人付き合いが上手くいかない人はまず、気立てが良い人になるのが一番です。

もちろん、人柄が良すぎてもかえって疲れてしまったりして良くないですが、人柄が悪い人はそもそも非常識な人しか寄ってこないので、そのような人は、悪い方向へ流されてしまい、いい人生は送れません。

そこで今回は、気立てが良い人の特徴と気立てが良い人になる方法をご紹介していきたいと思います。

気立てが良いの意味とは

気立てが良いとは、性格が良い様子を表現する言葉です。

たとえば、誰に対しても優しくて思いやりがある人や、いつでも用意周到で気が利く人のことを気立てが良いということが多いです。

また、人のことを悪く言うこともなく人の立場に立って物事を考えて、時には自己犠牲を払うことも厭わない器が大きいことも、気立ての良い人の特徴と言えます。

このように、気立ての良い人とはおおらかで優しい気持ちのほかに強くて正義感のある信念を持っている人のことを指します。

気立ての良い人の特徴

気立ての良い人の特徴は以下の通りです。

・優しい
・心がおおらか
・気配りができる
・悪口を言わない
・自己犠牲的・人に尽くす
・相手の立場に立って考えられる
・人を立てることができる
・協調性がある
・明るい
・接しやすい
・安心感がある
・家庭的
・恨まない
・妬まない
・嘘をつかない
・自己保身に走らない
・また会いたいと思わせる
・サバサバしている・男勝り
・モラルがある

気立ての良い人の特徴:優しい

気立ての良い人の性格は、非常に優しくて思いやりがある傾向が強いです。

なぜならば、気立ての良い人は相手のことを第一に考えて人と接しているからです。

そのため、自分のことよりも他人のことを優先することも多く、このような親切で優しい行為をいやらしさがなく自然にすることができます。

たとえば、気立ての良い人は自分が脚を怪我した状態でバスの座席に座っている時に老人が乗車してきたとしても、ためらうことなく自分の席を譲ろうとします。

また、その時もワザとらしい印象がなく、極めて自然な流れで席を譲ることができるため、相手に気を遣わせることもほとんどありません。

このように、気立ての良い人は自分の身の回りの人はもちろん、知らない人に対しても非常に優しく思いやりがある行動を自然にとることができます。

さらに、気立ての良い人は自分の行為に対して感謝を求めたり見返りを求めたりすることもなく、純粋な親切の気持ちで相手に対して接しています。

気立ての良い人の特徴:心がおおらか

気立ての良い人は、心がおおらかでおっとりとしている印象が強いです。

なぜならば、気立ての良い人は周りに気配りをするために、いつでも冷静に周りのことを見ているからです。

そのため、よほどのことでもない限りは感情的になって怒ったりイライラしたりすることはなく、基本的におおらかな性格をしています。

また、もしも相手に対して注意しなくてはならない場面になった場合でも、気立ての良い人は自分の感情に任せて怒ることはなく、相手の気持ちも踏まえた上でわかりやすく説明しながら注意喚起をします。

ですので、周りの人からの信頼も厚く、相談事や悩み事を持ちかけられることも非常に多いです。

気立ての良い人の特徴:気配りができる

気立ての良い人は、どのような場面でも相手が誰であっても、しっかりとした気配りをすることができます。

その理由は、気立ての良い人はいざという時のために、いつでも周りの状況や環境を観察して把握するように心がけているからです。

たとえば、職場の飲み会でみんなが酔っ払ってしまっている場面でも、気立てが良い人は『具合が悪い人はいないか』とか『みんなの輪に入れていない人はいないか』ということをしっかりと観察しています。

そして、困っている人がいましたらすぐに声をかけて対応する準備を整えていますので、誰に対してもすぐに相手の要望に応えることができます。

このように、気立てが良い人はどんな場面でも周りのことをしっかりと把握するための、観察力や洞察力を兼ね備えています。

気立ての良い人の特徴:悪口を言わない

気立ての良い人は、他人の悪口や陰口は絶対に言いません。

なぜならば、本人の耳に届かないような悪口や陰口は、相手のためにもならないし、なんの得にもならないと考えているからです。

そのため、もしも相手に対して言いたいことがあったなら、陰で悪口をいうのではなく本人に直接、話をしようとします。

このように、気立ての良い人は相手に嫌な思いをさせる上に相手のためにもならない悪口や陰口は嫌う性格をしています。

そして、言いたいことは本人に直接、自分で話をするハッキリとした一面も持っています。

気立ての良い人の特徴:自己犠牲的・人に尽くす

気立ての良い人は、自分のことよりも他人のことを優先させる傾向があります。

そのため、相手に尽くしすぎるあまり自己犠牲を払うことも多く、他人のために我慢したり辛い思いをしたりすることも少なくありません。

しかし、気立ての良い人は自分が良い思いをする事で他人が犠牲になることの方が辛いと感じるため、自己犠牲を払うことに対して後悔することはほとんどありません。

このように、気立ての良い人は時と場合によっては自分のことよりも他人のことを優先することもよくあり、自分のそのような行為に対して満足感を感じていると考えられます。

気立ての良い人の特徴:相手の立場に立って考えられる

気立ての良い人は、基本的に相手の立場に立って物事を考えることができる人が多いです。

そして、自分が相手の立場に立った時に嫌だと感じることや、してほしくないと思ったことは絶対に相手にはしないように心がけています。

このように、気立ての良い人は相手の立場に立って物事を考えることができますので、相手の気持ちを汲んで行動することも得意な傾向があります。

そのため、相手の立場に立って物事を考えることが出来る人は、周りの人から好かれることや頼られることが多く、重要な仕事を任せられたり相談事を持ちかけられたりすることも非常に多いです。

気立ての良い人の特徴:人を立てることができる

気立ての良い人は、人のことを立てることができます。

その理由は、気立ての良い人は相手のことを尊敬していて、相手の良いところをたくさん知っているからです。

そのため、相手のことを立てる時にも相手のことをアピールしたり褒めたりすることが非常に上手で、ワザとらしい印象が全くありません。

このように、人のことを立てることができる人は上司や先輩のように目上の人はもちろんのこと、部下の良いところもしっかりと見ているため、しっかりと相手のことを立てることができます。

ですので、取引先や家族にも紹介したい仕事仲間だと思われることも少なくないでしょう。

気立ての良い人の特徴:協調性がある

気立ての良い人は、周りの人との協調性もしっかりと持っています。

なぜかというと、気立ての良い人は自分のことばかりをアピールしようとしたり自分勝手な行動をしたりしようとすることがないからです。

たとえば、人を立てたり相手の立場に立って物事を考えたりすることができる特徴は、周りの人との関係性を良好に保つためには重要なことです。

このような特徴をしっかりと押さえている気立ての良い人は、周りの人との関係性も良好で何があってもみんなと協調しながら物事に取り組んでいくことができます。

さらに、気立ての良い人は明るくてポジティブな性格をしていますので、集団をまとめて周りの協調性を育てることも非常に得意です。

気立ての良い人の特徴:明るい

気立ての良い人は、とにかく明るくて元気な性格をしています。

ですので、一緒にいる人は気立ての良い人から元気をもらえると感じることも多く、気立ての良い人と一緒にいることで明るい気分になれることも少なくありません。

また、気立ての良い人は滅多なことがない限りマイナス思考になってネガティブな発言をすることもありません。

そのため、周りの雰囲気を盛り上げることが多い気立ての良い人は、グループの中にいますと明るく楽しいムードメーカーになることも多いでしょう。

気立ての良い人の特徴:接しやすい

気立ての良い人は、周りの人から接しやすいと思われることが多いです。

なぜならば、気立ての良い人は誰に対しても明るくて優しい態度で接することができるからです。

また、相手の立場に立って物事を考えることができますので、『相手が何を言いたいのか』とか『何を求められているのか』ということを察することが非常に上手です。

そのため、気立ての良い人に対しては初対面でも話しかけやすくて会話も続きやすい傾向があります。

このように、気立ての良い人の性格や雰囲気の全てが、周りの人からは接しやすい人だという印象を持たれる要因になるのだと考えられます。

気立ての良い人の特徴:安心感がある

気立ての良い人は、一緒にいる人に対して安心感を与えることもあります。

その理由は、気立ての良い人は相手のことを悪く言うことはほとんどなく、誰に対しても尊敬や感謝の気持ちを忘れることがないからです。

そして、周りの人に対しての配慮をすることも忘れませんので、相手からしますと『自分の気持ちを汲んで話をしてくれる人だ』という印象を持つことでしょう。

このように、一方的ではなく相手の気持ちを考えながら話をすることができる人と一緒にいますと、誰にも知られたくない話や秘密の話も、気立ての良い人には打ち明けても大丈夫そうだという安心感を感じることも少なくないでしょう。

気立ての良い人の特徴:家庭的

気立ての良い人は、家庭的な一面を持っていることが多いです。

なぜならば、パートナーと時には自分な意見に妥協しながら協調していくことができる面は、円満な家庭を築くためには非常に大切なことだからです。

また、気配り上手で細かいことに気づくことができる性格は、家事や育児をする際に必要とされることが多い性格だと言えるでしょう。

そのため、たとえば気立ての良い人は育児で子どもの気持ちに配慮しながら叱ったり、家族の健康を気遣いながら食事を作ったりすることができます。

このように、気立ての良い人の性格は非常に家庭的で、実際に家庭を持った時には周りが羨む家庭を作ることができるでしょう。

ただし、気立ての良い人は自己犠牲を払うことを厭わないあまり、家庭の中でパートナーや子どもの気持ちに配慮しすぎて自分がストレスを抱えてしまうことも少なくないので、その点ではストレスを溜めすぎないように注意することが必要でしょう。

気立ての良い人の特徴:恨まない

気立ての良い人は、相手のことを恨むことはありません。

なぜならば、気立ての良い人は相手の立場に立って物事を考えることができますので、相手にも何か事情があったのだと考えてあげることができるからです。

そのため、理由や確証がなく相手のことを恨むことはありませんし、もしも確証があったとしても恨む前に本人に直接、話をして謝る機会や弁解する機会を与えてあげます。

たとえば、同僚のせいで自分が怒られたとしても、気立ての良い人は確証がないまま同僚に責任転嫁されたのだと思い込むことはありません。

そして、同僚に直接話をして責任転嫁をしたことが事実でしたら、相手から謝罪を受けることで恨むこともなく許してあげることができる心の広さを持っています。

気立ての良い人の特徴:妬まない

気立ての良い人は、相手のことを妬むこともありません。

たとえば、付き合っていた恋人にフラれて落ち込んでいるところに、相手はすぐに他の女性と付き合ったという話を耳にしましたら、誰でもムカつきますし妬みたくなる気持ちにもなるでしょう。

しかし、気立ての良い人は『相手に良い人ができてよかった』というように、相手のことを思いやる気持ちを持つことができます。

そのため、元恋人を妬むことはもちろん、相手の女性のことを妬むこともなく、自分も前向きに進んでいこうというプラス思考に変えることができます。

気立ての良い人の特徴:嘘をつかない

気立ての良い人は、誰に対しても嘘をつくことはありません。

たとえば、仕事で大きなミスをしてしまい取り返しがつかないような事態になったとしても、気立ての良い人は嘘をついたり言い訳したりすることなく、しっかりと自分のミスを認めて謝罪することができます。

そして、誠心誠意対応にあたって問題を最小限に食い止めようとする努力をします。

このように、気立ての良い人は嘘をつくことなく自分のミスはしっかりと認めた上で謝罪して、その後の対応をきちんとすることができます。

ですので、失敗はしてしまったとしても周りの人からは『素直で一生懸命な人』という印象を持たれることが多く、仕事の面で信頼されやすい傾向があります。

気立ての良い人の特徴:自己保身に走らない

気立ての良い人は、自己保身に走ることはほとんどありません。

なぜならば、気立ての良い人はどちらかといえば自己犠牲的な考え方が強くて、人のためなら自分が犠牲になることも厭わないからです。

そのため、自己保身に走って嘘をついたり責任転嫁したりすることは絶対になく、もしも自分自身がミスをしてしまったとしたら素直に認めて謝罪することができます。

このように、気立ての良い人が自己保身に走らないのは、自分に素直に生きたいという気持ちの表れだと考えられます。

気立ての良い人の特徴:また会いたいと思わせる

気立ての良い人は、相手に『また会いたい』と思わせる魅力を持っています。

たとえば、気立ての良い人の気配り上手なところや人の立場に立って物事を考えることができるところは、一緒にいても安心することができますし、ぜひ参考にしたいと思う長所だと言えるでしょう。

そのため、気立ての良い人は、また会って話をしたいとか一緒にいることで勉強したいと思われることが多いです。

さらに、相手から持ちかけられた相談事や悩み事に対しても真摯に対応しますので、困ったことがあるたびに気立ての良い人に頼る人も多く、いつも気立ての良い人の周りには人が集まっています。

気立ての良い人の特徴:サバサバしている・男勝り

気立ての良い人は、サバサバした性格をしていて、男勝りな一面があります。

なぜならば、気立ての良い人は『良いことは良い、悪いことは悪い』と考えているからです。

そのため、自分が考える常識や正義としてするべきことはしっかりとしますし、ダメだと思うことをしている人がいましたら、はっきりと相手に対して注意をする正義感の強さもあります。

また、気立ての良い人は物事を円滑に進めるために何事に対しても白黒はっきりさせたいと考える傾向があります。

このように、おっとりとした優しい性格の中に強い正義感を持っている気立ての良い人は、良いことと悪いことをしっかりと区別するサバサバした性格をしています。

気立ての良い人の特徴:モラルがある

気立ての良い人は、社会人としてもモラルをしっかりと持っています。

そして、そのモラルを自分自身が守ることはもちろんのこと、守っていない人に対しては自分の口で指摘する正義感が強い一面もあります。

そのため、たとえばゴミの分別は決められた通りにしっかりとしますし、タバコをポイ捨てするような人がいましたら、相手に対して注意をしたりタバコを自分が拾って吸い殻入れに捨てたりすることができます。

このように、気立ての良い人は社会人としてのモラルがしっかりとしていますので、気配りができて常識的な特徴があるところが、上司から取引先との接待に連れて行きたい後輩だと思われるきっかけとなることが多いでしょう。

気立ての良い人になる方法

気立ての良い人になるためには、まずは自分のことばかりを考えるのではなく、相手の気持ちに配慮することができるようになる必要があります。

また、気立ての良い人になるためには明るくポジティブに周りの人に接することができる性格であることが求められます。

そのため、まずは職場の人や知り合いなどに会った際には自分から明るく挨拶をしたり気さくに声をかけたりするように心がけてみましょう。

そして、相手と交わした会話や情報は忘れることがないように覚えておいたり何かにメモして置いたりする事で、次にあった時により一層、話を盛り上げることができるようになります。

このように、気立ての良い人になるためには相手のことを知ることから始まりますので、人との交流の機会を増やした上で相手の情報を得て相手が望むことや期待することを把握できるようになりますと、気配り上手で周りの人から好かれやすい性格になることができます。