今すぐお金を借りたい!そんなときって結構ありますよね。最近では生活費や学費などでお金を借りる方も結構多くなったといわれています。給食費などを支払いたいときにもお金を借りて支払うという方も結構いるそうです。じつは私も必要なときにはちょくちょくお金を借りています。急にお金が必要になったときに借りられるのは精神的に安心ですよね。

ですが、お金を借りる方法は消費者金融のキャッシングやカードローンさらに銀行のカードローンなど意外とたくさんありますので迷いますよね。初めての方だったら特に迷ってしまうのではないでしょうか。

闇金に手を出してはNG!真っ当な会社に見えて実は闇金かも・・・注意が必要です。

ですが、間違っても闇金とか違法性のあるものに手を出してはだめですよ。如何にも真っ当な会社っぽく見せかけておいて実はヤ〇ザが運営したりとかありますから。あとで取り立てが来たりとか取り返しのつかないことになってしまうことだけは避けた方が無難です。

銀行のカードローンが借りられなくなる時代の到来!?

あと、銀行のカードローンから借りることはだんだん難しくなってきています。というよりも、現在は審査が厳しくなっている可能性が高そうです。その理由は銀行から必要以上にお金を借りる人が増えてしまい結果的に返せなくなった人が増加したため、国会でも取り上げられることになり、結果として銀行のカードローンによる融資のやり方について金融庁から厳しいチェックが入ることになったからです。

詳しい内容はもう銀行でお金を借りるのは難しい!?消費者金融でお金を借りた方が良い理由とは?で取り挙げていますので、お時間があるときにでもどうぞ。

銀行のカードローンよりもメリットが大きい消費者金融のキャッシング・カードローンとは!?

では、いったいどこから借りるのが良いのでしょうか。それはずばり消費者金融のキャッシングやカードローンです。銀行のカードローンよりも消費者金融のキャッシングやカードローンのほうがメリットが盛りだくさん。

消費者金融のキャッシングやカードローンのメリットその1:30日間無利息サービスを行うところが多い。

消費者金融のサービスによっては30日間金利ゼロ円といったサービスがありますので、有効活用することでとても利息がお得になります。

銀行のカードローンの場合は数パーセント利息が安いのは確かですが、30日間金利ゼロ円といったサービスは行っていないので銀行のカードローンよりも消費者金融のほうがトータルの利息で安いといったケースもでてきます。

消費者金融のキャッシングやカードローンのメリットその2:在籍確認で融通が利くことが多い。

会社へお勤めの方は在籍確認が気になる方もいらっしゃると思いますが、銀行のカードローンは必ず在籍確認が行われるのに対して消費者金融の場合は事前に相談することで対応してもらうことが可能だったりします。

消費者金融のキャッシングやカードローンのメリットその3:審査や融資のスピードが速い。

消費者金融は時間帯やケースにもよりますが、即日審査や即日融資もできる事が多いです。銀行のカードローンでもすでに口座をすでにお持ちの場合は即日融資してもらえるケースがありますが、銀行のカードローンの審査はほとんど委託した特定の消費者金融を中心とした保証会社に任せているので手続きに時間が長引くことが多いです。

そういったことを考えると、やはり消費者金融のキャッシングやカードローンのほうが、全体的に見れば審査や融資のスピードは速いことになります。

当記事では、一番安全で安心できる消費者金融を中心としたカードローン会社を徹底比較してランキング形式でご紹介していきます。それぞれの消費者金融の特徴がありますので、あなたにあった消費者金融を見つけていただければ幸いです。

今すぐお金を借りるなら!初めての方でも安心な消費者金融カードローンを徹底比較!

SMBCコンシューマーファイナンス プロミス(自宅への郵送を徹底的に防ぐことができますので親や夫、妻など家族にバレません。即日融資も可能。WEB完結も可能。)

プロミス自動契約機の営業時間:平日・土日祝日午前9時から午後10時まで(※一部のみ午後9時まで)
プロミス店舗の営業時間:平日・土日祝日午前10時から午後6時まで(※店舗により異なります。)
プロミスATMの営業時間:午前7時から午前0時まで(※ATMにより営業時間と休日が異なります。)

お申込みできる方:20歳~69歳までの月収が安定している方(パートやバイトもOK。)
※学生や主婦でも月収があれば問題はありませんが、無職や専業主婦など収入が無い方は総量規制(年収の3分の1までしか借りられない法律)により借りることができません。また年金受給者の場合は、年金のみでの生活をされている方は借りることができません。年金以外の収入がある方は年齢制限さえ満たしていれば借りられます。

借りられる金額:総量規制により年収の3分の1まで最高で借りられる金額は500万円まで。
50万円以下を借りる場合なら収入証明書、保証人、印鑑、担保は不要!
そして以下の本人確認書類のどれか一点あれば申込が可能です。

・健康保険証+住民票のセット
・運転免許証
・パスポート

50万円を越える金額をかりる場合または他社を含めて借入総額が100万円を越える場合には上記の本人確認書類のうちどれか1点と以下の収入証明書類のうちどれか1点を用意することで申込が可能です。

・給与明細書(直近2カ月)※ボーナスをもらっている場合には1年分の賞与証明書も追加

・源泉徴収書(最新)
・確定申告書(最新)

実質年率:4.5~17.8%

特徴:メールアドレスの登録とWEB明細の登録をすることで30日間無利息で借りることができます。なのでお金を借りてから30日以内に返せば利息が全くかかりません!

ネットなら24時間365日いつでも申込可能。
最短30分で借りることができるかどうかの審査結果がわかります。
最短1時間で融資してもらうことも可能です。つまり即日融資も可能になります。

今すぐお金を借りる場合⇒自動契約機(ATM)または店頭窓口にて可。

即日振込を希望する場合⇒瞬フリサービスを利用することで即日振込も可能です。(※平日午後2時までに契約完了が前提です。)

ただし、三井住友銀行。ジャパンネット銀行の口座を登録する場合には24時間最短10秒で振り込みが可能です。すでに三井住友銀行。ジャパンネット銀行の口座をお持ちの方も対象です。

在籍確認⇒基本的に在籍確認あり(事前相談で対応可)

※在籍確認は職場に対して電話で非通知設定でかかってきます。そして消費者金融ということを隠したうえで個人名を名乗りますのでプロミスということを名乗りませんが、同僚とかには在籍確認かな?と勘付くかたもいるかもしれません。ですので、もし、電話の用件を聞かれたときには消費者金融とは伝えずにクレジットカードを申し込んだといえば問題ありません。

在籍確認を嫌な方は、申込完了後にすぐにプロミスに電話相談してください。

親や夫、妻など家族にバレたくない場合⇒以下の方法で対応可。

以下の選択をすることで親や夫、妻など家族にバレないでお金を借りることができます。

1.借入明細を郵送なしにする。
(※書面の受け取り方法のページの項目でWEB明細を選択することで郵送なしにできます。)

2(1).口座振替で返済することを選択してキャッシングカードを作らない(カードレス取引もok)。家族にバレたくないけどキャッシングカードが必要な場合は2(2)を参照。

キャッシングカードが要らない方は口座振替での返済を希望するとカードを作る必要がないので、自宅に郵送でキャッシングカードと契約書類が届く心配がありません。
口座振替の場合は銀行に現金を振り込んでもらうことで借りることができます。

注意点:返済を滞った場合は、自宅に督促状を郵送してくることがありますので、予定どおりに返済ができないときには事前に事情を説明して電話連絡して遅れる理由を伝えることで自宅への郵送をストップすることができます。

2(2).キャッシングカードが必要な場合は無人の自動契約機(ATM)、SNBCローン契約機でキャッシングカードと契約書を受け取ることも可能です。

基本的に来店不要なので店員に顔見せる必要がありません。

もちろん、お客様サービスプラザ(店頭窓口)、電話、郵送などでもキャッシングカードを受け取る契約をすることも可能ですのであなたにあった方法を選択することができます。

アイフル(即日融資もケースによっては可能。WEB完結も可能。)

アイフル無人契約電話ボックス「てまいらず」の営業時間:平日・土日祝日午前8時から午後10時まで年末年始は休業日(※一部を除く)

アイフル店舗の営業時間:平日午前10時から午後6時まで土日祝日は休業日(※店舗により異なります。)
アイフルATMの営業時間:午前7時から午後11時まで年末年始は休業日(※ATMにより営業時間と休日が異なります。)
提携コンビニATMは24時間365日利用可能です。

お申込みできる方:20歳~69歳までの月収が安定している方(パートやバイトもOK。)

※原則アイフルでは20歳未満は借りることができません。20歳以上なら学生や主婦でも月収があれば問題ないのですが、無職や専業主婦など収入が無い方は総量規制(年収の3分の1までしか借りられない法律)により借りることができません。

また年金受給者の場合は、年金のみでの生活をされている方は借りることができません。年金以外の収入がある方は年齢制限さえ満たしていれば借りられます。

借りられる金額:総量規制により年収の3分の1までで最高で借りられる金額は500万円まで。

50万円以下を借りる場合なら収入証明書、保証人、印鑑、担保は不要!
そして以下の本人確認書類のどれか一点あれば申込が可能です。

・運転免許証(運転経歴証明書)

運転免許証をお持ちでない場合には顔写真ありで氏名や住所、生年月日が記載されている公的証明書類のうち一点の提出が必要です。

顔写真ありの公的証明書類一覧

・パスポート
・個人番号カード(マイナンバーカード)
・在留カード
・特別永住者証明書

※もし上記の本人確認書類に記載されている住所や引っ越しなどにより現住所と違っている場合には別途、お客様氏名と現住所が記載されている以下の原本書類のうちどれか一点をを追加提出する必要があります。

・住民票の写し
・印鑑証明書
・公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NTT・NHK)

50万円を越える金額をかりる場合または他社を含めて借入総額が100万円を越える場合には貸金業法により上記の本人確認書類だけでなく以下の収入証明書類のうちどれかコピーを一部も用意することで申込が可能です。(※アイフルが審査のうえで必要と判断したときにも提出を求められる場合があります。)

・住民税決定通知書(最新)
・源泉徴収書(最新)
・確定申告書(最新)
・所得証明書(最新)
・給与明細書(直近2カ月)※住民税の記載がある場合は直近1か月でもOKがもらえるケースもあります。発行年月や氏名、勤務先の名前、総支給額が記載されていなかったり、手書きのときには勤務先の社印が必要になります。

実質年率:4.5~18.0%(遅延損害金年率20.0%)

特徴:はじめてアイフルを利用する方で無担保キャッシングローンでの借り入れの方は契約日の翌日(※借りた日からではないので注意が必要です。)から30日間無利息で借りることができます。なのでお金を借りてから30日以内に返せば30日分の利息がかかりません!

ネットなら24時間365日いつでも申込可能ですが、午後9時以降の申し込みの場合には審査結果は原則翌日になります。
最短30分で借りることができるかどうかの審査結果がわかります。
最短1時間で融資してもらうことも可能です。つまり即日融資も可能になります。

今すぐお金を借りる場合⇒無人契約電話ボックス「てまいらず」または店頭窓口にて可ですが、審査を急いでいるときにはお急ぎ審査が可能です。

お急ぎ審査の方法・・・webで申込⇒アイフルからカード申込・受付完了メールを受信したらフリーダイヤル0120-337-337(受付時間:午前9時から午後9時まで)で電話をします。⇒電話またはメールで審査結果の通知がきます。⇒審査が通過した場合には以下の2パターンの方法で融資が可能です。

1.銀行振り込みによる融資

ネットまたは電話により銀行振り込みの予約ができます。最短で即日融資も可能です。時間帯によっては翌営業日になることもあります。

2.カードによる融資

無人契約ボックスの「てまいらず」でカードを発行したあと、アイフルまたは提携先のATMから借りることができます。なおアイフルATMは手数料が発生しませんが、提携先のATMでは取引ごとに手数料が発生します。
※無人契約ボックスの「てまいらず」とは・・・申込書類・ペン・電話・カード発券機・スキャナー・椅子などが置いてあるボックス式の建物のことです。アコムやプロミス、レイク無人契約機のようにモニターでボタン操作するような契約機は設置してないので、主に電話でやり取りしながら契約書に記載して最終的にカード発券をすることになります。

提携先・・・セブン銀行・イオン銀行・ローソンatm・三菱東京ufj銀行・イーネットatmと呼ばれるコンビニのatm(ファミリーマート・サークルkサンクス・デイリーヤマザキ・ミニストップ・スリーエフ・ポプラなど)

即日振込を希望する場合⇒※平日午後2時までに契約完了しておくことで即日振込が可能です。混雑しているときには処理が遅れることで即日振込ができなく恐れがありますので、なるべく余裕をもって契約を完了するようにしてください。

在籍確認⇒基本的に在籍確認あり(事前相談することも可)

※アイフルの在籍確認は事前に本人確認による電話を申込者にかけてきます。そして申込者本人の了承を得たうえで職場に対して電話で個人名でかけるようになってます。アイフルは申込者のプライバシーに十分配慮する姿勢を取られているのでアイフルということも消費者金融であることも名乗りませんが、在籍確認を嫌な方は、アイフルに電話相談してください。書面での在籍確認ができるケースもありますので、申込後すぐに電話をかけるかまたは本人確認の電話がかかってきたときに書面での在籍確認ができるかどうか相談してみましょう。

親や夫、妻など家族にバレたくない場合⇒アイフルは原則的にプライバシー保護を守っていますので万が一郵送でも封筒やハガキには差出人がアイフルであることが書かれていませんので、パッと見ではアイフルとは気づかれないところが安心です。

しかし、親や夫、妻によっては勝手に郵送物の中身を調べられる危険性もあります。その場合は以下の選択をすることで親や夫、妻など家族にバレないでお金を借りることができます。念には念をいれて親や夫、妻など家族にバレないように対策しておきましょう。

1.借入明細を郵送なしにする。

アイフルのスタッフから本人確認など連絡があったときに自宅や職場へ明細を郵送をしてもいいかどうかを聞かれますので、しないように伝えることで郵送を防ぐことができます。もし郵送の件について連絡がないときには0570-000-417まで連絡するようにしましょう。※銀行振り込みによる融資は明細の郵送が必須となっていますので、郵送を拒否される場合には銀行振り込みによる融資は利用しないように気を付けてください。また、振り込みで返済したときにはご利用明細書の送付はしてきませんが、郵送で返済してしまうと領収書を郵送してきますので、郵送での返済はしないように注意しましょう。

注意点:返済を滞った場合は、自宅に督促状を郵送してきたり電話してくることがありますので、予定どおりに返済ができないときには事前に事情を説明して電話連絡して遅れる理由を伝えることで自宅への郵送をストップすることができます。

2.キャッシングカードを発行してカード取引で明細をすぐに受け取る。

原則ATMでのキャッシングカード取引を使用することになりますので、その場合は取引後すぐに利用明細を受け取れますのでバレることはありません。

キャッシングカードの発行も無人契約電話ボックスで発行可能です。

さらにキャッシングカードの郵送を希望される場合には、「配達時間えらべーる」という時間指定サービスを利用することでご希望の時間帯にカードを送付してもらえますので家族がいない時間帯に送付してもらうことでバレないようにすることができます。

もちろん、店頭窓口、電話、郵送などでもキャッシングカードを受け取る契約をすることも可能ですのであなたにあった方法を選択することができます。

もう銀行でお金を借りるのは難しい!?消費者金融でお金を借りた方が良い理由とは?

消費者金融でお金を借りた方が良い理由は以下の3つのとおりです。

1.銀行の貸し出し状況を金融庁が抜き打ち検査をするようになったから。
2.大手銀行が事業縮小に動き出しリストラを始めたから。地方銀行に波及する恐れもあるから。
3.銀行がつぶれても債権回収業者(プロの取り立て業者)にお金を返さないといけないから。

消費者金融は銀行と違って、すでに総量規制など対策されているので、特に問題はありません。即日審査や即日融資もしてもらえる場合があります。

しかし、一方で銀行カードローンはとても金融庁のチェックが厳しくなり、とてもお金を借りられる状況ではありません。

いまでは銀行カードローンを返せない個人が増えてしまったことがたびたび国会で取り上げられ、2017年9月1日に本格的にメガバンクや地方銀行などに金融庁が立ち入り検査をするということが麻生大臣の記者会見で明らかになりました。

そして、これにより、銀行も消費者金融と同じように年収の3分の1以上を借りられない制度である総量規制の対象となるようになると言われています。その動きが反映されているのか大手銀行は事業縮小のため、店舗縮小や大幅リストラを行うようになりました。

さらに地方銀行も倒産をささやかれるところもでてきているので、今後は銀行カードローンでも審査が厳しくなりお金を借りることが一層難しくなってくるでしょう。

そもそもなぜ銀行カードローンを返せない個人が増えてしまったのでしょうか?

日銀のマイナス金利導入の影響からメガバンクは以前にも増して個人にお金を貸し出すようになっていました。

マイナス金利とは銀行が日銀にお金を預けたときに金利を支払う仕組みのことです。個人が銀行にお金を預けることで利息をもらっているように、銀行も日銀にお金を預けることで利息をもらっていたんです。

つまりマイナス金利導入されるまでメガバンクと呼ばれる大手銀行や地方銀行は日銀にお金を預けることで利息を得ることで収益をあげていました。これによりメガバンクも地方銀行も日銀のおかげで安定収入を得ていたんです。

しかしマイナス金利導入後は日銀にお金を預けると金利を負担しなければいけなくなったので安定的な収益を上げる方法がなくなってしまった銀行は銀行カードローンという方法で個人にお金を多く貸し出すようになりました。銀行の金利はどんどん上がり、消費者金融と変わらない金利になってしまいました。

つまり、銀行が消費者金融化してしまったんです。

こういった消費者金融と変わらない金利であっても、銀行は消費者金融のように総量規制の対象ではないので、生活に困窮している個人に対しても年収の3分の1をはるかに越えるお金を貸していたこともあり、自己破産を申請する人が増え続けることになってしまいました。

銀行としてはお金を多く貸しだせば多く貸しだすほど利益がでるので、自己破産する人が増えても全体としては大幅な利益がでるので、個人の中には300万円~800万円借りて返せないという人もでてきたことがメディアに取り挙げられ話題になりました。

このように過剰に貸し付けを行っている現状が銀行のカードローンを返せない人が増えてしまった原因です。

生活費のためにお金を借りるということは私もよくやっていました。一時的にお金を借りることは精神的に安定しますので、決して悪いことではありません。ただしお金を返せなくなるほど借りてしまうのは自己破産のきっかけになりかねないので、計画的に借りるようにしたいところです。

ついに金融庁が銀行の貸し出し状況の実態を本格調査。なんと酷い場合には罰則も・・・銀行の経営はどうなる?

金融庁の監査が厳しくなったことで、以前のように銀行は個人にお金を貸すことができなくなりました。そうなると、銀行は唯一の収入先が絶たれることになります。銀行の経営はますます厳しくなり、つぶれるところもでてくるリスクが増えてしまいました。

銀行がつぶれた場合でも債権回収業者にお金を返さなくてはならないので、返済を急かされるリスクも増えます。

なので、銀行からお金を借りるのはやめて消費者金融からお金を借りた方がよいです。