あなたは、物事に器用にこなすことができる人ですか?

それとも、何をしてもミスしてしまう不器用な人ですか?

不器用は、仕事でもプライベートでも物事を上手く進めることができない性格だと考えられます。

できることなら、何事も器用にこなすことができる万能な人になりたいですよね?

ここでは、不器用な人の特徴と克服する方法を深く考えていきます。

器用に物事をこなす人に憧れている人。

不器用を克服したい人。

ぜひ、じっくりと読み進めてみてください。

不器用な人の特徴

不器用な人の特徴は以下の通りです。

・融通が利かない
・仕事が遅い・作業が丁寧
・決断を下すのが遅い・考えすぎる
・頼まれたら断れない
・人付き合いが苦手・社交辞令が苦手
・臨機応変な対応ができない・臨機応変が苦手
・説明が苦手・説明下手
・口数が少ない
・感情表現が苦手
・集中力が高い
・諦めない
・信念がある・芯が強い
・客観的な視点で見ている
・人から応援してもらいやすい

不器用な人の特徴:融通が利かない

不器用な人は、物事に対して融通が利かない性格をしている傾向があります。

なぜならば、不器用な人は物事を決められた通りにしか進めることができないからです。

そのため、トラブルが起きた時や想定外のことが起きた時などに、柔軟に対応することができないのだと考えられます。

たとえば、不器用な人は上司から頼まれた仕事をこなしている際に取引先からお願い事をされても、優先順位を変えたり上司に相談したりするような融通を利かせることができずに、取引先からの依頼を断ってしまうことも少なくありません。

そのため、仕事では失敗することや相手に嫌な思いをさせてしまうことも多く、周囲に迷惑をかけてしまうことも多くなってしまうでしょう。

不器用な人の特徴:仕事が遅い・作業が丁寧

何事に対しても不器用な人は、仕事が遅い傾向があります。

なぜならば、不器用な人は効率的に仕事をこなすことができないからです。

そのため、たとえ遅くなるとしても一つ一つの仕事を確実にこなしていかなくては、仕事を進めることができない人が多いです。

ですが、このような不器用な人の仕事の進め方は、考え方によっては作業が丁寧で正確性が高いとも言えるでしょう。

ですので、仕事は遅いですが不器用な人がこなした仕事はとても丁寧で、ミスが少ないことに定評があることも多いです。

このように、不器用な人は仕事は遅いですが丁寧ですので、仕事を与える側が配慮をして与える仕事を考えてあげると、誰よりも丁寧でしっかりとした仕事をこなしてくれることを期待できるでしょう。

不器用な人の特徴:決断を下すのが遅い・考えすぎる

不器用な人は、決断を下すのが遅い傾向があります。

なぜかというと、不器用な人は物事の一つ一つを深く考えすぎてしまう性格をしているからです。

そのため、何に対しても優柔不断ですぐに決断をすることができないため、周りの人から遅れを取ってしまったり相手のことを待たせてしまったりすることも少なくありません。

そして、その結果、取引先への返事をするのが遅れてしまい、仕事をもらえるチャンスを逃してしまったり、考える時間が長すぎるために相手を怒らせてしまったりすることもあり得るでしょう。

このように、不器用な人の考えすぎる性格は、せっかくのチャンスやタイミングを逃してしまう損しやすい性格だと言えるでしょう。

不器用な人の特徴:頼まれたら断れない

不器用な性格の人は、相手から何かを頼まれると断ることができない傾向があります。

たとえば、自分自身も仕事がたまって残業することが確定しているにもかかわらず、同僚から仕事を手伝って欲しいと頼まれると、不器用な人はなかなか上手に断ることができません。

さらに、不器用な人は立て込んだ仕事をスムーズに片付ける効率性がありませんので、頼まれれば頼まれるほど自分の仕事量と負担が増えるだけになってしまいます。

このように、他人の頼みを断ることができない人は、自分は他人にお願いごとをすることが苦手なため、相手からの依頼は受け入れてばかりになってしまいやすい性格をしています。

そのため、自分ばかりが負担を抱えて疲れてしまったりストレスを溜めてしまったりすることも多いでしょう。

不器用な人の特徴:人付き合いが苦手・社交辞令が苦手

物事を上手にこなせない不器用な人は、人付き合いを円滑に進めることが苦手な人が多いです。

なぜならば、不器用な人は他人に対して社交辞令をいうことが苦手だからです。

そのため、相手と上手に関係性を築くために相手が喜ぶことを言ったり気を遣った行動をとったりすることができなくて、いつも正直に思ったことを口にしてしまう傾向があります。

たとえば、不器用な人は自分の子どもの幼稚園で他のママ友にあった際に、『◯◯ちゃんはいつもかわいいね』というように相手の子どもを褒めるような社交辞令を言うことができなくて、スルーしてしまうことが多いです。

さらに、不器用な人は無理に社交辞令を言おうとして太り気味の子どもの親に対して『◯◯くんはいつもよく食べているね』というようなとても褒めているとは思えないような言葉をかけてしまいます。

このように、普段から社交辞令を言い慣れていない人は、急に相手に気を遣おうとすると逆に失敗してしまい、相手との関係性を悪くしてしまう可能性が高くなるでしょう。

不器用な人の特徴:臨機応変な対応ができない・臨機応変が苦手

不器用な性格の人は、とにかく臨機応変な対応をすることができない人が多いです。

なぜならば、不器用な人は自分で物事を考えることが苦手なため、上司や相手から言われたことを言われた通りに進めなくては気が済まないからです。

ですので、トラブルが起きた時や緊急事態の時でも臨機応変な対応をすることができなくて、いつでもマニュアル通りに対応してしまうことが多いです。

さらに、臨機応変に対応することが苦手な人は、相手に説明したり謝ったりする際にも形式的な言い方になってしまい、心がこもっていないように思われてしまいやすくなります。

このように、臨機応変な対応が苦手な人はいざという時に適切な対応をすることができないため、相手のことを怒らせてしまったり呆れさせてしまったりすることも少なくありません。

不器用な人の特徴:説明が苦手・説明下手

不器用な性格の人は、物事を説明することが非常に苦手な傾向があります。

たとえば、仕事でミスをしてしまい上司からことのあらましを説明することを求められても、不器用な人は時系列で話をすることができなくて、話が行ったり来たりしてしまいやすいです。

また、言いたいことを上手にまとめることができないため、本当に言いたいことが何なのか相手に伝わりにくいことが多くなってしまうでしょう。

このように、不器用な人は物事に道筋をつけて説明することが苦手なため、怒られた時だけではなく仕事でプレゼンをするときなどにも自分の言いたいことを上手に正しく相手に伝えることができにくい傾向があります。

不器用な人の特徴:口数が少ない

不器用な性格をしている人は、普段から口数が少ない傾向があります。

なぜならば、不器用な人は人付き合いをすることが苦手だからです。

また、内向的な性格をしている人も多いため、自分から相手に積極的に話しかけたり友達を作ったりしたいという気持ちが少ないため、自然と口数も減ってしまうのだと考えられます。

さらに、不器用な人は話しかけたと思ったとしても相手にどのように話しかけたら良いのか、どのように切り返しをしたら良いのかということが分からないため、思い切って話しかけたとしても、どもってしまったり相手から話しかけられた時に上手に返事ができなかったりします。

このように、不器用な人は相手との上手な話し方や盛り上がる話題がわからないため、口数が減ってしまうのだと考えられます。

不器用な人の特徴:感情表現が苦手

不器用な性格をしている人は、感情表現をすることが苦手な人が多いです。

たとえば、不器用な人は恋人からプロポーズをされて嬉しいと思ったとしても、素直にその気持ちを表現する方法が分からなくて、微妙な反応をしてしまうことも少なくありません。

また、退社ギリギリに上司から仕事を依頼されたとしても、断ることも嫌だという雰囲気を出すこともできないため、たとえ仕事終わりに予定があったとしても帰りたいという気持ちを上司に伝えることができなくて、結果的に仕事を引き受けてしまうこともあります。

このように、不器用な人は普通の人が嬉しいことでも嫌なことでも、あまり大きな反応をしないため、周りの人からは何を考えているか分からない関わりにくい人だと思われてしまうことも多いでしょう。

不器用な人の特徴:集中力が高い

不器用な性格をしている人は、集中力が高い人が多いです。

なぜかというと、不器用な人はたくさんのことを上手にこなすことができないため、物事は一つ一つしかこなすことができないからです。

そのため、一つのことに対する集中力は非常に高いものがあり、何かに集中している時には周りの人から声をかけられても気付かないこともあることもある程です。

このように、集中力が高い人は他のことに気を取られたり気が散ったりすることがないため、仕事を任せるとミスや間違いが少なくて正確性がある仕事をしてくれる傾向があります。

ですので、たくさんの仕事はこなせませんが、依頼された仕事はしっかりとこなしてくれるという信頼を持たれていることも多いでしょう。

不器用な人の特徴:諦めない

不器用な性格をしている人は、物事を簡単に諦めることができません。

なぜならば、不器用な人は一度やると決めたことは、何があってもやり通さなくては気が済まないからです。

たとえば、不器用な人は仕事が思うように進まなくて、上司から『その程度でいいよ』というように言われたとしても、最初に求められた結果を出すまでは妥協することができません。

そのため、上司から『もういい』と言われても自分の中では諦めることができなくて、プライベートな時間を割いてでも仕事を続けようとすることも少なくありません。

このように、不器用な人は物事を簡単に諦めない性格をしていますので、仕事は時間がかかることが多いですが粘り強くて妥協しない姿勢を認められることも多いでしょう。

不器用な人の特徴:信念がある・芯が強い

不器用な性格をしている人は、心の中に強い信念を持っている人が多いです。

そのため、信念を貫くためなら自分の意思に反することや自分が意図しないことには手を出さないようにしているからこそ、他の人からは融通が利かないとか気が利かないというように思われてしまうのだと考えられます。

ですが、実際には不器用な人の融通が利かない一面は、芯が強くて自分の信念を曲げたくないことの表れである可能性もあります。

このように、不器用な人は芯が強くて物事を簡単に諦めない性格をしていますので、仕事での信頼度は非常に高いですし、信念を持って粘り強く物事に取り組めることから大きな目標を達成できる人であると考えられます。

不器用な人の特徴:客観的な視点で見ている

不器用な性格の人は、物事を客観的な視点で見ることができる人が多いです。

なぜかというと、不器用な人は物事を進める際にはまずは全体を通して見た上で、スケジュールやプロセスを考えるからです。

また、不器用な人は人間関係ではあまり相手に対して感情移入することがありませんので、誰かにひいきしたり片方の味方になったりすることもほとんどありません。

そのため、誰か一人が得をするような結果になることもなければ、自分が有利になるように物事を進めようとすることもありません。

このように、不器用な人は物事を主観的に見ることなく、常に平等になるように第三者目線で物事を見ようとしますので、人間関係で揉めたり仕事で悩んだりした時に周囲の人から意見を求められることも多いでしょう。

不器用な人の特徴:人から応援してもらいやすい

不器用な性格をしている人は、周りの人から応援してもらえることが多いです。

なぜならば、不器用な人はうまくいかないことの方が多いですが、物事に対して一生懸命でひたむきな姿勢が見られるからです。

そのため、結果が出なくても努力を認めてもらえることが多いですし、周りの人は次に不器用な人の次に期待をして応援してくれるようになります。

このように、不器用な人はミスをしたりトラブルを起こしたりしても、ごまかしたり言い訳をしたりすることなく、しっかりと自分の力で向き合う強さがありますので、周りの人には頑張って成長して欲しいと思われやすく、応援してくれる人もたくさんできるでしょう。

不器用を克服する方法

不器用を克服する方法は以下の通りです。

・準備をしっかりする
・イメージトレーニングをする
・色々なことを経験してみる
・人と接する
・助けてもらう・助けを求める
・優先順位を決める

不器用を克服する方法:準備をしっかりする

自分の不器用な性格を克服したいと考えましたら、物事に取り組む前にはしっかりと準備を整えてから臨むようにすると良いです。

なぜかというと、不器用な人は急なトラブルや予期せぬ事態に臨機応変な対応をすることができないからです。

そこで、これから起こりうる全てのことを想定した上で、何が起きても対処できるように準備を万端にしておいてみましょう。

そうすることで、今までなら想定外の出来事だったことも想定の範囲内にすることができて、冷静に対処をすることができるようになるでしょう。

不器用を克服する方法:イメージトレーニングをする

自分の不器用な性格を克服したいと思ったら、物事を器用にこなせるようにイメージトレーニングをすると良いです。

たとえば、人付き合いが苦手であまり友人がいないような人は、初対面の人に話しかけるタイミングや話の内容をある程度イメージトレーニングで養っておくと良いです。

そして、イメージトレーニングをする際には相手の返事によって自分の返答の選択肢をたくさん作っておくと良いです。

そうすることで、想定外の返事をされたり話を振られたりした時でも、冷静に考えて相手の気を引けるような切り返しをすることができるようになります。

不器用を克服する方法:色々なことを経験してみる

不器用な性格を克服するためには、色々なことを経験することが非常に効果的です。

なぜならば、不器用な人は自分が不器用だという自覚があるからこそ、あまり色んなことにチャレンジすることができなくて、決められたことを決められた通りにしか進めることができないからです。

ですが、そうしているとミスをするリスクは減るかもしれませんが、不器用な性格を克服することはできないでしょう。

そこで、時には思い切って今まで経験したことのないことに手を出してみるのも一つの手段です。

たとえば、今までは仕事で事務作業を好んでやっていたけれど、営業の仕事も担当するように上司に相談してみたり、今までは話すこともなかったような仕事仲間と会話をしてみたりすると良いです。

そうすることで、いろいろなことに触れることへの免疫が付きますし、自分自身も多くの人と触れ合うことで得たことや学習したことを活かして、成長することができるようになるでしょう。

不器用を克服する方法:人と接する

不器用な性格を克服するためには、できるだけ多くの人と接するように心がけると良いです。

なぜならば、たくさんの人と接して関わり合いを持つことで、いろいろな人に対する対応の仕方や話のネタを学ぶことができるからです。

また、たくさんの人と話してみると話し上手な人や聞き上手な人のように、会話の運び方がうまい器用な人と出会える機会も増えます。

そうすることで、不器用な人は器用な人の話し方や仕事の仕方を目で見て学ぶことができますので、少し接しただけでも勉強になることはたくさんあるでしょう。

そして、いろいろな人と接していくことで相手によって臨機応変に返事をしたり対応したりすることができる人になっていくことができるでしょう。

不器用を克服する方法:助けてもらう・助けを求める

不器用な性格を克服するためには、周りの人に助けてもらうことも一つの手段です。

なぜかというと、不器用な人は物事を上手にこなすことはできないけれど、物事に対するひたむきな姿勢が周りの人からは好感を持たれることが多いからです。

ですので、自分一人ではなかなか上手にこなせないことを、周りの人に助けを求めて一緒に作業をしてもらうようにしてみると良いです。

そうしますと、相手の助けを借りて作業は順調に進むことができますし、相手から物事を器用に進める方法を学ぶこともできるようになるでしょう。

このように、不器用な人は周りの人から愛されやすい自分の性格を利用して、不器用な性格を克服することができる場合があります。

不器用を克服する方法:優先順位を決める

不器用な性格を克服したいと思ったら、物事に優先順位をしっかりとつけてから行動に移すと良いです。

なぜかというと、不器用な人は今、目の前にある仕事をこなすことに必死になってしまうからです。

そのため、誰でもできる単純作業に気を取られてしまって、自分が今日中にやらなくてはならない仕事を後回しにして期日に間に合わず、怒られてしまうことも多くなってしまいます。

そこで、たくさんの仕事を抱えている時には、仕事に取り掛かる前に全ての仕事をチェックして、優先順位をつけてから行動に移すように心がけると良いでしょう。

そうすることで、期日が早くて大切な仕事から進めていくことができて、周りの人に迷惑をかけたり怒られたりすることを避けることができます。

不器用な人間の生き方

不器用な人間は、一つのことをひたむきに頑張っていくような生き方をすると、自分も周りの人も過ごしやすい環境を作ることができるでしょう。

たとえば、手先が不器用な人は人間関係をうまく築けるような努力をして、営業や接客の仕事をしてみると、仕事仲間にもお客さんにも仕事に対するひたむきな姿勢を買われて、認めてもらうことができます。

また、人間関係をうまく構築できない人は技術職や事務作業を誰よりも効率的にこなせるようになる努力をしてみる良いです。

そうすることで、誰よりも完成度の高い書類や商品を作り出すことができて、周りの人から必要とされやすくなることでしょう。