判断して、その人からの指示を言われた通りにこなそうとします。

そのため、自分の意見を持たない人はその場その場で意見が変わることが多く、周りの人からは何を考えているのかということが分からないと思われてしまうことも多いです。

このように、言われたことしかできない人は長いものに巻かれる傾向がありますので、決断力があっても立場が弱い人や権力がない人の言うことには賛同しないことも少なくありません。

言われたことしかできない人の特徴・性格:理解力がない

人から言われたことしかできない人は、相手の言葉に対する理解力がないのだと考えられます。

なぜかというと、理解力がない人は社交辞令や言い回しを理解することができなくて、言われたままの意味で捉えてしまうからです。

たとえば、理解力がない人は母親から『この鍋に火をかけているから見ていてちょうだい』と言われると、本当に見ているだけで吹きこぼれても焦げても何の対処もしません。

ですので、理解力がない人に対しては『鍋に火をかけているから焦げそうになったら止めてちょうだい』というように、1から10まで全ての可能性を言っておかなくてはいけないということです。

このように、理解力がない人は物事に対して気を利かせて行動することができないため、時には周りの人をイラつかせてしまったり臨機応変さが足りないと思われてしまったりすることも多いでしょう。

言われたことしかできない人の特徴・性格:モチベーションが上がらない・欠落している

人から言われたことしかできない人は、モチベーションがなかなか上がらない性格をしている可能性があります。

そのため、モチベーションが上がるまではやる気が出なくて、とりあえず言われたことだけをやっておいたら良いだろうというような考えをしてしまっているのだと考えられます。

さらに、モチベーションが欠落しているような人は、常にやる気がなくて人から言われたことを作業として捉えてしまっている場合も考えられます。

たとえば、妻から『買い物の間、少し子供の面倒を見ていてちょうだい』とお願いをされると、モチベーションが欠落している人は一緒に遊んであげることはなく決まった時間にミルクをあげたりオムツを替えたりというような最低限の作業をこなすことで満足をしてしまいます。

このように、モチベーションが欠落しているような人は、相手に対する感情表現が薄いため、いつも何を考えているか分からないと思われてしまうことが多いでしょう。

言われたことしかできない人の特徴・性格:機転がきかない・要領が悪い

人から言われたことしかできない人は、機転がきかない人が多いです。

なぜかというと、言われたことしかできない人は臨機応変な対応をすることが苦手で、マニュアルどおりにしか物事を進めることができない性格をしているからです。

そのため、想定外のトラブルが起きたり予想していなかった時代に陥ったりすると、戸惑ってしまって誰かが支持してくれるのをただ待っているような状態になってしまうことも少なくありません。

このように、何をしていても機転がきかない人は非常に要領が悪くて、物事を順序立てて進めることができないため、いつも仕事がたまっていたり残業ばかりしていたりする傾向があります。

言われたことしかできない人の特徴・性格:成果を上げるための工夫や努力をしていない

人から言われたことしかできない人は、成果を上げるための工夫や努力をしていないと考えられます。

たとえば、普通の人なら仕事で成果を上げるためには何をしたら良いかということを自分で考えて行動を起こします。

そして、その行動によって失敗したり成功したりということを繰り返していくうちに、要領をつかんで成果を上げるための方法を考えたり学んだりしていくものです。

しかし、人から言われた通りにしか動けない人は自分で物事を考える努力すらしないため、成果を上げる方法や手段まで他人に指示してもらうのを待っている可能性が高いです。

そして、そんな都合のいい方法を努力もしない人に丁寧に教えてくれる人は、まずいませんので自分で努力や工夫をして成果を上げようとしない人は、ほとんど大成することはできないでしょう。

言われたことしかできない人の特徴・性格:自分からは喋らない

人から言われたことしかできない人は、自分から喋らない性格をしている人が多いです。

なぜならば、言われたことしかできない人は、積極性に欠ける性格をしているからです。

そのため、自分で考えて行動をすることができませんので、自分の意思で周りの人に話しかけることもほとんどできません。

そして、相手から話しかけられるのをただひたすらに待っていて、話しかけられたとしても自分の意思や考えを主張することはまずないでしょう。

このように、自分から喋ることをしない人は自ら友人を作ることも難しいですし、普段から喋らないため周りの人も話しかけづらくて関わりにくいと思われてしまうことが多いため、周りの人からは積極的に話しかけてきてくれることも少ないでしょう。

言われたことしかできない人の特徴・性格:失敗やミスは他人のせいにする

人から言われたことしかできない人は、いざ自分が失敗をしたりミスをしたりすると、自分に指示をした人のせいにする傾向があります。

なぜならば、人から言われたことしかできない人は、言われた通りに物事を進めているだけだからです。

そのため、言われた通りにしっかりとやったことで失敗をしても、自分は悪くないと考えている可能性が高いです。

そして、自分は悪くないと思っているため、自分がやったことで周りの人に迷惑をかける結果になったとしても、素直に謝ることができずに指示をした上司のせいにしようとしてしまいます。

このように、自分のミスを他人のせいにする傾向がある人は、本当に自分が悪くないことで失敗してしまった時に誰も庇ってくれなくなってしまいます。

言われたことしかできない人の特徴・性格:空回りしている人

人から言われたことしかできない人は、空回りをしてしまうことが多いです。

なぜならば、人から言われたことしかできない人は、言われたことを言われた通りにしかこなすことができないからです。

そのため、たくさん要求をされたりいろいろな人からお願いことをされたりすると、自分で優先順位や方法を考えて行動をすることができないですので、全てのことがうまくいかいなくなって空回りしてしまうのだと考えられます。

このように、自分で物事を考えることができない人は、大切な場面でも自分で判断をすることができずに空回りしてしまいますので、トラブルが起きたり想定外のことが起きたりした時に、いらないことをして周りの人に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。

言われたことしかできない人の特徴・性格:計画性がない

人から言われたことしかできない人は、計画性がない人が多いです。

なぜかというと、他人から言われたことしかできない人は、言われた通りに物事を進めようとするからです。

そのため、優先順位を考えたりスケジュールを組んでから行動したりすることができなくて、言われた順番に物事をこなそうとしてしまいます。

そうすると当然、気付いた時にはすでに期日が過ぎてしまっているような仕事があったり、今から行っても間に合わないような待ち合わせに気付いたりして、周りの人に迷惑をかけてしまうこともあるでしょう。

このように、言われたことしかできない人は自分で物事の順番を考えたり計画したりすることができないため、しっかりと仕事をこなしていてもトラブルを起こしてしまうことも少なくありません。

言われたことしかできない人の特徴・性格:雑談ができない

言われたことしかできない人は、雑談をすることができません。

なぜならば、雑談をするという指示は誰からも受けていないからです。

そのため、上司から同僚と二人で取引先に行けという指示をされると、言われたことしかできない人は取引先に行くまでの道中ですら余計な話をしないで、言われた仕事をしっかりとこなそうとします。

このように、言われたことをしっかりとこなすために雑談をしないことは、非常に仕事熱心で誠実な人だと言えますが、休憩中や移動中まで雑談をすることができないと、一緒にいる人は息が詰まってしまうでしょう。

言われたことしかできない人の改善方法

言われたことしかできない人の改善方法は以下の通りです。

・相手の考えを聞く
・思考力・考える力をつける
・事前に下準備をしっかりこなして置く
・責任感を持つ

言われたことしかできない人の改善方法:相手の考えを聞く

言われたことしかできない人に対しては、相手の考えや意見を相手の口から直接聞いてみると良いです。

なぜならば、人から言われたことしかできない人は自分で考えることをしないからです。

そのため、いつも人に頼ってばかりいて他人に決断をさせることで自分は責任から逃れようとしていると考えられます。

そこで、まずは相手の考えを聞いた上で修正点やアドバイスがあったら伝えてあげましょう。

このような行為を繰り返していくことで、だんだんと相手も失敗やミスが減ってきて自分の考え方に自信を持てるようになってきます。

すると、今までは言われたことしかできなかった人も、自然と自分で考えて行動することができるようになってくるでしょう。

言われたことしかできない人の改善方法:思考力・考える力をつける

言われたことしかできない人は、考える力をつける努力をすると良いです。

なぜかというと、人から言われたことしかできない人は自分で考えようとする気持ちがない可能性が高いからです。

ですので、言われたことだけではなく自分の意思で行動できるようになりたいと思った時には今、自分が何をしなくてはならないかということを考えながら行動をするように心がけてみると良いです。

そうすることで、自然と私生活の中で思考力が付いてきて、人から支持された通りやマニュアル通りばかりではなく、自分の意思や主張を持って物事に取り組むことができるようになります。

言われたことしかできない人の改善方法:事前に下準備をしっかりこなして置く

人から言われたことしかできない人は、物事に取りかかる前に事前に下準備をしっかりこなして置くと良いでしょう。

なぜかというと、言われたことしかできない人は相手の言葉の通りに動くことしかできないため、いざという時やトラブルが起こった時に、想定外の出来事にどうしたら良いか分からなくなって戸惑ってしまうことが多いからです。

そのため、物事に取りかかる時には想定外の出来事に遭遇しないように、ある程度のことは想定の範囲内にしておく必要があるでしょう。

そして、ある程度のことを想定した上で用意周到に準備をしておくことで、物事に対して臨機応変に対応できる人になることができるでしょう。

言われたことしかできない人の改善方法:責任感を持つ

人から言われたことしかできない人は、自分の行動に対してしっかりと責任感を持つように心がけると良いです。

なぜならば、人から言われたことしかできない人は、自分が臨機応変に動けなかったことで失敗したり問題が起きたりした時に、自分に指示をした人のせいにしてしまうからです。

そして、指示通りに動いた自分は少しも悪くないというような態度を取ってしまうため、仕事ができない人だと思われてしまうことが多くなります。

そこで、まずは人から指示をされた仕事に対しても自分で仕事をこなすプロセスを考えてから、何をどのようにしたら良いか整理してから行動をするようにしてみましょう。

そうすることで、自分が考えてやったことに対しては責任を持てるようになるため、いざという時にミスを人のせいにしたり責任転嫁したりすることもなくなるでしょう。