どこの職場でも孤立してしまう人は必ずいます。せっかく良い職場に就職できたのに、孤立してしまうと、かなりのピンチですよね。せっかく思い描いていた明るい人生設計が台無しになってしまいます。

できるなら、職場で孤立したくないですよね。じつは、職場で孤立してしまうのはそれなりの原因があるんです。

そこで、今回は職場で孤立する人の原因と特徴と対処法を説明していきたいと思います。

職場で孤立する人の原因と特徴

職場で孤立する人の原因と特徴は以下の通りです。

・空気が読めない
・気が利かない
・人によって態度を変える
・マイペース
・自分の仕事しかしない
・神経質
・ネガティブ
・言い訳や言い逃ればかりする
・偉そう
・人に感謝しない
・自己主張が強すぎる
・感情が抑えられない
・ノリが悪い

職場で孤立する人の原因と特徴:空気が読めない

職場の中で孤立しやすい人は、周りの空気を読めない人が多いです。

なぜならば、空気が読めない人は相手のことを考えずにデリカシーのない発言をしたり、自分勝手な行動をしたりしてしまうからです。

そのため、自分でも気づかないうちに他人のことを傷つけたり嫌な思いをさせたりしていることも少なくありません。

このように、空気が読めない人の相手のことを考えない発言や行動は、周りの人から嫌われてしまいやすく、周囲の人から徐々に距離を置かれるようになり職場で孤立するようになってしまいます。

職場で孤立する人の原因と特徴:気が利かない

職場で孤立しやすい人の特徴の1つに、気が利かない性格が挙げられます。

縦社会の中では上司や目上の人に気を利かせて配慮することを求められますので、気が利かない人は同僚だけでなく上司からも嫌われてしまいやすいです。

また、周りの人に配慮することができない人も自分本位で協調性がないため、組織の中で仕事をすることを求められますと、浮いてしまうことが多いです。

このように、組織の中では自分中心ではなく仕事仲間に配慮して協調しながら仕事をしていくことを求められますので、気を利かせることができない人は職場では孤立してしまい単独行動が多くなってしまいます。

職場で孤立する人の原因と特徴:人によって態度を変える

職場の中で周りの人たちから孤立してしまいやすい人は、相手によって態度を変える傾向があります。

たとえば、同僚に対しては横柄な人なのにもかかわらず上司に対しては非常に下手に出てゴマをすっているような人が、自分の職場にもいるという人も多いのではないでしょうか。

このような人は、上司からは気に入られますが、その二面性を客観的に見ている周囲の同僚たちからは引かれてしまう可能性が高いです。

また、横柄で自分勝手な態度をとられている側から見ますと、相手によって態度を変える行為は不愉快に感じます。

ですので、特定の相手からは好かれたとしても、その人以外のほとんどの人からは敬遠されて、職場の中で孤立した立場になってしまいやすくなります。

職場で孤立する人の原因と特徴:マイペース

職場の中で孤立しやすい人は、周囲のペースに合わせて仕事をすることができないマイペースな人が多いです。

なぜならば、仕事は自分一人でやっているのではなく、みんなで連携しながらやっているものだからです。

そのため、だらしなくて締め切りを守ることができない人が一人でもいますと、みんなに迷惑がかかってしまい、みんなが残業をしなくてはならない状況になってしまうことも考えられます。

このように、マイペースすぎる性格のせいで周りの人の仕事にまで迷惑をかける人は、一緒に仕事をしたくないと思われてしまい孤立してしまいやすくなります。

職場で孤立する人の原因と特徴:自分の仕事しかしない

職場で孤立してしまう原因の1つに、自分の仕事しかしないということが挙げられます。

たとえば、同僚が仕事をたくさん抱えていて残業をしても終わらないような状況だったとしても、自分の仕事が終わったからといって同僚を助けるそぶりもなく定時で帰る人がいましたら、誰でも嫌な気持ちになるでしょう。

また、帰るときに声をかけることもなく、こちらが残業をすることに気付いていながら知らん顔をされますと、より一層、気分は悪くなりますし一緒に仕事をしたくないと思ってしまうでしょう。

このように、自分さえ良ければそれでいいという考え方をしている人は、組織の中で仕事をすることに向いていなくて、職場の中で孤立してしまいやすくなります。

職場で孤立する人の原因と特徴:神経質

職場の中で孤立しやすい人は、真面目すぎる性格をしている可能性があります。

なぜならば、真面目すぎる性格であるがゆえに細かいことが気になってしまい、同僚の小さいミスや間違いを執拗に指摘してしまうからです。

また、このように細かいことが気になる神経質な人は、完璧に仕事をこなさなくては気が済まない完璧主義である傾向があり、『ある程度でいい』という考え方をすることができません。

そのため、仕事の正確性はありますが作業効率が悪くて、周りの人に迷惑をかけてしまうことも少なくありません。

さらに、作業効率が悪いために周りの人に仕事を手伝ってもらっていながら、細かいことにケチをつけるような行為をしてしまいますと、職場の中では孤立してしまいやすくなります。

職場で孤立する人の原因と特徴:ネガティブ

職場で孤立しやすい人の大きな特徴の1つに、文句や愚痴ばかり言う性格が挙げられます。

なぜならば、口を開けば愚痴ばかり言う人と一緒にいますと、ただでさえ辛い仕事がもっと億劫になりますし、やる気もなくなってしまうからです。

また、考え方がネガティブで何を言ってもマイナスな方向に考えてしまう人は、会話をするだけで疲れてしまうでしょう。

このように、常にネガティブでマイナス思考な人や愚痴ばかり言う人と一緒にいても、自分にとっていいことは何もありませんので、周りの人はどんどんと離れていき孤立状態になってしまいます。

職場で孤立する人の原因と特徴:言い訳や言い逃ればかりする

職場で孤立してしまう原因の中には、言い訳や言い逃ればかりすることが挙げられます。

その理由は、仕事をするにあたっては任せられた仕事に対しては、責任感を持って取り組まなくてはならないからです。

反対に、自分で責任を持つこともなく適当に仕事をこなし、ミスをしてしまうとすぐに責任転嫁するような人は、誰からも嫌われてしまうでしょう。

さらに、一緒にいますと責任をなすりつけられてしまう可能性がありますので、仕事仲間もあまり近寄りたがらない場合が多いです。

このように、自分のせいで問題が起こったとしても否を認めることができない人は、上司からも同僚からも敬遠されてしまい、職場では孤立した状態になってしまいます。

職場で孤立する人の原因と特徴:偉そう

職場の中で孤立しやすい人は、いつも相手に対して偉そうな態度をとっている傾向があります。

たとえば、偉そうな態度をとる人は相手に対して仕事をお願いする際にも『これやっておいて』というような上から目線で話すことが多いです。

また、お願いされた仕事をした時には感謝しろと言わんばかりな態度を取ってくることも少なくありません。

このように、相手に対していつも偉そうな態度をとる人は、偉そうな態度をとられた人はもちろん、その光景を見ている周りの人からも嫌われやすくて、職場の中で孤立してしまいやすくなります。

職場で孤立する人の原因と特徴:人に感謝しない

職場の中で孤立しやすい人は、相手に対する思いやりに欠ける傾向が強いです。

そして、何かしてもらった時でも相手に感謝する気持ちがなく、『手伝ってもらって当たり前』というような態度をとることも少なくありません。

なぜならば、相手に対する思いやりがない人は、いつでも自分中心に物事を考えているからです。

そして、手伝ってもらうことを当たり前だと思っていますので、何かしてもらった時でも『ありがとう』という言葉を自然に出すことができません。

そのため、周りの人からは態度が大きくて横柄な性格だと思われてしまうことも多く、周囲の人からは敬遠されてしまいやすくなります。

職場で孤立する人の原因と特徴:自己主張が強すぎる

職場の中で孤立しやすい人は、自己主張が強すぎる傾向があります。

また、相手の意見は基本的に否定しますので、自分の意見が通らなくては気が済まない性格をしています。

そのため、何を言っても頭から否定されてしまう相手からしますと、非常に不愉快ですし話しかけるだけ無駄だと思ってしまうでしょう。

さらに、自己主張が強すぎる人は自分の主張が通らないと、ひどく気分を害して機嫌が悪くなりやすいため、扱いにくい性格だと思われることも少なくありません。

ですので、職場の中では嫌われてしまい孤立しやすくなってしまうのだと考えられます。

職場で孤立する人の原因と特徴:感情が抑えられない

職場の中で孤立しやすい人は、自分の感情を抑えることができない人が多いです。

そのため、感情がそのまま顔に出てしまいやすく、思っていることが周りの人にすぐにバレてしまう傾向があります。

たとえば、嫌な仕事をお願いされた時には嫌だという気持ちを前面に出すような表情をしたり、苦手な人とパートナーを組むことになった時には、一緒に仕事をしたくないという気持ちが態度に出てしまったりします。

また、少しでも気に障ることがあるとすぐに怒り出してしまったり仕事を投げ出してしまったりすることも少なくありません。

ですので、職場の中では非常に扱いづらい人材だと思われてしまうことが多く、感情が表面化するたびに周りから孤立した立場になっていってしまいます。

職場で孤立する人の原因と特徴:ノリが悪い

職場の中で孤立しやすい人の特徴の1つに、ノリが悪くて社交性がない性格が挙げられます。

たとえば、職場での飲み会に誘われてもいつも理由もなく断る人は、ノリが悪くて協調性がないと思われてしまいやすくなります。

また、みんなが参加した飲み会に一人だけ参加していないと、みんなの話の輪に入ることができなくなってしまい、自然と孤立する形になっていってしまいます。

このように、職場の人からの誘いを断ることが多い人は、徐々に仕事仲間から誘われることがなくなってきて、職場の全員が参加をするような飲み会にすら誘われないほど孤立した立場になってしまうことも少なくありません。

職場で孤立する人の対処法・改善法

職場で孤立する人の改善法は以下の通りです。

・笑顔
・挨拶する
・仕事をしっかりやる・仕事をきちんとこなす・ルールを守る
・感謝を伝える・謙虚さを忘れない・褒めることに徹する
・おおらかな気持ちで接する・上から目線でものを言わない・人の悪口は言わない
・聞き上手になる・人の話は真剣に聞く・話は最後まで聞く
・雑談・飲み会やイベントに参加・自分から話しかける
・気にしない
・環境を変える・転職・人間関係をリセットする

職場で孤立する人の対処法・改善法:笑顔

職場で孤立しやすい人は、日頃から相手に対して笑顔で接するように心がけると良いです。

なぜならば、話しかけても無反応だったり無愛想な態度をとったりする人に対しては、誰も近づきたがらないですし一緒にいても楽しくないからです。

また、笑顔がない人は怖いという印象を持たれがちですし、怒っているのではないかと勘違いされてしまうことも少なくありません。

そこで、たとえば職場に着いたら笑顔で挨拶をしたり、同僚から声をかけられた時にも笑顔で対応したりするように心がけてみましょう。

そうしますと、周囲の人からも明るくて話しかけやすい人だと思われることができますので、職場の中でも孤立してしまうことは少なくなるでしょう。

職場で孤立する人の対処法・改善法:挨拶する

職場の中で孤立してしまうことを防ぐためには、自分から進んで挨拶をするように心がけると良いです。

また、その時には明るく大きな声で挨拶をすると良いでしょう。

なぜならば、せっかく挨拶をしても声が小さくては相手に聞こえませんし、ボソボソと言われた挨拶では相手も気分良く挨拶を返すことができないからです。

ですので、慣れるまでは作り笑いでも良いですので、相手の顔を見たらすぐに笑顔を作り『おはよう』とか『お疲れ様』というような挨拶を元気よくするようにしてみましょう。

そうしますと、相手も明るく返事を返してくれますし、数をこなしていくうちに自分自身も、緊張することなく自然な笑顔で挨拶をすることができるようになってきます。

ただし、職場の中には挨拶をすることに対して毛嫌いする人もいますので、職場の雰囲気をみながら、周りが挨拶しているかどうかを見極めると良いでしょう。

特に日勤の人は挨拶をよくしているにもかかわらず、夜勤の人は挨拶をあまりしていないといったケースもありますので、状況をみながら周りの環境に合わせることが大切です。

職場で孤立する人の対処法・改善法:仕事をしっかりやる・仕事をきちんとこなす・ルールを守る

職場の中で孤立することを防ぐためには、職場の中でのルールや決まりごとは、しっかりと守るように心がけることが大切です。

なぜならば、職場の中では全員が決められたルールを守ることで調和を保って、みんなが仕事がしやすい環境作りをしているからです。

そのため、みんなが守っているルールを守りながら、やるべき仕事はしっかりと自分の手でこなすことは、みんなと仕事をする中では必要最低限しなくてはならないことです。

このように、きちんとルールを守りながら自分の仕事は自分でするようにしますと、仕事を認めてくれる人や協力しながら仕事をこなしてくれる仲間を作ることができるようになります。

職場で孤立する人の対処法・改善法:感謝を伝える・謙虚さを忘れない・褒めることに徹する

職場の中で孤立してしまうことを防ぐためには、相手に何かしてもらったときには、どんなに些細なことであってもしっかりと感謝の気持ちを伝えることが大切です。

そして、決して偉ぶることなく謙虚な気持ちを忘れないで仕事に励むことで、周りの人からも信頼されやすくなるでしょう。

また、すでに職場の中で孤立してしまっている人は、相手を褒めることに徹してみると良いです。

このようにして、時には相手の機嫌を取ることで、相手は気を良くして話しかけてくれるようになったり仕事を手伝ってくれたりするようになってくる可能性があります。

職場で孤立する人の対処法・改善法:おおらかな気持ちで接する・上から目線でものを言わない・人の悪口は言わない

職場の中で孤立しないためには、人の悪口は言わないようにすることが大切です。

なぜならば、他人の悪口を言うような人と接していると、周りの人は自分まで悪口を言いふらされてしまうのではないかと思ってしまい、敬遠されてしまうからです。

また、部下や後輩のような目下の人に対しても上から目線で偉ぶった言い方をすることをやめて、誰にでも平等に丁寧に接するように心がけてみましょう。

このように、他人のことを見下したり貶したりすることなく、おおらかな気持ちで相手に接することができますと、周りの人も同じように優しく接してくれるようになります。

職場で孤立する人の対処法・改善法:聞き上手になる・人の話は真剣に聞く・話は最後まで聞く

職場の中で孤立してしまうことを防ぐためには、相手の話は最後まで真剣に聞くように心がけましょう。

その理由は、人の話を最後まで聞くことは社会人としての常識ですし、せっかく自分のために話をしてくれているにもかかわらず、適当に聞くのは失礼にあたるからです。

そのため、このような常識のない人の周りからはどんどん人が離れていってしまうでしょう。

また、話を最後まで聞かない人は仕事でもミスや間違いを犯してしまいやすい傾向がありますので、仕事をしっかりとこなすためにも話し手の言っていることをしっかりと聞くことができる聞き上手な人になることは非常に大切です。

職場で孤立する人の対処法・改善法:雑談・飲み会やイベントに参加・自分から話しかける

職場の中で孤立してしまうことを防ぐためには、時には仕事とは関係のない同僚の雑談にも付き合うことも必要です。

また、職場の飲み会やイベントにも積極的に参加することで、仕事仲間との交流の場を増やすこともできますし、同僚たちの仕事以外の一面を見る機会を作ることもできます。

そうしますと、自然と職場仲間との会話も増やすことができて、自分から話しかけるきっかけを作ることもできるようになります。

このように、今までは飲み会やイベントに参加していなかった人や必要以上の会話をしていなかった人は、職場仲間との交流を増やすことで職場内での孤立を防ぐことができます。

職場で孤立する人の対処法・改善法:気にしない

職場の中で孤立してしまっている原因の中には、自分が悪くないような場合もあります。

たとえば、仕事の業績が良いことを妬まれて周りの人から仲間外れにされているような場合、気にしてしまうと自分の業績が下がってしまう可能性があります。

ですので、このような理不尽な理由で職場の中で孤立してしまっている場合は、『そのような同僚なら仲良くしなくていい』と割り切って気にしないようにすることも1つの手段です。

そうすることで、こちらのストレスも軽減されますし、自分に対しての評価は目上の人はしっかりと見ていますので心配することはないでしょう。

職場で孤立する人の対処法・改善法:環境を変える・転職・人間関係をリセットする

職場の中で孤立してしまっている場合、人間関係をリセットするために転職したり転属を申し出たりすることも1つの手段です。

なぜならば、1日の半分近くの時間を過ごす職場の中で孤立をしているということは、精神衛生的にも良くないですし仕事に集中することもできなくなる可能性が高いからです。

そのため、自分の態度を改めたり考え方を変えたりしても職場の中で孤立した状態が続くようでしたら、周りの環境を変えることを考える必要が出てきます。

ただし、転職や転属を考える場合には、孤立してしまった原因をしっかりと考えて、自分で改善できるところは改善しなくては、同じことを繰り返してしまうだけですので、注意が必要です。